MENU CLOSE

エンタメ

5499

ジャンプが電子版を開始! 「夢を実現してくれた」「単品だと高い」

あの「ジャンプ」がスマホで読めるようになりました。果たしてちゃんと読めるのでしょうか? ユーザーの反応をまとめました。

ジャンプがスマホで読める!
ジャンプがスマホで読める! 出典: 「少年ジャンプ+」のアプリ画面(iTunes版)から

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)が22日、スマホで読める電子版の配信サービスを始めました。その名も「少年ジャンプ+」。人気漫画のスピンオフ連載が読めたり、「ドラゴンボール」などの歴代ヒット作の復刻連載も無料で読めるそう。

 価格は単体で300円、月額なら900円。従来の「紙」のほうは1冊250円ほどなので、単体だと電子版のほうが高い価格設定。一方、月ごとなら電子版のほうが安くなります。



 少年漫画雑誌界の大御所、ジャンプ。その満を持しての参入ですが、ツイッターの反応を集めてみました。


「集英社は夢を実現してくれた」




 かさばる冊子を捨てにいく手間が省ける、という意見が多いようです。
 また、ジャンプという日本を代表する漫画雑誌の電子版の成否は、日本の電子書籍界全体の浮沈に関わる、というシビアな見方も。


「電子データが紙より高い・・・」




 やはり1冊ごとの購入だと、紙より割高になる点に批判が多いようです。一方、作家先生の「欄外のコメント」が見つからない、との声も出ています。


 さて、編集部でもアプリ(iTunes版)をダウンロードしてみましたが、操作性は快適でした。
 使い込んでみないと分からない部分はありそうですが、通勤電車に乗ってスマホでジャンプを読む大人は増えそうです。

 無料でも試せるので、「久しぶりに読んでみようかなあ」という方はぜひ!

スマホ版「ドラゴンボール」のスクリーンショット。コマ割にも不自然さはない。ちょっと字が小さいと感じる人もいそうだが、ピンチイン&アウトで拡大縮小も自在にできる
スマホ版「ドラゴンボール」のスクリーンショット。コマ割にも不自然さはない。ちょっと字が小さいと感じる人もいそうだが、ピンチイン&アウトで拡大縮小も自在にできる 出典: 「少年ジャンプ+」(iTunes版)から

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます