閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年04月20日

「見た目問題」ネットで反響、本人の思いは…「そういう反応は覚悟」

  • 182423

ネット上で反響を呼んだ石田祐貴さん

ネット上で反響を呼んだ石田祐貴さん

 顔の変形、あざ、まひ、脱毛……。特徴的な外見ゆえにいじめられ、就職や恋愛で困難に直面する「見た目問題」。当事者の1人、大学院生の石田祐貴さん(24)の思いを伝える記事が4月11日に配信されると、ネット上で大きな反響を呼びました。「多くの人に僕の症状を知ってもらえたことはありがたいです」と石田さん。「見た目問題」についての思いをあらためて聞きました。


「偉業を成し遂げた人間でもないのにいいのかなぁ…」

――ネット上の反応をどう受け止めましたか

「正直、こんなに読まれるなんて、驚きました。ニュースサイトのトップで紹介してもらうような、偉業を成し遂げた人間っていうわけでもないのに…、いいのかなと。でも反響を頂いて本当にありがたいです」

――ネット上では、「この病気、はじめて知った」との声が多かったです
「取材を受けた目的は、一人でも多くの人に症状を知ってもらうことだったのでよかったです」

2017年4月12日の朝日新聞に掲載された石田祐貴さんの記事

2017年4月12日の朝日新聞に掲載された石田祐貴さんの記事

「勇気をもらった」メッセージ

――石田さんの前向きな姿に「尊敬する」「私の悩みなんてちっぽけだ」と自省する書き込みもありました

「僕の友人がフェイスブックで記事をシェアしたら、『勇気をもらったと、石田さんに伝えて下さい』」などと、多くの人からメッセージが届いたそうです。ほんの少しでも誰かの役に立てたのかなと実感できて、今回取材を受けてよかったなと思いました」

「あとネット上の反応ではないですけど、大学内で、『記事読みましたよ、よかったです』と温かい声をかけてくださる方もいました」


出典:【石田さんの記事を紹介するツイッター】

「そういう反応をする人がいることは覚悟」

――「写真に驚いた」「街中で会ったら、見てしまう」という反応も

「素直な反応だと思います。この記事で知ったことを機に、驚きも減ってくれればいいなと思います」

――中傷の書き込みも一部ありました。取材を受けるとき不安ではありませんでしたか

「僕の人生を振り返っても、そういう反応をする人がいることはわかっていますので、覚悟していました。ですから、中傷が怖くて取材を受けることについて不安を感じることはありませんでした」

「取材に答えることで、自らの人生を整理できるので、自分にとっても発見があります」

見た目問題の当事者に話を聞いた「顔ニモマケズ」出版記念イベント。当事者の人々と記念撮影に応じる著者の水野敬也さん(後列右)

見た目問題の当事者に話を聞いた「顔ニモマケズ」出版記念イベント。当事者の人々と記念撮影に応じる著者の水野敬也さん(後列右)

「先生になったら、子どもたちの前で…」

――記事の反応を受けて「見た目問題」をどのように伝えていきたいと思いましたか?

「社会は簡単には変わりませんが、このような発信を積み重ねることで、新しい未来をつくることができると思っています」

「(当事者を支援するNPO法人)マイフェイス・マイスタイルやメディアの取材への協力など、僕のできる範囲で発信を続けたいです。将来の夢の一つである先生になったら、子どもたちの前で自分の症状について説明したいと考えています」

「この顔じゃなかったら……」「割り切ろう」

 4月11日の記事では、「ほおやあごの骨が未発達、欠損した状態で生まれた」トリーチャーコリンズ症候群と呼ばれる疾患を持って生まれた石田さんの生い立ちから現在までの思いを紹介しました。

 これまでに10回以上の手術を受けた石田さん。「劇的な変化が望めるわけではない」と、今はもう手術を受ける気はないと言います。

 「今も鏡を見て、『この顔じゃなかったら……』と落ち込むこともあります」と明かす一方、「自分の力で変えられるものではないので、『割り切ろう』と考えています」とも語りました。

 石田さん現在、筑波大学大学院で障害に関する教育について研究しています。

 記事では「研究者か学校の先生になりたいです。僕だからこそ、子どもたちのためにできることがあると思います。障害がある子に教えるならロールモデル(手本)になれるし、健常者の子なら僕の存在自体が社会を考える素材になれると思います」と将来について話していました。



「見た目問題」インタビュー集『顔ニモマケズ』の当事者たち
前へ
「見た目問題」に悩んできた人に話を聞いた「顔ニモマケズ」出版記念イベント。当事者の人々と記念撮影に応じる著者の水野敬也さん(後列右)
次へ
1/15
前へ
次へ

あわせて読みたい

保護者会の会長が容疑者だなんて…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
保護者会の会長が容疑者だなんて…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
親になってわかった「子連れママが電車で座らない訳」 漫画に共感
親になってわかった「子連れママが電車で座らない訳」 漫画に共感
GINZA SIXって何?どんなとこ? 漫画家夫婦...
GINZA SIXって何?どんなとこ? 漫画家夫婦...
まるでトランスフォーマー! 廃車を活用「タクシーロボ」が話題に
まるでトランスフォーマー! 廃車を活用「タクシーロボ」が話題に
「道の駅」制覇した男の「もう一度訪れたい駅」坑道体験?カニまみれ
「道の駅」制覇した男の「もう一度訪れたい駅」坑道体験?カニまみれ
日本と大商談したサウジ、豪勢さの裏で進む改革 「成長の鍵は日本」
日本と大商談したサウジ、豪勢さの裏で進む改革 「成長の鍵は日本」
秋元康&つんく♂が語る「正解の無い道への歩み」
秋元康&つんく♂が語る「正解の無い道への歩み」
PR
なんでプリンタの上にみそ汁がぁぁ! 食品サンプルのドッキリが話題
なんでプリンタの上にみそ汁がぁぁ! 食品サンプルのドッキリが話題
赤ちゃんとの関係、恋人に例えると… 漫画か...
赤ちゃんとの関係、恋人に例えると… 漫画か...
3年で辞める若者のホンネ ~ネガティブ早期...
3年で辞める若者のホンネ ~ネガティブ早期...
高橋一生が神木隆之介に色気のコツを伝授? 『3月のライオン』後編
高橋一生が神木隆之介に色気のコツを伝授? 『3月のライオン』後編
PR
「泣くのが仕事、大丈夫」スマホで意思表示...
「泣くのが仕事、大丈夫」スマホで意思表示...

人気

もっと見る