MENU CLOSE

お金と仕事

523

なぜトリンプは「聴くだけで涼しくなる音楽」を開発したのか?

下着メーカーのトリンプが「聴くだけで涼しく感じる音楽」を独自開発。7月1日から全国の店頭で、BGMとして流し始めた。

「聴くだけで涼しくなる音楽」とは?
「聴くだけで涼しくなる音楽」とは? 出典: トリンプ・インターナショナル・ジャパン

目次

本当に涼しくなる?

 まずはこの音楽を聴いてみて!
暑い夏を乗り切るため、下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパンが開発した「聴くだけで涼しく感じる音楽」です。

出典: トリンプ・インターナショナル・ジャパン

 トリンプ広報によると、この音楽はトリンプが「サウンドヒーリング」の専門家と協同開発したもの。体を休息モードにする「副交感神経」と、活動モードにする「交感神経」の働きを高めて自律神経のバランスを整え、涼しさを感じやすい状態にするそうです。 (詳しい仕組みは同社HPへ)
 7月1日~8月31日まで、トリンプ製品を扱う全国のお店でBGMとして流します。

 トリンプはなぜこうした音楽を開発したのか?理由は二つあります。
 一つは企業としての社会貢献。お店に来てくれた人が少しでも涼しさを感じてくれたら、それだけで嬉しいですよね。同社は日本気象協会が推進する「熱中症ゼロへ。」キャンペーンにも協力しています。

暑くて汗をかいた状態だと・・・
暑くて汗をかいた状態だと・・・ 出典:imasia

ちゃっかり計算も

 もう一つの理由は“実益”です。日本の女性は奥ゆかしいのか、汗をかいてると下着の試着を遠慮する傾向があるそうです。「下着を汚してしまう」とか「店員さんに嫌がられるのでは」といろいろ考えてしまうんでしょうね。試着が少なくなれば、売り上げにも影響しかねません。

試着する確率にも影響が
試着する確率にも影響が 出典:imasia

 トリンプ広報は「汗をかいているお客様も、試着を敬遠される必要はまったくありません」「このBGMを流すことで、お客様に少しでも快適な売り場環境になれば」としています。

出典:imasia

暑さに悩む自治体や企業にも開放

 トリンプは今回開発した音楽を、希望する自治体や企業などに提供する検討を進めています。夏の最高気温が40度を超す自治体もある中、公的施設などに音楽を提供し、熱中症の予防に協力していきたいそうです。

館林市で5月に設置された温度計の表示板。予想最高気温を示して熱中症への注意を求める
館林市で5月に設置された温度計の表示板。予想最高気温を示して熱中症への注意を求める 出典:朝日新聞デジタル

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます