MENU CLOSE

話題

9940

女子プロの魅力って一体?リングに立ったら「スイッチ入った」

女子プロレスの魅力とは何か?それを探るため体験入門を決意。結果、わかったこととは…「もうひとりの私になるスイッチ」でした。

マットに沈んだ相手選手をフォール。女子プロの魅力って一体?
マットに沈んだ相手選手をフォール。女子プロの魅力って一体?
出典: 朝日新聞

 女子プロレスの魅力とは何か?それを探るため体験入門を決意。結果、わかったこととは…「もうひとりの私になるスイッチ」でした。

【関連リンク】長野)記者が女子プロデビュー 信州プロレス奮戦記

 新人女子レスラー「あさひ ののちゃん」がこの冬、長野市を拠点にする信州プロレスでデビューしました。
 ののちゃん選手に扮するのは、朝日新聞長野総局の横川結香記者。
 リングネームは、朝日新聞の4コマ漫画から拝借しました。作者のいしいひさいちさんのお墨付きです。


【動画】「あさひ ののちゃん」のリングネームでプロレスデビュー

 私物のランドセルを背負った小学生ルックで入場すると、まばゆい照明と観客席からの「ののちゃん」コール。
 REINA女子プロレス所属の真琴選手とタッグを組み、リングアナのコールに新聞をかざすパフォーマンスで応えます。

トレードマーク?のランドセルで反撃するののちゃん選手
トレードマーク?のランドセルで反撃するののちゃん選手

 試合では、ジャイアントスイングでぶん回されたり、エビ固めを食らったり…と、徹底的に痛めつけられます。
 一方、コーナーポストに相手を押し込み、ランドセルでたたき付ける凶器攻撃や、頭部をマットに打ち付けるスイングDDTなど、見事な技を披露。
 最後は自らフォールで3カウントを奪い、デビュー戦を勝利で飾りました。

ジャイアントスイングでぶん回される、ののちゃん選手
ジャイアントスイングでぶん回される、ののちゃん選手

 試合後は観客から「よかったよ!」と声を掛けられた、ののちゃん選手。リングで味わったのは、日常から離れ、普段の自分から変幻する快感でした。
 女子プロレスの魅力を、文字どおり体を張って取材した成果は?
 「もうひとりの私になるスイッチが、女子プロレスにはあるんだ」


関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます