閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年06月24日

戻ってきた「何でも券」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く母と息子

  • 80749

戻ってきた「何でも券」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く母と息子=漫画は吉谷光平さん作

戻ってきた「何でも券」…〝30秒で泣ける〟漫画作者が描く母と息子=漫画は吉谷光平さん作

 むかし自分が母の誕生日にあげた「何でも券」。その意外な使われ方とは――。ツイッターで「30秒で泣ける」と話題になった漫画の作者、吉谷光平さんが、母と息子の関係について描きました。

【漫画のもとになった記事はこちら】母にあげた「何でも券」、10数年後に息子の元へ 意外な使い道に感動 - withnews

「なんでもけん」

「なんでもけん」

 北海道に住む18歳の男性。昨年まで高校でバスケットボールに打ち込む日々を過ごしていました。今から1年前、大会前に母から渡されたポチ袋。開会式の前にこっそり開けると、中には、むかし自分が母の誕生日にあげた「何でも券」が入っていて、「最後までしっかり動けますように」と書かれていました。

「なんでもけん」

「なんでもけん」

 「いつか使おうと思っていたんですが、機会がなくて神棚に置いてあったんです」と話す母。息子がケガ続きで最後まで走りきれず、コート内で悔しそうな表情をしていたのを何度か見かけていました。最後の大会で思う存分走ってほしいという思いを込めて書き、手渡したそうです。

「なんでもけん」

「なんでもけん」

 息子は、感謝の言葉を直接母に伝えていませんでした。それから1年がたち、自分のツイッターに「何でも券」の画像をつけて投稿すると、多くの人から「いい話すぎる」「泣きそうになった」と多くの反響が寄せられました。

「なんでもけん」

「なんでもけん」

 息子は照れくさそうに、こう話します。「ここまでバスケやってこれたのはお母さんのおかげ。『ありがとう』って思ってます。でも、『なんでもけん』は他にも数枚あると思うので、次はどんな使われ方をするのか、ちょっと心配です」

「なんでもけん」

「なんでもけん」

 【よしたに・こうへい】 26歳の漫画家。サラリーマン生活や漫画家アシスタントなどを経て、月刊スピリッツの「サカナマン」でデビュー。現在は月刊ヤングマガジンで「ナナメにナナミちゃん」を連載中。ツイッターで公開した2ページ5コマの漫画「男ってやつは」が〝30秒で泣ける〟と話題に。

〝30秒で泣ける漫画〟の作者・吉谷光平の世界
前へ
「親の教育」(1)
次へ
出典:作・吉谷光平
1/214
前へ
次へ

あわせて読みたい

出産してもシェアハウス、夫婦で社会実験中...
出産してもシェアハウス、夫婦で社会実験中...
手を洗おうとしてセンサーが反応しない、あの敗北感を克服したいです。
手を洗おうとしてセンサーが反応しない、あの敗北感を克服したいです。
Q&A
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
「待ってました!」のんさんが叫びたいほどの映画とは…
PR
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
「結婚しなくても幸せになれる時代、私は…」 ゼクシィCMに共感の声
「自分らしい」って?『ちょっと今から仕事やめてくる』トークショー
「自分らしい」って?『ちょっと今から仕事やめてくる』トークショー
NEW PR
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
なんで電車の中は禁酒にならないんですか?
Q&A
PTAの「おかしな正論」 このブラックさ…「...
PTAの「おかしな正論」 このブラックさ…「...
サラリーマン目線の広告に共感 「結局現場...
サラリーマン目線の広告に共感 「結局現場...
まるで廃車!謎のプリウスの正体は… 所有者「次はフェラーリです」
まるで廃車!謎のプリウスの正体は… 所有者「次はフェラーリです」
「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃にビニール、死んだキリン
「動物は人を楽しませる道具じゃない」 胃にビニール、死んだキリン
「かいじ君には、絶対、勝つ!」愛知から宣戦布告、「女神」の自信
「かいじ君には、絶対、勝つ!」愛知から宣戦布告、「女神」の自信
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い
「母を殺されたから人気者に…」旭山動物園、ヒグマ看板に込めた思い

人気

もっと見る