閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年07月25日

「似顔絵」に「全面QRコード」…変な選挙ポスターの真面目な理由

  • 1744

似顔絵やQRコード…ユニークな選挙ポスター=本人提供

似顔絵やQRコード…ユニークな選挙ポスター=本人提供

  選挙ポスターって、どれも似ていますよね。やたら爽やかな笑顔、でかでかと書かれた名前。ただ、時々「なにこれ?」と思わず立ち止まってしまうポスターに出くわすことがあります。ネットで以前話題になった2枚について、ご本人に「なんでこんなの作ったの?」と聞いてきました。(朝日新聞大阪本社生活文化部記者・松本紗知)

JR甲府駅前に立つ松本重崇さん

JR甲府駅前に立つ松本重崇さん

 まずは、2015年4月の甲府市議選に、似顔絵のポスターで立候補した松本重崇さん(41)。当時は食品製造会社でパートとして働いており、現在は農業を始めようと準備をしています。

甲府市議選で松本さんが作った選挙ポスター=松本さん提供

甲府市議選で松本さんが作った選挙ポスター=松本さん提供

普通のやり方じゃ当選しない

 そもそも、選挙に出たいと思ったのは、今の政治や社会への不満からでした。

 「漠然としているんですが『今の日本は面白くない』と思っていて。正しいことを正しいと言わないし、真面目な人が損をするし、お金が全ての尺度になっている。でも、そういう不満を、自分が何もしないままで言うのは嫌だった。じゃあ立候補してみようと」

選挙に立候補した理由を語る松本さん

選挙に立候補した理由を語る松本さん

 普段から政治活動をしているわけでも、組織に所属しているわけでもない松本さんは、「普通のやり方では自分は当選しない」と考えました。

 また、選挙に関心のない人に興味をもってもらいたいという思いもありました。

批判されない程度の〝奇抜さ〟

 名前を連呼する街宣活動や、にやけた笑顔の選挙ポスターなど、「現行の選挙運動が嫌いだった」という松本さん。これまでとは一風変わった選挙活動を展開しようと決心します。

 「でも、奇抜すぎると批判されるリスクもある。ポスターに関しては、批判されない奇抜さということで、似顔絵にしようと思いました」

 似顔絵は、自分を慕ってくれている小学生のめいに頼んで描いてもらいました。

 「自分に好意を持ってくれている人が描いた絵であれば、見た人にもその気持ちが伝わる」という狙いからです。

似顔絵で作った選挙ポスター。実際に掲示板に貼ったのは右のバージョン=松本さん提供

似顔絵で作った選挙ポスター。実際に掲示板に貼ったのは右のバージョン=松本さん提供

光るポスター、のはずが・・

 実は、このポスターは蓄光塗料を使い、夜になると光る……はずでした。

 「家で試した時はうまくいったのですが、外ではうまく光ってくれませんでした。日が暮れて徐々に暗くなっていくからでしょうね」

 結果は、立候補44人中最下位の141票で落選。「もともと選挙に興味のない人にまで声を届けられなかった」と振り返ります。

ネタになり「意味あった」

 一方、ネットで話題になったり、テレビの取材を受けたりするなど、「面白さに興味を持ってくれる人もいた」と、手応えも感じました。ネタになることにも「似顔絵のポスターの意味があった」と松本さんは言います。

 「政治や選挙というと、みんな一歩引いてしまう。でももっと、政治はネタにしていいと思う。馬鹿なことをやってたり、変わってたりする方が、世間話になりやすい。僕のことも『こんな馬鹿なやつがいる』と、ネタにしてもらいたい」

JR甲府駅前の武田信玄像の前に立つ松本さん

JR甲府駅前の武田信玄像の前に立つ松本さん

「10年後の選挙」目指す

 次に、QRコードを全面にあしらったポスターで2015年4月の愛知県一宮市議選に立候補した森光弘さん(52)を訪ねました。パソコン講師の森さんがQRコードのポスターで選挙に出たのには、「ニート、25才」とうたって2015年の千葉市議選に出た、上野竜太郎さんの選挙ポスターの影響があったと言います。

ポスターを手に持つ森光弘さん

ポスターを手に持つ森光弘さん

 「ニュースで上野さんのポスターを見て、すごいインパクトがあった。もともとQRコードのポスターを構想していたのですが、改めて、ああいうポスターもありなんだ、と思いました」

「ニート25才」とうたった、上野竜太郎さんの選挙ポスター

「ニート25才」とうたった、上野竜太郎さんの選挙ポスター

 地方政治の場から「脱原発」を訴えようと、市議選に臨んだ森さん。陣営を持たず、インターネットを活用してたった一人で選挙活動を繰り広げ、「10年後の選挙活動」を意識しました。

 「組織ではなく個人として、どう選挙に向き合えるのかを実感したかった。個としてインターネットを通じて、広く多くの人に自分の主張を伝えたいと思っていました」

 「一番の目的は当選ですけど、正直、陣営を持たない私が簡単に当選できるわけではない。だからこそ、新しい形の選挙運動をして、将来への布石にしたかったんです」

ツイキャスで〝街頭演説〟

 選挙運動の中心は、市内700カ所以上の掲示板にポスターを貼りに行くことでした。ポスターのQRコードを読み取ると、森さんのフェイスブックページにつながります。そこでは、森さんのプロフィールや、政策を読むことができます。

 また、ポスターを貼り終えると、JR尾張一宮駅前でカメラに向かって演説し、動画配信サービス「ツイキャス」を使って公開しました。合わせて、駅周辺で朝と夕方に「朝カフェ」「夕暮れカフェ」と題した対話の場を設け、投開票前日の土曜日には、最多の10人が集まりました。

QRコードを読み込むと、森さんのフェイスブックページにつながる

QRコードを読み込むと、森さんのフェイスブックページにつながる

 結果は53人中52位の401票で落選。

 「奇跡は起きるんじゃないかとも思ったんですが、この手法はまだ早かったかなと思いました。ポスターも全部貼りきれなかったので、そこだけでも人の手を借りて、全部貼ってからスタートした方がよかったかもしれません」

自身の選挙戦を振り返る森さん。「機会があったらまたチャレンジしたい」と、政治への思いを口にした

自身の選挙戦を振り返る森さん。「機会があったらまたチャレンジしたい」と、政治への思いを口にした

何億もかかる選挙は「ダメ」

 しかし、インターネットを中心にした選挙活動を「やってよかった」と森さんは言います。そこには、人手とお金がかかる一般的な選挙運動への批判があります。

 「今みたいに、何億も何十億もお金がかかるような選挙が続いちゃだめだと思うんです。僕の選挙活動にかかったお金は、1枚5円のポスター代だけで4千円弱。それも自腹です」

 「何年か後には、きっとこの『ネット選挙』の手法を取る人が出てくると思っています」

泡沫候補マニア・大川総裁のコレクション
前へ
羽柴誠三秀吉さんの自宅を訪問した大川総裁
次へ
出典:大川さん提供
1/13
前へ
次へ

あわせて読みたい

献立プランをことごとく狂わせられる。子どもの好き嫌い変化は突然に
献立プランをことごとく狂わせられる。子どもの好き嫌い変化は突然に
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
PR
裁判員裁判、死刑判決はいくつ? 有罪9744人、無罪は66人
裁判員裁判、死刑判決はいくつ? 有罪9744人、無罪は66人
岡田准一、小栗旬が日本映画のレジェンドと対談
岡田准一、小栗旬が日本映画のレジェンドと対談
PR
話せる?「AV強要問題」のこと すぐそばにいるかもしれない被害者
話せる?「AV強要問題」のこと すぐそばにいるかもしれない被害者
ターバンってどうやって洗うんですか?
ターバンってどうやって洗うんですか?
Q&A
雨雲レーダーに現れた円状の雲が謎すぎる 正体を気象庁に聞いてみた
雨雲レーダーに現れた円状の雲が謎すぎる 正体を気象庁に聞いてみた
文春が「スクープ泥棒」? 漫画家夫婦が描く、中吊り広告めぐる問題
文春が「スクープ泥棒」? 漫画家夫婦が描く、中吊り広告めぐる問題
「モアナ」の日本版ポスター「タトゥー」隠...
「モアナ」の日本版ポスター「タトゥー」隠...
中学教諭の6割「過労死ライン」… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
中学教諭の6割「過労死ライン」… 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く
まるで廃車!謎のプリウスの正体は… 所有者「次はフェラーリです」
まるで廃車!謎のプリウスの正体は… 所有者「次はフェラーリです」
「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃にビニール、死んだキリン
「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃にビニール、死んだキリン

人気

もっと見る