MENU CLOSE

グルメ

9347

ヨーガン・レールさん死去 タニタより早く社食本 ブームの先駆けに

「ヨーガンレール」のデザイナー、ヨーガン・レールさんが亡くなりました。「ヨーガンレール」は社員食堂でも知られた存在でした。「タニタ」で注目される前に、「ヨーガンレール」の社員食堂で出された料理の本が出版され、その後の社食ブームの下地を作っていたのです。

本社の外壁を覆うツタ。「グレーのペンキが気に入らなかったんだよ」とヨーガン・レールさん=2006年8月31日、江東区清澄3丁目で
本社の外壁を覆うツタ。「グレーのペンキが気に入らなかったんだよ」とヨーガン・レールさん=2006年8月31日、江東区清澄3丁目で 出典: 朝日新聞

目次

天然素材を使った服や雑貨のブランド「ヨーガンレール」のデザイナー、ヨーガン・レールさんが亡くなりました。「ヨーガンレール」は社員食堂でも知られた存在でした。「タニタ」で注目される前に、「ヨーガンレール」の社員食堂で出された料理の本が出版され、その後の社食ブームの下地を作っていたのです。


【関連記事】ヨーガン・レールさん死去 天然素材の服飾デザイナー



会社全体がデザイナーの世界を体現

「ヨーガンレール」の本社は東京都内でも緑が比較的多い清澄白河にあります。社員食堂の食材は厳選されていて、沖縄から届く野菜や米が調理されています。

ヨーガン・レールさん=2005年11月8日
ヨーガン・レールさん=2005年11月8日
社内のカフェのような食堂では毎日、沖縄にあるレールさんの別荘の畑で採れた野菜や米が調理され、社員の胃袋に入る。テーブルもいすもレールさんのデザインだ。つまり、会社全体が、レールさんの世界を体現している。

タニタよりも前に、社員食堂本

2007年10月には、社員食堂のメニューをまとめた「ヨーガンレールの社員食堂」が出版されています。同じく社員食堂で有名なタニタがレシピ本を出したのが2010年9月のこと。タニタよりも前に「社食本」を出していたのです。「ヨーガンレールの社員食堂」は、ブランドのファンだけでなく料理好きの人からも支持され、静かな人気を呼びました。後にタニタによって巻き起こる社員食堂ブームの下地を作っていたのです。

静かなブームを巻き起こした「ヨーガンレールの社員食堂」
静かなブームを巻き起こした「ヨーガンレールの社員食堂」 出典:Amazon.co.jp: ヨーガンレールの社員食堂: 高橋 みどり: 本
12年前、沖縄にも住まいを持った。地元の人たちに野菜や米を育ててもらう。収穫物の一部は東京の本社の食堂へ。社員の胃袋を喜ばせる。そのベジタリアンメニューをまとめた本「ヨーガンレールの社員食堂」が静かな人気だ。
2010年7月10日:(テーブルトーク)ヨーガン・レールさん 地球を壊さない手仕事の技 [朝日新聞紙面から]
今年の1月に食堂のレシピをまとめた「体脂肪計タニタの社員食堂」を出版したところ、多くの方に手に取っていただき、累計92万部のベストセラーになりました。
2010年9月18日:(耕論)ニッポンの「3食」 幕内秀夫さん、荻野菜々子さん、辰巳芳子さん [朝日新聞紙面から]

「食堂ないと本社に行かない」

食堂を作ってほしいと訴えたのは、ヨーガン・レールさん自身でした。本社を移転する時、オーガニック食堂を作るよう、強く要望したそうです。「誰がどうやって作ったかわからないものは食べたくない」。こだわりの社員食堂は、ブランドの製品でも天然素材にこだわるヨーガン・レールさんならではの願いだったのです。

アジアの手仕事や農業について語るヨーガン・レールさん=2009年9月11日、江東区清澄3丁目
アジアの手仕事や農業について語るヨーガン・レールさん=2009年9月11日、江東区清澄3丁目
本業の洋服でも化学的なものは一切使わないレールさんにとって、食堂は社員へのメッセージでもある。
2002年6月20日:子どもに安全を 広がる地場産給食の取り組み [アエラから]

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます