MENU CLOSE

ネットの話題

219789

「ぽたぽた焼」おばあちゃん引退説、その真相「ご心配おかけして…」

亀田製菓の代表的なせんべい「ぽたぽた焼」。パッケージに登場しているおばあちゃんの現役引退説や死亡説が流れています。

左が初代パッケージのおばあちゃん、右が現在。火鉢が消えている
左が初代パッケージのおばあちゃん、右が現在。火鉢が消えている 出典: 亀田製菓提供

目次


 亀田製菓の代表的なせんべい「おばあちゃんのぽたぽた焼」。ネット上ではパッケージに登場しているおばあちゃんの現役引退説が流れています。火鉢でせんべいを焼いていた画像がなくなり、既製品を食べているものに変わったというのが主な根拠です。また、個包装の裏面にある「おばあちゃんのちえ袋」が「みんなのちえ袋」に変わったことから「亡くなった説」まで流れています。本当のところはどうなのか? 亀田製菓に聞きました。

パッケージから火鉢が消えた

左が初代パッケージ、右が現行品
左が初代パッケージ、右が現行品 出典: 亀田製菓提供


 ぽたぽた焼の発売は1986年。砂糖じょうゆの甘みとサクサクとした軽い食感がウリで、30年近く売れ続けているロングセラーです。発売当初からパッケージに登場しているおばあちゃんは、孫のために火鉢で砂糖じょうゆをポタポタとせんべいにたらしながら、ゆっくり焼いている姿をイメージしているそうで、発売以来の人気キャラクターです。

 そんなおばあちゃんに降ってわいた現役引退説。たしかに昔のおばあちゃんは火鉢でせんべいを焼いていまいたが、現在店頭に並んでいる商品を調べてみると、個包装されたせんべいをほおばっているものはあっても、焼いているものはありません。このことについて触れたツイートはすでに1万リツイートを超えています。





時代に合わせて変更


 本当におばあちゃんは引退したのでしょうか? 亀田製菓の広報担当に聞きました。

 ――引退は本当ですか?

 「パッケージがリニューアルしていることは事実ですが、引退だなんてとんでもございません。ぽたぽた焼おばあちゃんのことでご心配をおかけして申し訳ありません」

 ――いつから変わったのですか?

 「いろりでおせんべいを焼いていたおばあちゃんから、おせんべいを食べているおばあちゃんに変わったのは、2011年のリニューアルの時です」

 ――ネット上では「高齢だし火鉢は危ないからと家族から止められた」といった説もあります。変わった理由を教えてください。

 「今と昔では生活シーンが変わっており、火鉢というのがみなさんにとって身近でなくなってしまったからなんです。ぽたぽた焼のおばあちゃんは身近なおばあちゃんをイメージしているため、おせんべいを食べていたり、お茶を飲んでいるおばあちゃんをパッケージにデザインしています」

 ――やっぱり引退ということですか?

 「2012年10月に期間限定で販売した『はちみつしょうが味』では、おばあちゃんが台所ではちみつを用意し、しょうがをすりおろしています。さらに、2013年9月に期間限定で販売した『メープル味』では、ハケでおせんべいにメープルシロップをぬっています。おばあちゃんは今でも元気にお料理しているんですよ」

左がはちみつしょうが味、右がメープル味に登場するおばあちゃん。料理の腕は健在らしい
左がはちみつしょうが味、右がメープル味に登場するおばあちゃん。料理の腕は健在らしい 出典: 亀田製菓提供


 ――「ちえ袋」から「おばあちゃんの」という文言が消えたことで、亡くなったのではないかという説が流れていますが

 「『おばあちゃんのちえ袋』が『みんなのちえ袋』に変わったのはご指摘の通りです。2011年10月に発売25周年を記念して、『みんなのちえ袋大募集!キャンペーン』を行いました。スペシャルサイトから応募していただき、優秀作品を掲載するというもので、4,239件の応募をいただきました。その時にご応募いただいたものが現在掲載されています。さきほどもお話しましたが、おばあちゃんは元気です。亡くなってなんかいませんよ」

左が「おばあちゃんのちえ袋」、右が「みんなのちえ袋」
左が「おばあちゃんのちえ袋」、右が「みんなのちえ袋」 出典: 亀田製菓提供


 火鉢が消えたのは時代に合わせた変更とのこと。定番商品といえども、そのときどきの時代背景を反映しているんですね。ちなみに、現在販売されているパッケージのおばあちゃんは4種類あって、ストーリー仕立てになっているそうです。

①おせんべいを袋から出しているおばちゃん
②おせんべいを食べているおばあちゃん
③(おせんべいを食べ終わって)口をハンカチでふいているおばあちゃん
④お茶を飲もうとしているおばあちゃん

現行品のおばあちゃんは全部で4種類
現行品のおばあちゃんは全部で4種類 出典: 亀田製菓提供

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます