閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2016年02月10日

ボードゲームファン急増中 電気使わない、渋すぎる世界の魅力とは?

  • 12344

ゲームデザイナーの佐々木隼さん(左)と、長男の吾朗くん。第1回「ゲームマーケット大賞」に輝いた「海底探険」を発案した

ゲームデザイナーの佐々木隼さん(左)と、長男の吾朗くん。第1回「ゲームマーケット大賞」に輝いた「海底探険」を発案した

 「渋すぎるボードゲーム」として話題になった「枯山水」をはじめ、ボードゲームやカードゲームなど、電気を使わない「アナログゲーム」の人気が高まっています。国内最大規模の展示会「ゲームマーケット」は、2015年から「ゲームマーケット大賞」を設立。第1回の大賞に輝いた「海底探険」は、ゲームデザイナー佐々木隼さん(36)と、長男で小学2年生の吾朗くん(8)の初めての合作です。吾朗くんが隼さんに話したストーリーを元に、このゲームが誕生しました。お二人に、受賞への思いや今後のゲームづくりについて話を伺いました。

アナログゲーム人気、SNSが一役?

 2015年11月に開かれた「ゲームマーケット2015秋」には、408ブースが出展。2013年の開催時には5000人だった来場者数は、過去最多の9500人に達しました。ゲームマーケット事務局の責任者を務める、株式会社アークライトの刈谷圭司さんによると、かつては来場者のほとんどが男性だったそうですが、ここ数年で徐々に女性やファミリー層が増えてきているそうです。

 アナログゲームファンが拡大している理由について、刈谷さんは「SNSの発達」を挙げます。SNSで気軽に連絡を取り合えるようになったことで、ファンが集まって様々なゲームを遊ぶ「ゲーム会」の調整が楽になり、特に首都圏ではたくさんのゲーム会が開かれるようになっているといいます。


出典:ゲームマーケット大賞の審査員を務める、秋山真琴さん主催のゲーム会「ミスボド」の告知ツイート

 またSNSが普及したことで、かえって直接顔を合わせて遊べるアナログゲームの価値が高まり「良質なコミュニケーションを促すボードゲームが、世の中に好意的に受け止められているのではないか」と、刈谷さんは見ています。更にアナログゲームで遊んだ人が「楽しかった」などの感想をSNSで発信することが「ボードゲームユーザーの拡大につながり、ひいてはゲームマーケット来場者の拡大につながっているのではないか」と推測。SNSを通じて、アナログゲームが広がる好循環が起こっているのでは、と指摘します。

 ゲームマーケット事務局は「日本のボードゲームデザイナーさんの努力に報いたい。また普段ゲームを遊ばないような方々が、何で遊べばいいのか迷わないよう、一つの指針となれば」という思いから、2015年に「ゲームマーケット大賞」を設立。500作品を超える新作の中から第一回大賞を受賞したのが、ゲームデザイナー佐々木隼さん(36)と、長男・吾朗くん(8)が作者の「海底探険」というゲームです。

「海底探険」の作者、佐々木隼さん(左)と吾朗くん。吾朗くんが将来なりたい職業の候補はたくさんあるそうですが「ゲームを作る人」もそのひとつ

「海底探険」の作者、佐々木隼さん(左)と吾朗くん。吾朗くんが将来なりたい職業の候補はたくさんあるそうですが「ゲームを作る人」もそのひとつ

小1発案のアナログゲームが初の大賞に

 「海底探険」は、各プレイヤーが探検家となって海底に眠る財宝を取りに行く、サイコロを使ったすごろくのようなゲーム。探検家全員で共有している空気がなくなる前に、より多くの財宝を潜水艦に持ち帰ったプレイヤーが勝ちとなります。深く潜れば潜るほどレベルの高い財宝を得られるのですが、財宝をたくさん持つとそのぶん重くなるため、進める数が減ってしまうだけでなく、空気の減りが早くなります。潜水艦まであと少し……というところで空気がなくなってしまうこともしばしば。プレイヤーの人数やゲームの進め方によってゲーム展開が変わるため、何度も楽しめるゲームです。

 株式会社オインクゲームズの代表取締役を務める佐々木隼さんは、これまでにゲームデザイナーとして「小早川」や「藪の中」などの作品を発表してきました。「数年前から、吾朗と一緒にお風呂に入っているときとかに、ゲームを作るうえで苦労していることを話していました。そうすると、吾朗も『こんなのがいいんじゃない?』と一緒に考えてくれるんです」

ゲーム「海底探険」。潜水艦を起点として、レベル別にチップをつなげていく。潜水艦から遠い方が、深海になる

ゲーム「海底探険」。潜水艦を起点として、レベル別にチップをつなげていく。潜水艦から遠い方が、深海になる

ゲーム「海底探険」の潜水艦ボードとコマ。ボードには、空気の残量を示す目盛りがついている

ゲーム「海底探険」の潜水艦ボードとコマ。ボードには、空気の残量を示す目盛りがついている

 「海底探険」も、そんな親子の会話から生まれたもの。当時小学1年生だった吾朗くんが、テレビゲームのひとつをきっかけに「みんなで海の中に潜って、宝をとって潜水艦に戻ってこなければならない」というストーリーを、隼さんに話しました。隼さんによると「ゲームの核となる、『財宝を拾えば拾うほど、重くなって潜水艦に戻りにくくなる』というジレンマが、吾朗が考えたストーリーには最初から組み込まれていた」そうです。

 吾朗くんのストーリーをベースに、隼さんがルール化してゲームを作り上げていき、3カ月ほどでゲームが完成しました。「子どもと大人が同列に遊べるゲームにしたいと思っていた」と隼さん。サイコロの出目が安定するよう、あえて1から3までの目のサイコロを2つ使うなど、工夫をこらしました。2014年10月の発売以来、売れ行きは好調でおよそ1万個売れているといいます。

箱の側面には

箱の側面には"Designed by Jun Sasaki and Goro Sasaki"の文字

 2015年11月に開催された秋のゲームマーケットで、「海底探険」は第1回ゲームマーケット大賞を受賞。審査員からは「隅々までよく練られたルール」「初めてボードゲームを遊ぶ方に勧めやすく、ゲームに慣れ親しんだ者同士でも、息が詰まる白熱の展開が楽しめる」(ゲームマーケットの公式サイトより)などと評価されました。

 受賞した瞬間は「緊張とびっくりしか、ありませんでした」と吾朗くん。受賞後は「海底探険」の箱にサインを求められることがあり「そこは恥ずかしい」と少しはにかんでいる様子でした。小学校に提出する日記に受賞のことを書いたり、日直当番のスピーチで話をしたりしたそうです。

 一方、隼さんは「特にボードゲームの制作を始めた当初は不慣れなことも多く、ファンの方々から厳しい意見をもらうこともありました。でも大賞をとったことで、ある程度は受け入れられた感じがして、感慨深かったです」と振り返ります。

財宝のチップや潜水艦のボード、カラフルなコマなどのデザインも「海底探険」の魅力のひとつ

財宝のチップや潜水艦のボード、カラフルなコマなどのデザインも「海底探険」の魅力のひとつ

「ジレンマがあるゲームがいい」

 隼さんと一緒にゲーム会に行くこともあるという吾朗くん。大人に勝つこともしばしばあり、勝ったときは「めちゃくちゃ強いボスを倒した感じがする」そうです。

 「ジレンマがあるゲームがいいなって思う。そのゲームで悩んだり、ドキドキしたりするのが好き」。佐々木さん親子と3人で「海底探険」をプレイしてみたところ、財宝を拾うか拾わないかを選択する場面で「うーん……拾わない!」などと迷う様子が、非常に楽しそうでした。


 ゲーム会にノートを持参し、思いついたことや面白かったことを書いているという吾朗くんは、「海底探険」以降も、ゲームの元となるストーリーやアイディアを隼さんに話しているそうです。その中から、隼さんがゲームにしてみたいと考えているのは「サーカス」と「クモの巣」をテーマにしたもの。ゲームが大好きな2人の合作が、また誕生するのか。人気拡大中のアナログゲームと共に、佐々木さん親子のこれからにも注目です。

     ◇

 ゲーム「海底探険」は、オインクゲームズのサイトのほか、アマゾンやゲーム専門店などで購入することができます。価格は2376円(税込)です。

ゲームデザイナーの佐々木隼さん(左)と、長男の吾朗くん

ゲームデザイナーの佐々木隼さん(左)と、長男の吾朗くん

******************************
★アンケートに答えてプレゼント企画実施中★
withnewsでは、よりよいサイト運営のためのアンケートを実施中です。
お答えいただいた方の中から抽選で、App storeギフトカード3千円分を15名様にプレゼントします。回答は2~3分で終わりますので、ご協力よろしくお願いします。
ご応募はこちらから

ボードにコマにチップ ゲーム「海底探険」はデザインも魅力!
前へ
潜水艦を起点として、レベル別にチップをつなげていく。好きなように並べるのが楽しい
次へ
1/11
前へ
次へ

Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
ペン不要!答えたくなるアンケート用紙 採...
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
サドル低すぎ!福井の高校生「謎ルール」 おしゃれ?悪ぶってる?
どん兵衛、なぜラッセンとコラボ? シャチとかき揚げ、日清に聞いた
どん兵衛、なぜラッセンとコラボ? シャチとかき揚げ、日清に聞いた
NEW
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
超危険!おんぶ自転車、衝撃の実験結果 「無いと困る…」悩む保護者
超危険!おんぶ自転車、衝撃の実験結果 「無いと困る…」悩む保護者
ジャニーズ中国人ファンが心配する「転売禁止」 爆買いツアーの実態
ジャニーズ中国人ファンが心配する「転売禁止」 爆買いツアーの実態

人気

もっと見る