MENU CLOSE

話題

34591

「ツヨカワ」中井りん、世界の頂点目指す UFC初の日本人女子

停滞が続く日本格闘技界にあって、女子部門がじわじわと活気づいている。なかでも注目なのが、中井りん選手。実力派でありながら、童顔でマッチョなビジュアルが注目を集め、根強い人気がある。日本人女子としてUFC初参戦を果たす。

「うさぎコスプレ」で計量に臨む中井りん選手=2013年5月18日
「うさぎコスプレ」で計量に臨む中井りん選手=2013年5月18日 出典: 日刊スポーツ

目次

 UFCは26日、都内で会見を開き、9月20日にさいたまスーパーアリーナで「UFC ファイトナイト・ジャパン2014」を開催すると発表した。
 会見では、中井りんが、アジア人女性初の契約選手として紹介された。
 MMAで16勝0敗1分けと、圧倒的な強さが評価されUFCと契約した27歳。
中井りんアジア女性初のUFC契約:日刊スポーツ
総合格闘技「UFC」参戦が決まった、中井りん選手
総合格闘技「UFC」参戦が決まった、中井りん選手 出典:パンクラス・オフィシャルサイト

 停滞する国内格闘技界においてひときわ存在感を誇る、中井りん選手。
 愛媛県出身、柔道を経て総合格闘技へ。
 17戦16勝1分けという驚異の戦績を誇る実力派でありながら、童顔でマッチョなビジュアルが注目を集め、根強い人気がある。
 日本人女子初となるUFC参戦は、プロ野球トップ選手のメジャー契約ぐらいのインパクトだ。

童顔とマッチョ、奇跡の融合

 日常の一コマやトレーニング風景を淡々と映す、公式動画も人気。

出典: PANCRASE CHANNEL
出典: PANCRASE CHANNEL
出典: PANCRASE CHANNEL
出典: PANCRASE CHANNEL
出典: PANCRASE CHANNEL

格闘家、活躍の場は海外に

 1980年代に隆盛を極めたプロレスに取って代わるように、「K―1」「PRIDE」など、「真剣勝負」を売りにした興行が急成長。
 2000年代初頭には、大みそかに民放各局がこぞって中継するほどのブームとなった。
 しかし、反社会的勢力の関与やギャラの未払いなどのスキャンダルが取り沙汰されると、大会数は激減。
 活躍の場を「UFC」など海外メジャー大会に求めて、主力選手の国外流出が相次いだ。
須藤元気とヒクソンが新格闘技大会PR ヒクソン次男も参戦:朝日新聞デジタル&M
格闘技ブームの象徴。CMにも引っ張りだこだったボブ・サップ=2004年3月9日
格闘技ブームの象徴。CMにも引っ張りだこだったボブ・サップ=2004年3月9日 出典: 朝日新聞

抱負にも「美」へのこだわり

 「美しさ」「強さ」トータルで、相手選手の制圧を宣言!

出典: PANCRASE CHANNEL

 老舗団体「パンクラス」での戴冠をひっさげ、満を持しての世界進出。
 女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」ばりに、世界の頂点を極めてほしい。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます