MENU CLOSE

ネットの話題

7498

「自殺したい…」ツイートしたら、心配メッセージ 公式サービス?

自殺をほのめかすツイートをしたら、ツイッターから心配のメッセージが届いた。そんな報告がネットで話題になっています。これって公式のサービス?

ツイッターで自殺をほのめかすと、自殺防止のメッセージが届くと話題に
ツイッターで自殺をほのめかすと、自殺防止のメッセージが届くと話題に

目次

 自殺をほのめかすツイートをしたら、ツイッターから心配のメッセージが届いた。そんな報告がネットで話題になっています。これって公式のサービス? ツイッター社に聞いてみました。

「助けを必要とされているツイート」に連絡

 ツイッター社では、以前から自殺など「助けを必要とされているツイート」をしたユーザーに対して、相談窓口の案内を連絡しているそうです。つまり、ネットで話題になっているようなメッセージは、ツイッター社の公式サービスになります。


ツイッターから報告できる新機能

 今年2月27日には、スパムや迷惑ツイートを含む、何らかの対応が必要なツイートを、電子メールなどを使わず、直接、ツイッター上から報告できる機能が追加されました。報告するツイートの対象には、なりすましや自殺など自傷行為も入っています。

 報告の仕方は簡単です。ツイートの右上にある「歯車」の設定ボタンをクリックし、その中にある「報告」のメニューを選ぶだけです。ツイートが、どの項目に当てはまるかチェックを入れて「報告」ボタンをクリックします。

ツイッター社への報告は、ツイート右上の設定メニューから実行できる
ツイッター社への報告は、ツイート右上の設定メニューから実行できる

「あなたは独りではない」

 何らかの対応が必要だと判断された場合、投稿したユーザーにツイッター社からメッセージが届きます。これまでに、「あなたを気にかけている人がいる」「あなたは独りではありません」などの文章が実際に送られ話題になっています。

ツイッターの「報告」画面。「自傷行為または自殺」の項目がある
ツイッターの「報告」画面。「自傷行為または自殺」の項目がある

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます