閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年09月06日

池波正太郎が愛した「築地のロースカツ」 大トロ並みの脂身 かつ平

  • 12034

かつ平のロースカツ。味の秘密は脂身に

かつ平のロースカツ。味の秘密は脂身に


  「まず、真ん中の一切れは何もつけずそのままで。右側は大トロ、左側は中トロだから塩としょうゆで食べ比べてみてね」。ロースカツを注文すると店主は笑顔で言った。私は覚えられず、好きなようにソースをかけて食べた。それでも怒られなかった。これが私と「かつ平」の出会い。作家・池波正太郎も愛した築地のとんかつ店だ。

かつ平ののれん。3匹の豚が描かれている

かつ平ののれん。3匹の豚が描かれている

ロースは特注、ヒレより高い


 築地といえば海鮮。確かにそうだが、海鮮以外にもおいしい店はたくさんある。かつ平もその一つだ。

 かわいらしい豚が3匹並んだのれんをくぐると、5人座れるカウンター席とテーブル席が二つ。

 「まいど、お兄さん。いらっしゃい」

 白衣に身を包んだ店主・相野谷信之さん(50)が笑顔で迎えてくれる。

 壁のお品書きには、ロースカツライス(1150円)、ヒレカツライス(1050円)、海老フライライス(1050円)、ヒレ海老ライス(1500円)、カツカレー(850円)。迷わずロースを注文すると、こう話しかけられた。

 「ヒレよりロースの方が高いでしょ。普通のお店とは逆なんですよ」

 肉は脂身を多めにした特注品。その分、仕入れ値も上がるそうだ。この脂身こそが、かつ平の最大の特徴。しっかりした旨みがある。月(にくづき)に旨いと書いて脂とはよく言ったものだ。

皿を覆うほど大きなロースカツ

皿を覆うほど大きなロースカツ

亡き父の後を継いで


 かつ平の創業は1963年(昭和38年)。信之さんの父・益雄さんがはじめた店だ。今から25年ほど前、「ああ疲れた」と横になったきり、起き上がることはなかった。動脈瘤破裂だった。

 しばらくの間、益雄さんの妻である静枝さん(75)が店を切り盛りした。

 「池波正太郎の銀座日記(全)」(新潮文庫)にはこう記されている。

 未亡人の揚げたロース・カツレツは亡き主人のカツレツそのもので、息子も調理師の免状を取り、母をたすけて懸命にはたらく。いまも変わりなく繁昌しているらしい。何よりだ。

出典: 池波正太郎の銀座日記(全)

 大学と調理師学校の両方に通っていた信之さんが、まもなく2代目として店を継いだ。

店主の相野谷信之さん(左)と、母の静枝さん

店主の相野谷信之さん(左)と、母の静枝さん

軽妙なやりとりが彩り添える


 味もさることながら、信之さんの軽妙なやりとりが、とんかつに彩りを添える。

 冒頭の「大トロ」話のように、たとえ話が大好きだ。

 「今日は特別に塩辛があるんで、ちょっと食べてみて。こっちは漬けが浅いのでアメリカン(コーヒー)。こっちはしっかり熟成しているからブルーチーズだよ」

 そんなやりとりを静枝さんは、いつも隣でほほえんで見ているだけだ。

 ご近所さんが通りかかると、トンカツを揚げている寸胴の先にあるガラス戸をあけて「おう、○○ちゃん」と声をかける。築地の路地にあるこの店は、地元に根付いている。

夏の夕暮れの築地界隈は、私が東京の中で最も好む場所の一つだ。

出典: 池波正太郎の銀座日記(全)

 今秋の移転が先送りされた築地市場。市場がなくなったら、街とともに店も変わるのだろうか。

 「いま築地にある雰囲気、そして心意気が大好きなんです。それを残しながら、このまま続けていきたいですね」

 信之さんは、にこりと笑った。

池波正太郎も愛した築地「かつ平」のロースカツ
前へ
築地「かつ平」のロースカツ
次へ
1/15
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方
「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方
NEW
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
「私の襟、いつ立ってた?」 蓮舫氏、トレードマークの真相
「私の襟、いつ立ってた?」 蓮舫氏、トレードマークの真相
NEW
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
子どもは作って当たり前? 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
PR
「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言
「MERY」記事量産の現場 「90分に1本のノルマ」インターンが証言
思わず読む! 八王子の客引き禁止ポスター 求人広告風にした訳は?
思わず読む! 八王子の客引き禁止ポスター 求人広告風にした訳は?
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
PR
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A

人気

もっと見る