閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2017年01月27日

「WELQ難民」仕事求めてクラウド漂流 個人では無理、集団で「営業」

  • 27866

「今もWELQ問題を何とも思っていない人たちがいる」と語るウェブデザイン会社の代表を務める20代の男性

「今もWELQ問題を何とも思っていない人たちがいる」と語るウェブデザイン会社の代表を務める20代の男性

 DeNAが手がけていた医療・健康情報サイト「WELQ」(ウェルク)を始めとする同社の「キュレーションサイト」が実質休止状態になってからおよそ2カ月。執筆者のバイトを集めた「クラウドソーシング」には、今も多くの仕事がアップされています。仕事を頼む側には他サイトからの「パクリ」や「コピペ」に神経をとがらせるなど改善の動きが見られるなか、一連の問題によって仕事が減った「WELQ難民」といった現象も生まれているようです。現場では何が起きているのか。取材しました。(朝日新聞編集委員・須藤龍也)

「すべてオリジナルの記事でお願いします」

 「他の文章からのコピペやリライトはせず、すべてオリジナルの記事でお願いします。すべてツールでチェックしています。部分コピーも絶対にやめてください」

 都内でウェブデザインの仕事をしている男性(35)はWELQ問題があった後の年明けから、あるブログメディア立ち上げの仕事に携わっています。そこに掲載する記事を集めるため、クラウドソーシング国内最大手の一つ「クラウドワークス」を利用し、外部ライターに発注しました。

 これまでも記事やロゴの発注に使ってきましたが、今回、仕事依頼の際に強調したのが、「コピペとリライトの絶対禁止」でした。

会見で謝罪するDeNAの(右から)南場智子会長、守安功社長、小林賢治経営企画本部長=2016年12月7日、東京都渋谷区、関田航撮影

会見で謝罪するDeNAの(右から)南場智子会長、守安功社長、小林賢治経営企画本部長=2016年12月7日、東京都渋谷区、関田航撮影

出典: 朝日新聞

記事を次々と納品してくる「猛者」

 男性はWELQ問題が発覚後、かつて立ち上げに関わったサイトの掲載記事について、幾つかチェックしてみました。その結果、無作為に選んだ3本のうち2本で、無断転載の疑いが強いことがわかりました。

 ただ、転載元の記事も、いわゆる「まとめサイト」に掲載されていたものであり、無断転載が重ねられていたとみられます。結局、オリジナルの記事がどこにあるのか、わかりませんでした。

 「当時もコピペだろうと、薄々感づいていました」。仕事を受注してから1時間程度で400文字の記事を次々と納品してくる「猛者」がいました。一から取材して執筆するのは不可能な分量です。

 これらの記事が掲載されていたのは、ある大手IT企業が開設したキュレーションサイト。WELQ問題を受け、著作権の問題や事実関係を確認するためとして、現在は記事の公開を一部停止しています。

「大口の仕事は減っている」

 男性によると、発注元の大手IT企業の担当者から「多くの記事を集めるように」と指示が飛んでいたそうです。ネット広告の収入に頼るこれらのサイトは、とにかくアクセス数を稼がないと利益にならず、記事を次々アップする必要がありました。

 「担当者はコンテンツ(記事)の中身について全く関心がなかった。読んだことすらない感じでした」

 同業者から「外注記事はコピペが多いからチェックツールは必須」と助言されていましたが、逆にコピペであることを見つけてしまうのが怖くて、導入しなかったと当時を振り返ります。

 WELQ問題はDeNAだけでなく、サイバーエージェントやヤフーのグループ会社などが運営するキュレーションサイトにも飛び火し、問題のある記事の掲載を取りやめる動きが続きました。男性はこうした影響を受け「大口のライティングの仕事は減っている」と言います。

記事が非公開になったWELQのサイト

記事が非公開になったWELQのサイト

個人がグループ化

 一方で、この男性は「仕事を受ける側にも変化が起きている」とも言います。

 今年初め、別の案件に応募した人のなかで、「担当するスタッフが喜んでお仕事をさせていただきます」と売り込んできた人がいました。丁寧な文体に信頼し、試しに依頼した案件も半日程度で送られてきて、内容に問題がなく安心することができました。

 その人と何度かやりとりを重ねるうちに、業者と思っていた受注者が、実はこれまで個人で請け負ってきた人たちのグループであったこと、WELQ問題をきっかけに仕事が減ったため、獲得した仕事を手分けして分担している状況であることなどがわかりました。

