閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年02月26日

ニジマス「俺って外来種」「マジ?www」 水族館がLINE風解説

  • 222314

山の水族館に設置されているニジマスの解説文の一部

山の水族館に設置されているニジマスの解説文の一部

出典: 山の水族館提供

 北海道北見市にある「北の大地の水族館(山の水族館)」の館内にある解説板がツイッター上で話題になっています。ニジマスに関する説明が、メッセージアプリ「LINE」風になっているのです。それだけでも十分に目を引きますが、若者言葉で繰り広げられる会話の中身も「オチが面白い」と評判になっています。作成した副館長に話を聞きました。

山の水族館とは


 2012年にリニューアルした「山の水族館」は、東京のサンシャイン水族館などを手がけた水族館プロデューサー・中村元氏が展示の企画やデザインを担当。冬には屋外に設置された「四季の水槽」の水面が完全結氷し、氷の下で泳ぐニジマスやヤマメなどをガラス越しに観察できます。

 そんな水族館の「四季の水槽」に設置された解説板。ニジマスやヤマメ、ウグイなどが泳ぐ水槽の横に、ニジマスが「謎の魚」とLINE風の画面でやりとりしています。

展示されている解説文

展示されている解説文

出典: 山の水族館提供

これが話題の解説文

引用

 ニジマス「俺って外来種らしいんだけど知ってた?」

 謎の魚「は?マジ?www」

 ニジマス「マジ笑えねーガチで在来種だと思ってたわ」

 ニジマス「なんかひぃひぃひぃひぃひぃじいちゃんくらいがアメリカ?から連れてこられたらしいわ」

 謎の魚「まじかよ」

 謎の魚「でも別にお前悪くなくね?釣ったら楽しいとか食ったらうまいとか人気じゃね?」

 ニジマス「なんか、イトウとかいうヤツと繁殖期とか繁殖場所がかぶるらしくてダメとか言われたwwwいみわからんw」

 謎の魚「マジかーないわーじゃあイトウがいねーとこなら問題なくね?この辺だったらいねーからいいじゃん」

 ニジマス「俺って魚食うの好きじゃん?だからヤマメとかオショロコマとか食うのも良くないらしいんだよねーマジ絶望」

 謎の魚「俺の兄弟食ったのお前かよ」

 謎の魚「絶許」

引用

 途中まで好意的に話していた謎の魚が実はヤマメで、兄弟を食べられたことを知り、怒るというオチです。

 この解説板を見た人が画像つきでツイッターに投稿すると、リツイートは1日半で1万5千を超えました

ニジマスは外来種


 環境省などがつくっている「生態系被害防止外来種リスト」によると、ニジマスは「適切な管理が必要な産業上重要な外来種」とされています。

 日本へは1877年にカリフォルニア州から卵が持ち込まれたのが最初で、九州以北の冷水域で養殖され、釣魚として大量に放流されているそうです。また、在来魚類との競合や捕食が懸念され、北海道では在来サケ科魚類と競合しており、一部地域では在来種を駆逐しているとあります。

 水族館の解説文は、目を引きつつも、勉強になり、笑いもとれる仕掛けになっているようです。

給餌解説パフォーマンスの様子。イトウに生きたニジマスを捕食させる。生きたニジマスを生きたイトウが全力で追いかけ食べる瞬間を見てもらうことで、命と命のつながりや食物連鎖を実感してもらいたいという思いを込めている

給餌解説パフォーマンスの様子。イトウに生きたニジマスを捕食させる。生きたニジマスを生きたイトウが全力で追いかけ食べる瞬間を見てもらうことで、命と命のつながりや食物連鎖を実感してもらいたいという思いを込めている

出典: 山の水族館提供

作成した副館長に聞きました


 なぜ、こんな解説板を思いついたのか? 作成した副館長の山内創さん(28)に話を聞きました。

 ――思いついたきっかけを教えて下さい

 「北海道ではニジマスは釣りや放流で地元に根付いており、外来種と知らない方が多くいらっしゃると感じていました。そこで、このことを伝えたいと思ったんです」

 ――なぜLINE風にしたのですか

 「水族館の解説板は9割方、読まれていないと言われています。どうしたらニジマスのことを知ってもらえるかと考えた結果です」

 ――若者言葉ですね

 「若い来館者がそれほど多くないので、若い人に意識してもらえたらと工夫しました。若い人に聞かずに書いたので、ちょっと自信はありませんが」

 ――オチまでついています

 「これも最後まで読んでもらうための工夫です」

 ――「面白くて、ためになる」と評判です

 「思いつきでつくったものなので、反響にびっくりしています。たくさんの人に拡散することで水族館のことも知ってもらえますし、ニジマスの生態についても伝えることができたと思うので、うれしい限りです」

水族館のLINE風の解説がスゴイ ニジマスが衝撃の告白
前へ
山の水族館に設置されているニジマスの解説文
次へ
出典:山の水族館提供
1/26
前へ
次へ

リクエスト募集中

あなたの質問疑問をwithnews編集部が取材します。ログイン不要、10秒で入力。

リクエストを書く

あわせて読みたい

「日本経済、かなりヤバいよ!」 厚切りジェイソンの参院選攻略法
「日本経済、かなりヤバいよ!」 厚切りジェイソンの参院選攻略法
「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」
「舛添騒ぎ」猪瀬氏が思うこと 「徹底的に潰す…まるで人民裁判」
選挙ポスター、誰が貼ってる? 「あらゆるツテ頼る」 業者プランも
選挙ポスター、誰が貼ってる? 「あらゆるツテ頼る」 業者プランも
図書館で6歳児「魔法を使いたい」 女性司書...
図書館で6歳児「魔法を使いたい」 女性司書...
高齢出産は“恥”なのか?ママ友に言われた言葉から、子育てを考える
高齢出産は“恥”なのか?ママ友に言われた言葉から、子育てを考える
「本読まない政治家ばかり」 国会の本屋「五...
「本読まない政治家ばかり」 国会の本屋「五...
古鉛筆から花が咲く! 土に植えて発芽、ムダなく使える 特許も出願
古鉛筆から花が咲く! 土に植えて発芽、ムダなく使える 特許も出願
怖すぎる絵本「わかってほしい」の真意 20歳まで虐待受けた作者語る
怖すぎる絵本「わかってほしい」の真意 20歳まで虐待受けた作者語る
最近、夕飯の味に違和感が・・・それ、後妻業に狙われているかも!?
最近、夕飯の味に違和感が・・・それ、後妻業に狙われているかも!?
PR
ネット炎上、1枚の写真で伝える防止法 年3...
ネット炎上、1枚の写真で伝える防止法 年3...
風営法変えた戦略的ロビー活動 Zeebraが語るストリートの思想
風営法変えた戦略的ロビー活動 Zeebraが語るストリートの思想
あっ、クマが泳いでる! 群馬のダム湖面、巡視中の職員が偶然激写
あっ、クマが泳いでる! 群馬のダム湖面、巡視中の職員が偶然激写
Ads by Google
Ads by Google

人気

  • 東京書籍提供

    銭湯・ぜんざい・タマゴサンド…東西でこんなに違う? 比較本が人気

    • 29289

  • ガチャ確率公開、各社の対応は? 2強メーカー「予定なし」の理由

    • 18546
  • Conobie

    夫婦のスレ違いを生む「察してコミュニケーション」してませんか?

    • 2976

  • 担々麺を「汁あり」に変えた、伝説の料理人 本場中国にも逆輸入

    • 521

  • 投票率85%「明るい選挙の村」の秘密 立ちはだかる18歳選挙権

    • 422

もっと見る