close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年04月23日

大阪の「しょんぼりネコ」ふーちゃん、フォロワー7万 写真集も


  • 184254

アイドル並みの人気、ふーちゃん。ソファの角がいつもの定位置

アイドル並みの人気、ふーちゃん。ソファの角がいつもの定位置

最新ニュースを受け取る

 ブサかわの次はしょんぼり? 常に不機嫌な顔をしている猫の「ふーちゃん」が人気です。ツイッターのフォロワーは7万。ロシアや韓国にもファンがいます。この春には写真集にもなりました。

捨て猫だったふーちゃん

 「ふーちゃん」は、ウェブデザイナーの牧野直樹さん(34)と妻の飼い猫です。元々は捨て猫で、2013年7月、大阪市東成区の路上をさまよっているところを牧野さんに保護されました。警察にも届けましたが、元の飼い主が見つからなかったので牧野さんが引き取ることに。写真をツイッターにアップしたところ、「可愛すぎる!」と1週間でフォロワーが1万人を突破しました。


ブサかわ「わさお」は映画にも

 ユニークな表情のペットで有名なのは、ブサかわの「わさお」です。青森県鰺ケ沢(あじがさわ)町のイカ焼き店の飼い犬で、ライオンを思わせる容姿が人気となり、映画にもなりました。今も、地元紙「東奥日報」のサイトで「わさお日記(http://www.toonippo.co.jp/blog/wasao/)」が掲載されています。

ブサかわ犬「わさお」=2009年2月

ブサかわ犬「わさお」=2009年2月


訴えかけるまなざし

 つぶらな瞳の「わさお」に対して、「ふーちゃん」には常に何かを訴えかけるようなまなざしがあります。ふーちゃんについて、飼い主の牧野さんは、次のように解説します。

 「まぶたの毛の生え方で常に目尻が下がってる。最初はみょーな顔した猫だなと思ったんですが、こんなに反響があるとは。ふーちゃんは、動きも鈍くさくてドタドタしてる。そんなところにも癒やされるのかもしれません」


平均500リツイート、写真集も

 今では、1回のつぶやきに平均500を超えるリツイートがつくという、アイドル並みの人気です。この春には写真集「しょんぼり顔のモフモフ猫 ふーちゃんやけども。」(左右社)も出版されました。

 担当編集者の細口瀬音(せおと)さんは、「ロシアの2ちゃんねるのようなサイトでも話題になっていました。美形ではないけど、ちょっと不機嫌そうな表情が国を問わず、人間の『保護欲』をそそるんじゃないでしょうか」と人気の理由を分析します。

 海外でも「Japanese grumpy cat(日本の不機嫌な猫)」の愛称で親しまれています。すでに韓国や中国の出版社からも問い合わせが来ているそうです。




コメント

あわせて読みたい

「それでもいいから会いましょう」場面緘黙...
「それでもいいから会いましょう」場面緘黙...
韓国若手トップ女優シム・ウンギョンの挑戦 映画:新聞記者
韓国若手トップ女優シム・ウンギョンの挑戦 映画:新聞記者
PR
ジャンプビクトリーカーニバル2019開催決定!!
ジャンプビクトリーカーニバル2019開催決定!!
PR
おばあちゃんのレシートから伝わった愛 毎週金曜に羊羹を買った理由
おばあちゃんのレシートから伝わった愛 毎週金曜に羊羹を買った理由
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
ツバメの格安物件? 「家賃0円、築年数は…」不動産屋の案内が話題
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題
傘を後ろに振る、主語がデカい… 「絶滅してほしい生物図鑑」が話題
「緑色ノートを取り扱って」 視覚過敏の高3が投稿、みんなが動いた
「緑色ノートを取り扱って」 視覚過敏の高3が投稿、みんなが動いた
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
まだ公衆電話が主流だった頃 修学旅行先で助けてくれた「おじさん」
小2がビニール傘をアートに 油性ペンでスプラトゥーンの武器を意識
小2がビニール傘をアートに 油性ペンでスプラトゥーンの武器を意識
カモシカ=牛の仲間だったんだ… 「誰が鹿や...
カモシカ=牛の仲間だったんだ… 「誰が鹿や...
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
ぎざぎざ10円玉懐かしいですね。昔の50円玉はどうなったのでしょう?大きかったと記憶。
Q&A
「カリオストロの城」のミートボールスパ! 先生偲んだ奇跡の食事会
「カリオストロの城」のミートボールスパ! 先生偲んだ奇跡の食事会

人気

もっと見る