MENU CLOSE

話題

29698

焼身自殺はかり、新宿駅南口が一時混乱。男性は命を取り留める

東京・新宿駅の南口付近でスーツ姿の男性が焼身自殺をはかり、警察官や消防車が出動する騒ぎに。現場は人だかりとなり、混乱した。

新宿駅の南口付近は一時、混乱
新宿駅の南口付近は一時、混乱 出典: imasia

目次

ガソリンとみられる液体かぶり、自ら火

 29日午後1時すぎ、東京都新宿区のJR新宿駅南口付近で「男性が鉄骨の上によじ登っている。ガソリンのにおいがする」と110番通報があった。駅南口と新宿高島屋とを結ぶ横断橋の上にいた男性は午後2時すぎ、自分の体に火を付け、顔などにやけどを負って病院に搬送された。警視庁によると、男性は集団的自衛権の行使容認や安倍政権に抗議する主張を繰り返していたという。
朝日新聞デジタル

サザンテラスへの橋の上で抗議。一命は取り留めた模様

 新宿署によると、男性は50~60代くらいで背広姿。午後1時ごろから、横断橋の上で拡声機を使って1人で演説をしていた。その後、2本のペットボトルに入ったガソリンとみられる液体をかぶり、火を付けたという。消防のレスキュー隊員らによって火は消し止められ、男性の他にけが人はいなかった。
朝日新聞デジタル

 ネット上では「男性が死亡した」との情報が一時流れたが、朝日新聞社会部の取材によると、男性は一命は取り留めた模様(29日17時現在)。

ツイッター上に大量の現場画像

 ツイッター上には、現場写真と見られる大量の画像が投稿された。










新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます