close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年11月20日

ボージョレ、過去10年間の評判を分析 激賞された伝説の年は…


  • 3367

2005年の「ボージョレ・ヌーボー」で満たした風呂を楽しむ観光客ら。実はこの年の前評判が過去10年で1番高かった・・・=2005年11月17日

2005年の「ボージョレ・ヌーボー」で満たした風呂を楽しむ観光客ら。実はこの年の前評判が過去10年で1番高かった・・・=2005年11月17日

出典: 朝日新聞

最新ニュースを受け取る

 フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の販売が20日午前0時に始まりました。毎年、注目を集めるこのボトル。過去10年の解禁前の前評判を調べてみると、各年の特徴が見えてきました。気になる最高評価は・・・


 過去10年の前評判を比べると、「香り」「果実味」など「ボージョレ・ヌーボー」ならではの評価が目立ちます。もっとも評価の高い表現を与えられていたのは「ザ・ヌーボーとでも表現すべき出来」と激賞された2005年でした。

2014年「華やかな香りと果実味豊かな味わい」
2013年「豊かな香りの成熟度の高いフルーティーな味わい」
2012年「糖度と酸度のバランスがよい、軽やかな味」
2011年「エレガントな香りと、なめらかな口当たり」
2010年「味わいも糖度と酸味のバランスがとれている」
2009年「香り、味わいともに素晴らしい出来」
2008年「果実味と酸味のバランスがとれている」
2007年「香り豊かな例年以上の出来」
2006年「まろやかで、今も語り継がれる1976年や2005年に近い出来」
2005年「本来の軽さを備えたザ・ヌーボーとでも表現すべき出来」

2014年「華やかな香りと果実味豊かな味わい」

2014年のボージョレ・ヌーボー

2014年のボージョレ・ヌーボー

午前6時半、約1万本、16トンのボージョレを乗せた飛行機が着陸。税関職員が箱から瓶を取り出して通関手続きをした。輸入元の一つのサントリーによると「今年はここ数年と比べて好天に恵まれ、ブドウの育ちがよかった。華やかな香りと果実味豊かな味わいが楽しめる」という。

出典: 2014年11月4日:ボージョレ・ヌーボー到着 羽田空港

2013年「豊かな香りの成熟度の高いフルーティーな味わい」  

2013年のボージョレ・ヌーボー

2013年のボージョレ・ヌーボー

サントリーワインインターナショナルが輸入した約4トン(約3千本)が最初に運び出され、税関職員による検査を受けた。同社によると、今年は春の低温などの影響で、収穫開始が昨年より2週間遅れたが、8、9月の好天で、豊かな香りの成熟度の高いフルーティーな味わいに仕上がったという。

出典: 2013年11月5日:ボージョレ初荷が羽田空港に到着

2012年「糖度と酸度のバランスがよい、軽やかな味」  

2012年のボージョレ・ヌーボー

2012年のボージョレ・ヌーボー

輸入したサントリーによると、今年はひょうなどの異常気象や冷夏に見舞われたが、8月後半以降は持ち直し、糖度と酸度のバランスがよい、軽やかな味に仕上がったという。収穫量は例年の半分程度だったが、日本には昨年比1割減の約60万ケースが輸入される見通しという。

出典: 2012年10月27日:軽やかな味わい、ボージョレ到着 来月15日解禁

2011年「エレガントな香りと、なめらかな口当たり」

2011年のボージョレ・ヌーボー

2011年のボージョレ・ヌーボー

中部空港税関支署によると、今年はチャーター便の数が昨年の1便から4便に増えた。定期便による輸入分を加えると、中部空港での輸入総数は昨年の37万本を上回る見込みだという。輸入業者は、現地では理想的な天候が続き、果皮と果汁のバランスが良い小粒のブドウがとれたので「エレガントな香りと、なめらかな口当たりとなった」と話している。

出典: 2011年11月8日:できたて、ブルゴーニュの赤 ボージョレ・ヌーボーの輸入ピーク

2010年「味わいも糖度と酸味のバランスがとれている」

2010年のボージョレ・ヌーボー

2010年のボージョレ・ヌーボー

中部空港税関支署によると、11月18日午前0時の販売解禁までに、同空港に昨年並みの三十数万本分が輸入される見込みという。輸入業者によると、今年は9月に恵みの雨が降り、フレッシュで果皮の厚いブドウが収穫できた。「香りは完熟したベリー系の果実を思わせ、味わいも糖度と酸味のバランスがとれている」という。

出典: 2010年10月31日:ボージョレの初荷到着、解禁待ち遠しい 中部空港

2009年「香り、味わいともに素晴らしい出来」

2009年のボージョレ・ヌーボー

2009年のボージョレ・ヌーボー

フランス産赤ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の初荷が3日、フィンランド経由で中部空港に到着した。第1便で届いたのは750ミリリットル瓶約1600本。税関職員が、数量確認などの通関手続きをした。19日午前0時に販売が解禁される。輸入業者によると、今年は凝縮された味のブドウが収穫でき、香り、味わいともに素晴らしい出来という。

出典: 2009年11月4日:香り・味わい、上出来 ボージョレ・ヌーボー、中部空港に到着

2008年「果実味と酸味のバランスがとれている」

2008年のボージョレ・ヌーボー

2008年のボージョレ・ヌーボー

フランス産赤ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の初荷が7日、成田空港に到着した=写真。750ミリリットル瓶で計約6万5千本(5400ケース)が、日本航空の臨時貨物便から運び出されると、税関職員はラベルチェックなど通関手続きに追われた。解禁日は20日。輸入業者によると、今年は収穫が約2週間遅れたが、果実味と酸味のバランスがとれているという。

出典: 2008年11月8日:「ボージョレ・ヌーボー」、成田に到着

2007年「香り豊かな例年以上の出来」

2007年のボージョレ・ヌーボー

2007年のボージョレ・ヌーボー

輸入業者などによると、この日届いたのは計6千ケースの計8万2千本。今年はブドウの全体的な収穫量は減ったが、絞り込まれたことで香り豊かな例年以上の出来という。ワインは、今年の解禁日の15日に向け、九州全域と中国地方の一部に運ばれる予定。

出典: 2007年11月9日:豊かな香り、15日に解禁 ボージョレ・ヌーボー、北九州空港に到着

2006年「まろやかで、今も語り継がれる1976年や2005年に近い出来」

2006年のボージョレ・ヌーボー

2006年のボージョレ・ヌーボー

業者団体によると、7月の猛暑から8月の冷夏へと激しく変化した今年の新酒は「まろやかで、今も語り継がれる76年や05年に近い出来」。輸出全体の47%(05年)を占める日本市場については「この水準から大きな伸びは期待しにくいので、ヌーボー以外のワインを知ってもらうのが課題」という。

出典: 2006年11月9日:お待たせ、ヌーボー ワイン、仏から世界各地へ

2005年「ザ・ヌーボーとでも表現すべき出来」

2005年のボージョレ・ヌーボー

2005年のボージョレ・ヌーボー

最大の輸入元、サントリーの田中俊幸ワイン事業部企画部長は「今年は少雨だが猛暑ではなく、収穫前に恵みの雨が降る理想の展開。タフな03年産とはまた違い、本来の軽さを備えたザ・ヌーボーとでも表現すべき出来だ」と自信を見せる。

出典: 2005年11月16日:(世界経済リポート)ボージョレ・ヌーボー、日本ごくり あす0時解禁



コメント

あわせて読みたい

ブラッシングしたいのに…自意識高めな猫との生活、愛らしい絵日記に
ブラッシングしたいのに…自意識高めな猫との生活、愛らしい絵日記に
障害がある人のきょうだいも、ケアが必要では?
障害がある人のきょうだいも、ケアが必要では?
Q&A
もはや顔ハメじゃない! 小田急百貨店「令...
もはや顔ハメじゃない! 小田急百貨店「令...
ホロコーストの時代、なぜインスタ?すでに1億回再生、仕掛け人に聞く
ホロコーストの時代、なぜインスタ?すでに1億回再生、仕掛け人に聞く
「母に好きな人が出来た」 1500円の靴下を買った相手は…理由に涙が
「母に好きな人が出来た」 1500円の靴下を買った相手は…理由に涙が
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
「あなたを犠牲にしないで…」 交換ノートめぐる漫画の作者に聞いた
アザラシになりきった犬! 一瞬で変身するペキニーズ、飼い主に聞く
アザラシになりきった犬! 一瞬で変身するペキニーズ、飼い主に聞く
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
一人ひとりが「自分」でいられる神秘の島 隠岐に生きる
PR
セメダインの防水スプレー? 大雨便乗ツイートが話題、担当者に聞く
セメダインの防水スプレー? 大雨便乗ツイートが話題、担当者に聞く
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
朝日新聞指定席 『恋のヴェネチア狂騒曲』 ムロツヨシ
PR
「筋肉体操」あの先生が明かした後悔、「重さ自慢」筋トレの結果……
「筋肉体操」あの先生が明かした後悔、「重さ自慢」筋トレの結果……
たった4日でお年寄りに… 梅の実で作った「子ども梅」の姿が衝撃的
たった4日でお年寄りに… 梅の実で作った「子ども梅」の姿が衝撃的

人気

もっと見る