閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年04月14日

羽生結弦さんへの取材はスリル 松岡修造さんが語るフィギュア愛

  • 21203

フィギュアスケートへの愛を熱く語る松岡修造さん

フィギュアスケートへの愛を熱く語る松岡修造さん

出典: 朝日新聞


 フィギュアスケートの世界国別対抗戦が16日、東京・代々木競技場で開幕します。テレビ朝日系でメインキャスターを務める元プロテニス選手の松岡修造さんが、大会やフィギュアスケートへの熱い思いを語ってくれました。


他のスポーツではガッツポーズするけれど……

他のスポーツではガッツポーズするけれど……

出典: 朝日新聞

フィギュアは「できたら見たくない…」というくらいの緊張感

フィギュアは「できたら見たくない…」というくらいの緊張感

出典: 朝日新聞

見てると思わず「ううーっ」って心配になる

見てると思わず「ううーっ」って心配になる

出典: 朝日新聞

テニスにはない「勝負だけど演じる要素」

 フィギュアスケート(のキャスター)って、僕に本当に向いている職業だと思っています。米国にいた時に、見ていて好きだったのがフィギュアでした。当時は米国がすごく強い時期。非常にエンターテインメント的で、選手の思いが表現できて、銀盤をたった1人で滑るスポーツ。僕の好きなミュージカル的な要素もある。勝負だけど演じる要素が入るから、テニスにはない面があってより好きになりました。

 五輪ともなると、フィギュアはすべてがメンタルと言っていいくらい、緊張するスポーツじゃないかなと思っています。伊藤みどりさんは1992年アルベールビル五輪の時、オリジナルプログラムで失敗して「すいません」とコメントした。僕は米国にいて我慢できずに、すぐに手紙を書いた。「謝ることは絶対おかしい」って。僕の中ではそれくらい応援したくなるスポーツでした。

アルベールビル冬季五輪大会のフィギュア女子シングルのオリジナルプログラムで、懸命の演技をする伊藤みどり選手=1992年2月19日

アルベールビル冬季五輪大会のフィギュア女子シングルのオリジナルプログラムで、懸命の演技をする伊藤みどり選手=1992年2月19日

出典: 朝日新聞

自分が感じる面白さを伝える喜び

 フィギュア取材は2002年ソルトレーク五輪でも担当しましたし、フィギュア選手との対談本も出させてもらって、もっと好きになりました。僕が感じている面白さをテレビを通じて伝える役割を担う。こんな最高なことないなと。フィギュア選手の緊張感と、演じるというスポーツにはない要素をどうやったら伝えられるのか、ということを十数年間やってきました。

 特に注目しているのはアイスダンスのスケーティングです。スケーティングの良さがわかってくると、ジャンプとジャンプの合間が楽しくなる。しぐさひとつでも表現していたり、手をパッと振っていたりする瞬間に、僕はものすごく引きつけられる。

感覚に訴えるスポーツ

 これは好き好きですが、一番分かりやすいのは、ぐーっと長くいくステップ。あそこは誰が見ても、曲の中で一番盛り上がるところだと思う。選手が言うには一番きついけど、一番思いを伝えられるところ。そのステップがすごい細かいんですよ。ぎゅーっと止まって、クルクルクルと回る。僕が同じステップをしたら100回は転ぶでしょう。

 ジャンプも一つの魅力。できるかできないかという勝負感があります。一方、ステップは感じようとすることができる。感じるって、スポーツでは難しいんですよ。勝負だから。テニスの場合は、点が入ったとか入らないとか、こっちに打った打たないとか。その意味でフィギュアは最も感覚に訴えやすいスポーツだと思います。

目を見張る向上心と進化

 技と技のつなぎの部分にも注目しています。特に荒川静香さんのイナバウアーは、直接の点数にはならないと言われましたが、今は主流になってきた。審判が決めるものですから、印象や芸術要素も含めて最終的に加算されていく。テニスもそうですが、スポーツ自体が本当に進化している。フィギュアは練習量も多くなり、メンタルトレーナーもついてきた。ジャンプなら男子は4回転、女子はトリプルアクセル(3回転半)。昔では考えられなかったことが、今では常識になっている。選手の向上心と、観客がもっとこういう演技を見たいという期待度が、新しい技を作ったのではないかと思います。

フィギュア女子自由でイナバウアーを決める荒川静香選手=2006年2月23日

フィギュア女子自由でイナバウアーを決める荒川静香選手=2006年2月23日

出典: 朝日新聞

言葉が飛び抜けてる羽生さん

 今はほとんどの選手が音楽の世界を表現している。羽生結弦さんが演じる「オペラ座の怪人」は、もう完全にミュージカルを見ているようです。彼の一つ一つのそぶりが、怪人のとらえ方になっているし、(怪人の)苦しみも含めて跳んだりはねたりする表現力がある。

 特に羽生さんはジャンプも本当にチャレンジしている。できるジャンプだけにしても勝てるわけですよ。でも「それが申し訳ない」っていう言い方を僕にした。今は羽生さんにインタビューするのは、僕にとっては一番スリルがある。この人は何を話してくるんだろうっていうくらい言葉の内容が飛び抜けている。

全日本選手権・男子SPで演技する羽生結弦選手=2014年12月26日

全日本選手権・男子SPで演技する羽生結弦選手=2014年12月26日

出典: 朝日新聞

「ぐわーっ」じゃなくて「ううーっ」

 アルベールビル五輪の伊藤みどりさんの時はテレビの前で完全に正座でした。今は放送席で見ていますが、五輪になると、ガッツポーズをするよりも「ううーっ」って心配になるわけですよ。できたら見たくないというくらいの緊張感が来ますね。これが他のスポーツではないフィギュアの良さです。「ぐわーっ」という叫ぶ感じではないんですよ。


あわせて読みたい

「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
「ひとりぼっちでもいい」 蛭子さんが語る真の友達とは
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
海外にはどんなこどもの遊びがあるのですか?
Q&A
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「すがれるものなかった」学生時代を救った「爆音」と妄想イベント
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
「ばい菌」と呼ばれ…サヘル・ローズさん「心の傷」との向き合い方 
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
COACH…じゃなくて「高知の財布」注文殺到 不登校の才能開花
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
子どもが心を閉ざす「言葉」とは? 「6割が...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
元号が発表されずヤケクソに? カレンダー...
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
まんまる毛玉、水で洗うとぬいぐるみに! 「私が助けた」で湧く愛着
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
夏休み明け、命絶つ子ども 「学校絶対主義...
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
10年間カレー食べ続けた夫婦、最後は… ギャグ&ホラーな漫画が話題
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
鈴鹿サーキットの泡パをヨッピーが見に行ったら、レースがすごかった
PR
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ
【特派員イチオシ旅】巨大な岩塩「お代はいらない」パキスタンの幸せ

人気

もっと見る