閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年06月03日

もも味・バナナ味ポテトチップス「ライバルはLINE」湖池屋の戦略

  • 27210

ポテトチップス「バナナ味」と「もも味」を開発した湖池屋の江口まいさん

ポテトチップス「バナナ味」と「もも味」を開発した湖池屋の江口まいさん


 湖池屋が発表したポテトチップスの「バナナ味」と「もも味」は、その斬新さから注目を集めました。およそポテチらしからぬコンセプト。開発陣からは「ライバルはLINEだった」という意外な言葉が。突拍子もない商品が生まれた背景には、スナック菓子の置かれた環境の変化がありました。

ポテチ老舗としての危機感

 2015年5月に発売された「バナナ味」と「もも味」は、「朝食としてのポテチ」という発想から生まれました。当初は、暖かくなる季節に合わせて「がっつりした肉系」という案も出ました。しかし「『暑い=肉』じゃベタ過ぎる」ということでボツになったそうです。

 開発陣がこだわったのは意外性です。そこにはスナック菓子の老舗としての危機感がありました。開発を担当した江口まいさんがこだわったのが「コミュニケーションツールとしてのお菓子」でした。

話題を集めた湖池屋のポテトチップス「もも味」「バナナ時」

話題を集めた湖池屋のポテトチップス「もも味」「バナナ時」

「突っ込みどころ満載のコンセプト」

 湖池屋によると、スナック菓子のユーザーは年々、高齢化が進んでいます。以前は、上の年代はおせんべい、若者はスナック菓子という区分けが出来ていたそうです。ところが今は、小さいころにスナックで育った40歳から50歳がスナック菓子のメインユーザーに。一方の若者は、お菓子も一人で食べる孤食化が進み、健康志向も強まり、そこに趣味趣向の多様化などが重なり、スナック菓子離れが進んでいるそうです。

 「そして、今や、ライバルはLINEなんです」と江口さんは強調します。若者にとって大事なのはコミュニケーションツール、つまり、話題になっているもの、ネタにできるものです。スナック菓子にとっては、コンビニのレジ前のドーナツと同じくらい、手頃な値段のLINEスタンプは競合品になっています。

 芸能人のゆるキャラや、膨大なアマチュアクリエーターから繰り出される個性的なLINEスタンプに勝てる商品は何か。江口さんは「行き着いたのが、ポテチで朝食という突っ込みどころ満載のコンセプトでした」と言います。

お菓子メーカーの湖池屋がライバル認定した「LINE」

お菓子メーカーの湖池屋がライバル認定した「LINE」

パッケージにも秘密が

 反響は想像以上でした。発表と同時にネットメディアが記事化。ツイッターでは「本気で言ってるのか?」や「・。・っ」などの声があふれました。「でも『ちゃんとおいしい』というレベルの味にはこだわっています…そこは老舗としてのプライドをかけて追求しました」と江口さん。

 実はパッケージにも「二度見」させる工夫が仕込まれています。「もも味」はピンク、「バナナ味」は黄色です。湖池屋にとって、ピンクはガーリック味、黄色はのり塩味の色でした。手に取った人が「ん?いつもと違うかも」と思わせる、自社のブランディングを逆手に取ったデザインだったのです。

「二度見」を誘うため、定番商品のパッケージとあえて同じ色に

「二度見」を誘うため、定番商品のパッケージとあえて同じ色に

コミュニケーションツールとしてのお菓子追求

 元々、ポテトチップスの老舗ながら、激辛のスナック菓子「カラムーチョ」など個性的な製品を生み出してきた湖池屋。そこには、おいしさはもちろん、話題になることを追い求める姿勢がありました。

 コミュニケーションツールとしてのお菓子を追求するため、国内のソーシャルメディアはもちろん、海外スターのインスタグラムまでチェックしているという江口さん。「これからも、我々にしかできないチャレンジングなものを生み出していきたい。『湖池屋が今度は何かをやるのか』という期待に応えたいです」

開発を担当した江口まいさん

開発を担当した江口まいさん


リクエスト募集中

あなたの質問疑問をwithnews編集部が取材します。ログイン不要、10秒で入力。

リクエストを書く

あわせて読みたい

ゆとり世代へ…銀座のママの“体張った”教え 「叱られればいいの」
ゆとり世代へ…銀座のママの“体張った”教え 「叱られればいいの」
くまモン励ますパンダの絵 中国の老舗雑誌...
くまモン励ますパンダの絵 中国の老舗雑誌...
温水洗浄便座、拭いてから使う? 使ってから拭く?
温水洗浄便座、拭いてから使う? 使ってから拭く?
Q&A
タトゥー団体、2万3千筆の署名提出  「規制に無理ある」法整備求める
タトゥー団体、2万3千筆の署名提出 「規制に無理ある」法整備求める
鑑識課員のミニカー改造技術がプロ級 リアルな赤色灯 捜査でも活躍
鑑識課員のミニカー改造技術がプロ級 リアルな赤色灯 捜査でも活躍
ツイッター駆使する熊本市長 顔が見えるメ...
ツイッター駆使する熊本市長 顔が見えるメ...
「舛添要一朝までファミコン」を入手 ゲームでは歯切れよくコメント
「舛添要一朝までファミコン」を入手 ゲームでは歯切れよくコメント
「15歳の妊婦」の衝撃 中国の留守児童、「自撮り」写真の深刻さ
「15歳の妊婦」の衝撃 中国の留守児童、「自撮り」写真の深刻さ
写真を超えた鉛筆画、ぺン1本で描く女優た...
写真を超えた鉛筆画、ぺン1本で描く女優た...
CG女子高生「Saya」が超リアル 「不気味の谷」超えた執念の手描き
CG女子高生「Saya」が超リアル 「不気味の谷」超えた執念の手描き
もしラブドールが「妊娠」したら…芸大院生が...
もしラブドールが「妊娠」したら…芸大院生が...
まるでCG! 驚きの色鉛筆アート 濃淡を駆使、作者の女性に聞く
まるでCG! 驚きの色鉛筆アート 濃淡を駆使、作者の女性に聞く

人気


  • 「無理です」は可能性つぶす?…「30秒で泣ける」漫画作者が描く同僚

    • 40646
  • 蒲郡市立図書館提供

    図書館で6歳児「魔法を使いたい」 女性司書が神対応、我が子に重ね

    • 35900
  • りりぃさん提供

    まるでCG! 驚きの色鉛筆アート 濃淡を駆使、作者の女性に聞く

    • 15944
  • 朝日新聞

    飼育員の事故、環境の変化… ゾウの「はな子」、波瀾万丈の69年

    • 6277

  • 「本読まない政治家ばかり」 国会の本屋「五車堂書房」おやじの嘆き

    • 1585

もっと見る

Ads by Google
Ads by Google