「私たちは飢餓難民状態」

 この人に会って話が聞けないか、男性を通じて取材をお願いしましたが、残念ながら断られてしまいました。ただ、記者に向けてメッセージが送られてきました。

「デザインやプログラミングといった専門性の高い仕事ではなく、ライティング(*記事作成)は誰もが出来る仕事であり、参入障壁は高くないと思われています。だから競争率も高いし、単価も安い。パクリが横行して真面目に取り組んできた人たちが損する状況で、実は依頼者もそんなクオリティーを要求していないことが分かり、コピペ記事が横行した」

「WELQの閉鎖騒ぎは起きるべくして起こったと言えます。今や大漁(*原文ママ)に仕事がなくなり、私たちは飢餓難民状態でさまよっています」

「そんな値段で果たしてできるのでしょうか?」

 「WELQ難民、とでも言うんでしょうかね」。メッセージを読んだ発注元の男性は、暗い表情になりました。

 「記事なんてグーグルで検索した情報をつなぎ合わせれば出来上がるぐらいにしか思っていなかったが、考えてみればおかしいですよね。誰かに問い合わせたり、確認したりすれば時間もかかるし、お金もかかる」

 「クラウドソーシングでは今も、1記事300円ぐらいの案件が大量に出ていますが、そんな値段で果たしてできるのでしょうか?」

「1記事300円」の世界で品質は保てるのか? ※写真はイメージです

「1記事300円」の世界で品質は保てるのか? ※写真はイメージです

出典:https://pixta.jp/

「今も何とも思っていない人たちがいる」

 クラウドソーシングでライティング業務に携わる人たちにも大きな影を落としたWELQ問題。しかし、大阪府でウェブデザイン会社の代表を務める20代の男性は、「今もWELQ問題を何とも思っていない人たちがいる」と苦笑します。

 記者が取材に訪れた1月中旬、男性は仕事の案件に応募してきた人たちへの問い合わせの返信に追われていました。

 「仕事の依頼内容をろくに見ないで応募してきたり、依頼を受けてもまともなやりとりができなかったりする人たちが多くて。仕事の単価が安いのは発注者側がこき使っているからだと思っていたが、受ける側の質にも大いに起因していると、正直思わざるを得ませんでした」

  「WELQ問題を何とも思っていない」。男性がそのように感じたのが、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」に寄せられた以下の問い合わせでした。

「そのサイトに掲載されているタイトル、タグ、サムネなどをそのまま貼る、もしくはリライトして作成することは可能なのでしょうか?」

クラウドソーシングの健全化が叫ばれる中、コピペをしていいか、あからさまに聞いてきた人も。

クラウドソーシングの健全化が叫ばれる中、コピペをしていいか、あからさまに聞いてきた人も。

スタートアップの原動力、のはずが…

 クラウドソーシングは不特定多数の人たちがネットを介して仕事を獲得する新たなワークシェアの形として、2005年ごろ米国で生まれました。この手法をうまく活用し、急成長したスタートアップ企業は数多くあります。従業員3人で始めた男性の会社も、様々な場面での利用を想定していました。

 しかし今後、クラウドソーシングサービスをどこまで使うかどうか、悩んでいるそうです。

まとめサイトで無断転用繰り返されたある「浴衣画像」
前へ
エスアイピー提供
次へ
1/6
前へ
次へ

あわせて読みたい

「忖度」「驚き桃の木」どう訳す?ピコ太郎の通訳が語った「頭脳戦」
「忖度」「驚き桃の木」どう訳す?ピコ太郎の通訳が語った「頭脳戦」
ブラック部活、遅すぎる「完全下校時間」 学校に縛り付けられる娘
ブラック部活、遅すぎる「完全下校時間」 学校に縛り付けられる娘
罫線が円周率のノート…没ネタに商品化望む声...
罫線が円周率のノート…没ネタに商品化望む声...
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
トラックの「あの部分」実は寝室? 工夫の賜物 空調・電灯・電源も
子どもの肥満が心配!よく噛んで食べる子どもは太らないってホント?
子どもの肥満が心配!よく噛んで食べる子どもは太らないってホント?
NEW
DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少なすぎ」 賠償の行方は?
DeNAの謝罪会見、憤る被害者「賠償請求少なすぎ」 賠償の行方は?
「不満なんてカケラもない…」涙を誘う猫マンガが描く無償の愛
「不満なんてカケラもない…」涙を誘う猫マンガが描く無償の愛
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
PR
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
PR
葬式にサプライズを! ブライダル出身社長...
葬式にサプライズを! ブライダル出身社長...
「なくなるョ!全員集合」 スペースワールド、閉園なのにポジティブ
「なくなるョ!全員集合」 スペースワールド、閉園なのにポジティブ
息子3人東大の佐藤ママ、長女も理3合格! 娘が語る母への感謝
息子3人東大の佐藤ママ、長女も理3合格! 娘が語る母への感謝

人気

もっと見る