閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年10月25日

これは「反日」映画なのか?捕虜虐待の軍曹役、MIYAVIの心境

  • 59680

映画「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん。苛烈な日本人軍曹役を演じた=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

映画「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん。苛烈な日本人軍曹役を演じた=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

 「日本軍の捕虜虐待を強調している」――。作品や原作に対するそんな反発が米国での公開前からネットを中心に広がり、日本での公開が一時は暗礁に乗り上げたアンジェリーナ・ジョリー監督の米映画「不屈の男 アンブロークン」。「反日」批判から劇場探しも難航したが、ようやく来年2月、まずは東京で公開されることになった。世界ツアーなどを重ねるミュージシャンのMIYAVIさん(34)が、捕虜に苛烈な態度をとり続けた実在の渡辺睦裕軍曹役をなぜ演じ、批判をどう受け止めたか。ロサンゼルスで語ってもらった。

「受けるつもりはありませんでした」

 2013年5月ごろ、東京の事務所にキャスティングディレクターの奈良橋陽子さんがやって来ました。彼女は映画については触れず、「どういう音楽をしてるんですか」「どんな映画が好きですか」と聞いてきた。「どういう俳優が好きですか」という質問には、ほんとにたまたまなんですが、「アンジェリーナ・ジョリー」と答えた。奈良橋さんはそれでも何も言わず、「英語で何か話してください」と僕の動画を撮影しました。

 出演依頼について聞かされたのはその後です。アンジーはネットで僕の動画も見たようです。

 でも、受けるつもりはありませんでした。まず、自分には演技の経験がない。脚本の内容を聞き、賛否両論を巻き起こす可能性を感じたこともありました。

 アンジーと会ったのはその年の7月。ブラッド・ピット主演「ワールド・ウォーZ」のプロモーションのため、一緒に来日していた。ブラッドはすごく気さくで、部屋に入ってきた瞬間、「WHAT’S MY NAME? WHAT’S MY NAME?」って、僕の曲を口ずさんだんですよ。アンジーをすごくサポートしてました。

 でもその時も、出演は決心していなかった。だけどアンジーが開口一番、こう言ったんです。「ルーイ(ザンペリーニ)の人生を通じて、どれだけ人間が強くあれるか、ゆるせるかというメッセージを届けたい。そのためには軍曹の役が必要。すごくセンシティブだけれども、そこを乗り越えたメッセージを日本の人にも伝えたい」。僕が音楽でやろうとしていることと、すごく近いと思った。

ルイス・ザンペリーニと、アンジェリーナ・ジョリー監督=オールスター/ユニバーサル・ピクチャーズ

ルイス・ザンペリーニと、アンジェリーナ・ジョリー監督=オールスター/ユニバーサル・ピクチャーズ

「どのみち誰かがこの役をやるなら、僕が」

 戦争といってもいろんな見方や意見、立場がある。同じ日本軍にも捕虜と一緒に音楽を作ったり、いい関係を作ったりした人たちもいる。その中で、渡辺軍曹がどうであったか。お会いしたことがないので僕たちの描写がすべて正しいとは言えませんが、戦争という、一部を除いて誰も望まない状況の中で、渡辺氏も含め、みんなが葛藤を抱えていたと思う。

 ルーイ自身、本当に苦しい時間を過ごした日本に戻ってきて、地元の人たちや子どもたちと長野五輪の聖火リレーで走り、みんなが笑顔になった。アンジーはこの瞬間にかけて全てを作り上げた。僕もその実際の映像を見て、やる意義があると思った。これを届けるためなら僕は悪役にだってなるし、でもただの悪役ではなく、人間性を含めて演じたいなと思いました。どれだけできるか、不安もありましたが、どのみち誰かがこの役をやるなら、僕が責任をもってやりたいと思いました。

 渡辺謙さんたち日本の俳優を世界に出そうとやってきた奈良橋さんがこの作品に関わっていることも、出演を決めるうえで、すごく大きな判断材料になりました。

「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

「撮影中は、よく瞑想してました」

 撮影中もいろいろ悩みながら、自分なりに、憂いの部分を表情や言葉で出すようにしました。撮影中は、よく瞑想(めいそう)してましたね。

 渡辺氏の手記も読みましたが、彼もお母さんに会いたい気持ちがあった。戦争中も、日本が負けていく中で、恐れがあったと思う。

 ルーイとは米国で会うことができた。渡辺氏と会うことができなかったルーイが、僕と会ってどんな反応をするか、アンジーもプロデューサーもすごくナーバスになっていたんですが、ルーイはほんとに陽気で、一緒に連れて行った僕の娘たちと遊んだりして、チャーミングだった。
 ルーイは「僕は何もいま思っていない。渡辺氏に会いたかったのは、それを伝えたかったためだ。長野五輪の聖火リレーに参加したのもほんとに大事な思い出だ」と話していた。渡辺氏の親族にも伝えてほしい、と言っていた。

 同じ直江津捕虜収容所にいた元米兵にも会いました。彼は戦後、直江津に行っていて、実は日本食が一番好きだそうです。

「不屈の男 アンブロークン」から (C)2014 UNIVERSAL STUDIOS

「不屈の男 アンブロークン」から (C)2014 UNIVERSAL STUDIOS

「『偏った反日映画』とは、まったく思っていない」

 2020年に東京五輪を迎える。同じことを絶対、繰り返しちゃいけない。過去を忘れると、同じことを繰り返してしまいかねないと思う。戦争がいかにむごいか、僕たちに何をもたらすか。この作品は国境を超えた教訓になると僕は思う。日本がダメだという話ではない。

 この作品が「偏った反日映画」だとは、僕は一貫してまったく思っていない。むしろ逆です。原作の記述には異論があり、だから僕は懸念していました。でもアンジーは、映画は原作とは切り離して、ルーイの人生や強さに焦点を当てたいと言った。正直、日本人として見るのは心が痛い部分もありますが、日本が70年、戦争してこなかったことに対して、もっとプライドや自信を持つべきだと思う。あの戦争を乗り越えられているなら、受け入れられるはずだと僕は思う。ルーイも、乗り越えた時に初めてゆるすことができたんだと思う。

 米国の人たち、日本のことが大好きですよ。日本がその後、戦争していないことをみんな知っている。それゆえの敬意がある。日本を嫌いな人に会ったことないですよ。「シンドラーのリスト」を見てドイツを嫌いにならないでしょう。

 一方、この映画に出演したことで、ネットで僕は「反日」だと言われています。オヤジは在日コリアンから日本国籍を取得、母は日本人。つまり僕はハーフコリアンですが、日本人として生まれ、日本人として育ってきた。韓国語はまったくしゃべれないし、サッカーや野球の日韓戦では当たり前に日本を応援してきた。海外でプレーする時も日本人としてやってきた。僕は日本で活動し、ファンもたくさんいる。日本のことを悪く言うだけの映画だったら出るつもりはなかった。

「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

「もうこれからは当たり前に世界の中の日本」

 日本の人たちにもこの作品を見てほしい。今年1月の放送映画批評家協会賞授賞式でも、隣に座っていたアンジーが「ルーイの人生を通して平和のメッセージが届けばいいね」って話していました。

 昨年6月、ロサンゼルスに拠点を移しました。日本向け、世界向け(と分けるの)じゃなくて、もうこれからは当たり前に世界の中の日本。それが音楽家としてあるべき姿だと思う。

 昨年末にNHK紅白歌合戦の出演が終わると、すぐに米ナッシュビルに飛び、(複数のミュージシャンで楽曲を作る)「ライティング・セッション」をやった。放送映画批評家協会賞授賞式では、以前日本で前座をやったことのあるジャレッド・レトに久しぶりに会い、「『アンブロークン』見た。すごいよかったよ~」と言われました。ニューヨークではクリス・コーネルと会ったりして。米国ではグラミー賞受賞者など歴史を作ってきた人たちと会える機会が多くて、刺激を受ける。音楽家として、そういう環境に自分を置きたかった。

「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影

「外のことを知らないと、自分のこともわからなくなる」

 英語を勉強し始めたのは約8年前。それまでアジアや欧州に行ったことはありましたが、通訳を介したコミュニケーションと、直接やりとりするのとでは全然違うと感じた。音楽に言葉はいらないとはいえ、僕はもっともっと勉強したいと思い、当時、音楽活動をいったんやめてロサンゼルスに来ました。

 在米中は発電機を買って、カリフォルニア州のベニスやサンタモニカの海岸沿いでストリートパフォーマンスをやってました。ダンサーの友達を作り、踊ってもらって。ロックやジャズ、ヒップホップ、ポップは西洋の文化。そこから何かを得るには英語が必要だった。その中でアジア人の自分がギターを弾く意味を見つけたかった。

 語学学校に行き、わからない単語はすぐ聞き、友達をいっぱい作った。毎晩勉強しましたが、ほんとに、泣いてました。その時間は本来音楽に費やせるはずなのに、英語という基本スキルがないことへのフラストレーションがあった。今でも、それはある。

 渡米は5歳と4歳の娘たちの教育のためでもあります。これからの時代、ネットと英語は必須。日本語の教育もし、日本文化も大事にしながらですが、世界で当たり前に戦える土壌にいさせてあげたい。外のことを知らないと、自分のこともわからなくなるのではないか。そんな風に思っています。(聞き手・藤えりか)

「反日」批判を覚悟、軍曹役引き受けたミュージシャン・MIYAVI
前へ
アンジェリーナ・ジョリー監督の米映画「アンブロークン」に出演したギタリストのMIYAVIさん=米ロサンゼルス、鈴木香織氏撮影
次へ
1/20
前へ
次へ

あわせて読みたい

「費用ゼロ」のホームドア 「歩きスマホ」やめたらできたこと
「費用ゼロ」のホームドア 「歩きスマホ」やめたらできたこと
直虎の運命、過酷すぎ! フィアンセ失踪・出家・謀殺…大河主人公
直虎の運命、過酷すぎ! フィアンセ失踪・出家・謀殺…大河主人公
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で完売、販促品から個人用に
『腕時計用カレンダー』根強い人気 数分で完売、販促品から個人用に
圧巻!6万個の「数字の森」 新美、全展示写真OKで2万RT投稿も
圧巻!6万個の「数字の森」 新美、全展示写真OKで2万RT投稿も
北九州の新成人 「派手な衣装=式を妨害したい人」じゃなかった…!
北九州の新成人 「派手な衣装=式を妨害したい人」じゃなかった…!
亡き猫からの贈りもの 家族の再会綴った正...
亡き猫からの贈りもの 家族の再会綴った正...
トランプ夫人、やはりボディコン風で就任式 歴代夫人はどんな装い?
トランプ夫人、やはりボディコン風で就任式 歴代夫人はどんな装い?
ポール・マッカートニー来日 伝説のステージをお見逃しなく!
ポール・マッカートニー来日 伝説のステージをお見逃しなく!
PR
成人式の日の朝、家族が思わず涙した理由とは?
成人式の日の朝、家族が思わず涙した理由とは?
PR
JASRACは、なぜ嫌われるのか?
JASRACは、なぜ嫌われるのか?
Q&A
フィンランド人が日本でCEOやってみたら…下...
フィンランド人が日本でCEOやってみたら…下...
ゾンビのように広がる長時間労働 「脱社畜ブログ」が決めた撤退基準
ゾンビのように広がる長時間労働 「脱社畜ブログ」が決めた撤退基準

人気

もっと見る