閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年04月25日

横浜弁じゃなかった「~じゃん」 はまっ子の自信が生んだ勘違い

  • 26442

高層ビルや観覧車の光が美しい「みなとみらい」の夜。発展した横浜の自信が「じゃん」の勘違いを生んだ

高層ビルや観覧車の光が美しい「みなとみらい」の夜。発展した横浜の自信が「じゃん」の勘違いを生んだ


 「そう言ったじゃん」「いいじゃんよ」。語尾につく「じゃん」は横浜弁とも言われていますが、「三河地方では昔からじゃんを使っている」「山梨こそ本家だ」と各地から名乗りが上がっています。果たして「じゃん」の発祥地はどこなのでしょうか?

「横浜発祥ではありません」

 「横浜発祥ではありません」と言うのは国立国語研究所の井上史雄客員教授です。

 「いろいろな説がありますが、静岡あたりから東海道を伝って人口とともに流入したと思います。戦前にはすでに横浜に『じゃん』はあった」。

 「じゃん」は、横浜の発展と共に流入した人々によって、もたらされた言葉のようです。

東海道五十三次「庄野」=2014年4月9日

東海道五十三次「庄野」=2014年4月9日

出典:朝日新聞

富士山の裾野のように

 井上さんは、1980年代、横浜から大阪までの東海道線沿線の各駅で、「じゃん」がどれぐらい地域に浸透しているか、年代別に調査しました。その浸透度合いや文献などの調査から、静岡、山梨を中心に「富士山の裾野のように」三河や横浜に広がっていったと結論づけています。

 横浜には戦前、輸出用のお茶を蒸す仕事があり、静岡などからも多くの女性が働きに来ていました。「言葉は、よそ者の若い女性の間でぱっと広がる。紡績やお茶の工場で働く女性を通じ、入ってきたのでは」。開港以来、全国各地から人を受け入れてきた横浜には、外から来たものを柔軟に受け入れる風土があったため、言葉も広まったのだといいます。

1935(昭和10)年ごろの横浜・中華街大通り入り口の絵はがき(横浜開港資料館所蔵)

1935(昭和10)年ごろの横浜・中華街大通り入り口の絵はがき(横浜開港資料館所蔵)

出典:朝日新聞

方言に引け目感じない「はまっ子」

 では、なぜ「じゃん」が横浜弁として全国で認知されるようになったのか。井上さんは「発展に伴い、横浜の文化に自信がついた」ためと推測しています。

 1970~80年代には、ロックグループ「横浜銀蠅」など独自の文化が「かっこいい」と全国に発信されていきました。井上さんは、自分たちが話す言葉を「方言」として引け目を感じることなく、使っていたことも一因とみています。

 「じゃんは、横浜の多様性を象徴するものでもあります」

大勢の人で賑わう横浜・赤レンガ倉庫=2015年3月28日

大勢の人で賑わう横浜・赤レンガ倉庫=2015年3月28日

出典:朝日新聞


あわせて読みたい

アイドルオタク「推しごと図鑑」 箱推し・...
アイドルオタク「推しごと図鑑」 箱推し・...
NISSINのロゴ、逆さに読んでも同じ 実は意図せずデザインしていた?
NISSINのロゴ、逆さに読んでも同じ 実は意図せずデザインしていた?
ターバンってどうやって洗うんですか?
ターバンってどうやって洗うんですか?
Q&A
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
「のん」のやりたいことをやりきったあーちすと魂炸裂の一冊
PR
自動車教習所「いっそのこと食べ放題!」 快適化が止まらない理由
自動車教習所「いっそのこと食べ放題!」 快適化が止まらない理由
「障害者を理解する」より「困ってる人に声...
「障害者を理解する」より「困ってる人に声...
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
真相・妻や娘が枕のニオイを指摘する本当の理由は加齢臭ではなかった
PR
ブラック部活、遅すぎる「完全下校時間」 学...
ブラック部活、遅すぎる「完全下校時間」 学...
東京ガス「火ぐまのパッチョ」、会社案内で「大人の恋」を演じた理由
東京ガス「火ぐまのパッチョ」、会社案内で「大人の恋」を演じた理由
NEW
WBC、プエルトリコが「金髪」にしてまでこだわる「悲願」
WBC、プエルトリコが「金髪」にしてまでこだわる「悲願」
首相「不愉快」と逆上、重鎮は即会見 あの...
首相「不愉快」と逆上、重鎮は即会見 あの...
センバツ注目、キレキレダンスのちびっ子球児! 福井の「かいじ君」
センバツ注目、キレキレダンスのちびっ子球児! 福井の「かいじ君」

人気

もっと見る