閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年11月12日

リオパラ15競技見た、観客席の常連 熱い応援の理由が、深すぎる…!

  • 1437

リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすラグビー会場で声援を送る竹内圭さん(中央)=2016年9月15日、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすラグビー会場で声援を送る竹内圭さん(中央)=2016年9月15日、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

出典: 朝日新聞

 「舞台」以外の場でもドラマは起きています。たとえばアスリートを見つめる応援席でも。2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックの観客席でレンズ越しに出会った「彼」は、一人でも多くの選手に声援を送りたくて、日本から来ていました。地元のリオっ子も巻き込んでしまう、やたらと熱いその応援スタイル。いったいどんな人なのか知りたくなり、会いにいってみました。(朝日新聞大阪映像報道部・井手さゆり)

ひときわ目立つ、サクラのジャージー

 (あの人、また来てる)
 リオデジャネイロ・パラリンピックも後半に入った9月15日、車いすラグビー日本代表のフランス戦。観客席を撮影していた私は、気になる相手にレンズを向けた。

 新聞社のスポーツ取材では、競技はもちろん観客席も撮影する。会場が盛り上がっているか。おもしろい応援をしている人はいないか。どのくらい観客が入っているかも大切な要素になる。

車いすラグビーの日本―アメリカ戦を観戦するブラジルの子どもたち。サッカーブラジル代表のユニホームとブラジル国旗は、どの競技会場でも見かけた=2016年9月16日、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

車いすラグビーの日本―アメリカ戦を観戦するブラジルの子どもたち。サッカーブラジル代表のユニホームとブラジル国旗は、どの競技会場でも見かけた=2016年9月16日、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

出典: 朝日新聞

 この日、観客席の多くは地元ブラジルの人たちで埋まっていた。そのなかで、ラグビー日本代表のサクラのジャージーに日の丸のハチマキ姿で、手持ちの太鼓を打ち鳴らし、声を張り上げる男性の姿はひときわ目立った。周りより応援に熱が入っていた。

 誰だろう、と思っていると、顔見知りのカメラマンが教えてくれた。「あの人、『つなひろワールド』の社長ですよ」。
 それが竹内圭さん(32)だった。

 フランス戦に日本は勝って準決勝へと進み、その後悲願の銅メダルを獲得して大会は終わる。リオでは応援席の竹内さんに声を掛ける間がなかったが、帰国した後も、何となく気になっていた。あの応援の入れ込みようの理由を知りたかった。

車いすラグビー3位決定戦でカナダを破り、銅メダルを獲得した日本代表の選手たち。この瞬間を観客席から見ていたという竹内さんは「泣きました」。選手たちからは、「応援のおかげで、ホームみたいな雰囲気で試合ができた」と感謝されたという=2016年9月18日、カリオカアリーナ、金川雄策撮影

車いすラグビー3位決定戦でカナダを破り、銅メダルを獲得した日本代表の選手たち。この瞬間を観客席から見ていたという竹内さんは「泣きました」。選手たちからは、「応援のおかげで、ホームみたいな雰囲気で試合ができた」と感謝されたという=2016年9月18日、カリオカアリーナ、金川雄策撮影

出典: 朝日新聞

朝から晩まで、15競技をハシゴ

 東京・神田に事務所を構える「つなひろワールド」は障害者アスリートの就職支援に特化した会社だ。設立は2012年、選手と企業の希望をすりあわせて、双方が納得いく形での就職を支える。リオには支援した選手が合わせて20人出場したという。

 リオで竹内さんは、就職支援した選手が多い車いすラグビー以外にも、陸上、水泳、柔道、ボッチャなど、日本人が出場する競技を中心に計15競技をはしごして応援していた。私が睡眠時間を削りながら撮影に走り回っていた競技数より多い。日程表を見せてもらうと、本当に朝から晩まで応援ざんまいだった。

 「戦うのは選手たち。僕らができるのは、応援しかないですから」

関西出張に来ていた竹内圭さん。仕事の合間に女子車いすバスケットボールの試合を撮影したため、待ち合わせ場所にはスーツにカメラバッグを背負って現れた=2016年11月7日午後、大阪市北区、井手さゆり撮影

関西出張に来ていた竹内圭さん。仕事の合間に女子車いすバスケットボールの試合を撮影したため、待ち合わせ場所にはスーツにカメラバッグを背負って現れた=2016年11月7日午後、大阪市北区、井手さゆり撮影

出典: 朝日新聞

 地元ブラジルの観客を味方に取り込もうと、現地で知り合った日本人たちと、ホームセンターで材料を買い込んで、夜な夜な日の丸の小旗や必勝ハチマキといった応援グッズを手作りしては、会場で配ったりしたらしい。

活躍への道、知っているから

 仕事の域を超えて応援する理由を尋ねると、竹内さんはこう話してくれた。

 「就職支援をするにあたっては、選手たちのバックグラウンドを詳しく聞きます。障害を負った当時のこと、社会人として仕事をどうしてきたか、スポーツとの出会いについても……」

 「いろいろ聞くじゃないですか。車いすラグビーの場合はロンドン・パラリンピックで4位でした。そして、リオに来て、やっとメダルに手が届く、っていうところを目の前で見ていると……」

車いすラグビーは激しいタックルが認められているため、タイヤのパンクも多い。スタッフは試合中もタイヤの調整に余念がない=2016年9月15日午後、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

車いすラグビーは激しいタックルが認められているため、タイヤのパンクも多い。スタッフは試合中もタイヤの調整に余念がない=2016年9月15日午後、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

出典: 朝日新聞

 「ロンドン・パラの頃までは、障害者アスリートの雇用は思わしい状況ではなく、海外遠征には借金して行く選手もいました。今は東京パラが決まってからの『風』に乗っていますが、ブームで終わらず定着してほしい。若い選手には、東京の先があります。また、就職支援をする選手には、アスリートとして『結果』を出す覚悟があるか、確かめています」

車いすも義足も、丸ごとカッコ良く

 一般の人たちより選手の身近にいて、日頃の様子を知っているからこそ、というのは、取材する側の気持ちと少し似ている。

車いすラグビー1次リーグ米国戦。ボールを持って進む池崎(右)=2016年9月16日、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

車いすラグビー1次リーグ米国戦。ボールを持って進む池崎(右)=2016年9月16日、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

出典: 朝日新聞

 私自身、取材を始めた当初はパラリンピックの選手はほとんど知らなかった。取材を重ね、選手一人ひとりの話を少しずつ聴くうちに、格好よく撮りたいという気持ちも強くなっていった。

 車いすも義足も、丸ごとその選手がきれいに見えるフォームを探すようになった。試合の途中で一喜一憂することもある。カメラマンとしてその場にいる以上、勝っても負けても目の前で起きていることを撮り続けるのだけれども。

あのとき、シャッターを切った理由

 リオの観客席には、竹内さんの他にも目立つ人たちがいた。聞けば、バックパッカーだったり、車いすラグビーが好きな米国在住の日本人だったり。会場で顔を合わせるうちに、一緒に応援するようになったという。

声援を送る竹内圭さん(手前右から3人目)。毎日のようにスタジアムに通ったため、会場ボランティアとも顔なじみになった=2016年9月15日午後、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

声援を送る竹内圭さん(手前右から3人目)。毎日のようにスタジアムに通ったため、会場ボランティアとも顔なじみになった=2016年9月15日午後、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影

出典: 朝日新聞

 視察に来た政治家などもいたけれども、応援を引っ張って、その熱量で選手たちを支えていたのは、「ただただ、応援したくて来た人たち」だった。あのときシャッターを切ったのは、その熱を写し取りたかったからかもしれない。

この記事は11月12日朝日新聞夕刊(一部地域13日朝刊)ココハツ面と連動して配信しました。

リオパラリンピック 選手の活躍を支えた、裏方のヒーローたち
前へ
声援を送る竹内圭さん(手前右から3人目)。毎日のようにスタジアムに通ったため、会場ボランティアとも顔なじみになった=2016年9月15日、カリオカアリーナ、井手さゆり撮影
次へ
出典:朝日新聞
1/20
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
PR
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
今夜も母の世話…優しくしたいのに 「涙を誘...
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
鉄拳さん「昔、警察のお世話に」 漫画で描いた「暗い過去」感動呼ぶ
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
宇宙船の帰還、どうやって撮影? ちっさいカプセル追って大草原疾走
宇宙船の帰還、どうやって撮影? ちっさいカプセル追って大草原疾走
NEW
詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
PR
「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言
「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言

人気

もっと見る