MENU CLOSE

話題

23754

錦織圭の96年前に4強 熊谷一弥もすごかった 軟式出身、初メダル

全米オープンで快進撃中の錦織圭選手が、戦後の4大大会で日本男子初の4強入りを決めました。では戦前に4強入りした人はどんな人だったのか。彼の名は熊谷一弥。軟式テニス出身ながら、硬式テニスに転向しオリンピックで初のメダルを獲得したすごい人でした。

熊谷一弥さん=1950年1月1日
熊谷一弥さん=1950年1月1日 出典: 朝日新聞

全米オープンで快進撃中の錦織圭選手が、戦後の4大大会で日本男子初の4強入りを決めました。では戦前に4強入りした人はどんな人だったのか。彼の名は熊谷一弥。軟式テニス出身ながら、硬式テニスに転向しオリンピックで初のメダルを獲得したすごい人でした。

4大大会での日本勢の活躍
4大大会での日本勢の活躍 出典:錦織、解き放たれた 心も体も充電、災い転じて理想形 テニス・全米オープン 3日:朝日新聞デジタル

実はソフトテニス出身

熊谷さんは、軟式(ソフトテニス)からの転向組でした。硬式テニスに移ってからも、ラケットの握り方は軟式のままを貫きました。それによって独特のドライブがかかり、海外の強豪を悩ませたそうです。

テニスの対米戦を前にした熊谷一弥さん(右)=1921年、米国
テニスの対米戦を前にした熊谷一弥さん(右)=1921年、米国 出典: 朝日新聞
熊谷は軟式(ソフトテニス)からの転向組だったが、「ラケットの握りはずっと軟式のまま。そのスタイルがいいと信じていたんでしょう」。独特のフォームから繰り出されるドライブのかかった球は、対戦相手をいつも悩ませた。
1996年3月30日:「日本初メダルは熊谷(五輪百話:29)」朝日新聞紙面から

実はアマチュア

テニスの4大大会がプロに門戸が開かれたのは1968年のこと。熊谷さんは銀行員としてニューヨークに駐在しながら試合をするアマチュアでした。

熊谷は慶大卒業後に銀行員としてニューヨーク駐在中、全米に出場して4強入り。ともに仕事をしながらテニスに情熱を傾けたアマチュアだった。
錦織、解き放たれた 心も体も充電、災い転じて理想形 テニス・全米オープン 3日:朝日新聞デジタル

実は花粉症…

熊谷さんの指導を受けたことのある鳥羽貞三さんの証言によると、熊谷さんは花粉症だったようで、「試合中に涙が出てハンディになっていた」そうです。

96年前の全米オープン、当時の新聞も活躍伝える

96年前、準決勝進出を決めた時は当時の新聞も「熊谷氏優勢 国際テニス選手競技會に於いて(中略)勝利を博したり」と伝えています。

1918年9月4日の紙面。左端に「熊谷氏優勢」との見出しが
1918年9月4日の紙面。左端に「熊谷氏優勢」との見出しが 出典: 朝日新聞

日本人初のメダリスト アントワープオリンピックで銀

熊谷さんは、オリンピックで日本人として初めてメダルを獲得した選手でした。しかも二つ。シングルスとダブルスでともに銀でした。

五輪史上、日本のメダル第1号となった熊谷一弥の銀メダル
五輪史上、日本のメダル第1号となった熊谷一弥の銀メダル 出典: 朝日新聞
五輪で初めて日本選手がメダルを獲得したのは1920年アントワープ大会でのテニスの熊谷一弥、柏尾誠一郎の「銀」だった。2人に続くメダリストが出ないまま、五輪競技からはずれた。88年ソウル大会で五輪競技に復帰。それ以降で、シングルスで男子代表が3人になるのは最多だ。
2012年7月28日:「英傑、歴史刻め ロンドン五輪・開会式」朝日新聞紙面から

負けん気強く、「銀」悔やむ

負けん気の強い性格だったようで、長男の一夫さんによると、オリンピックで金メダルが取れなかったことをいつも悔しがっていたそうです。

一夫さんは「昔話は全米の話ではなく、五輪銀メダルのこと。“なぜ金メダルを取れなかったのか”といつも残念がっていた」と懐かしんだ。
「時代違う。恐れ多い」巨星熊谷長男語る - テニスニュース : nikkansports.com

「すごい選手が地元出身だった」

錦織圭選手の活躍で、熊谷さんの出身地である福岡県大牟田市では「すごいテニス選手が大牟田出身だった」と話題になっているそうです。

「広報おおむた」2008年8月1日号に掲載された「熊谷一弥特集」の一部
「広報おおむた」2008年8月1日号に掲載された「熊谷一弥特集」の一部 出典:錦織選手「優勝を」 全米テニス初代4強の地元もエール:朝日新聞デジタル
錦織選手の活躍を受け、大牟田では「すごいテニス選手が大牟田出身だった」と話題になっているという。
錦織選手「優勝を」 全米テニス初代4強の地元もエール:朝日新聞デジタル

「熊谷杯」という記念大会もある

熊谷さんがテニスを始めたのは旧制宮崎中でした。それを記念したテニス大会「熊谷杯」もあります。1975年に始まった大会では、九州各県から選手たちが集まります。

熊谷さんは旧制宮崎中(現宮崎大宮高)卒業、慶応義塾大に入学後、テニスを始めた。
1997年3月23日:「熊谷杯テニス、初日から熱戦 トーナメントに460人/宮崎」朝日新聞紙面から

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます