閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年03月31日

「大学に行くとは〝海を見る自由〟を得るため」 あの名物校長が退任

  • 50980

3月末で退任する立教新座中学・高校の渡辺憲司校長

3月末で退任する立教新座中学・高校の渡辺憲司校長



 立教新座中学・高校の渡辺憲司校長(70)が3月末をもって定年退任します。4年前の2011年、東日本大震災の影響で卒業式が中止になった卒業生へのメッセージをホームページに載せたところ、大きな反響を呼びました。「大学に行くとは『海を見る自由』を得るためなのではないか」。そう記した渡辺さんに、新生活を始める人に贈る言葉を聞きました。

2011年に公開したメッセージとは


 4年前の2011年、学校の卒業式は3月14日に予定されていました。その3日前に震災が起こり、生徒の安全を考えて式は中止に。そこで「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ」と題した校長メッセージを学校ホームページに載せました。冒頭で祝意を述べた後、こう切り出します。

 このメッセージに、2週間前、「時に海を見よ」と題し、配布予定の学校便りにも掲載した。その時私の脳裏に浮かんだ海は、真っ青な大海原であった。しかし、今、私の目に浮かぶのは、津波になって荒れ狂い、濁流と化し、数多の人命を奪い、憎んでも憎みきれない憎悪と嫌悪の海である。これから述べることは、あまりに甘く現実と離れた浪漫的まやかしに思えるかもしれない。私は躊躇した。しかし、私は今繰り広げられる悲惨な現実を前にして、どうしても以下のことを述べておきたいと思う。私はこのささやかなメッセージを続けることにした。

出典: 立教新座中学・高校のホームページ

 大学で学ぶとは、どういうことなのか? 他の道を行くことと何が違うのか? 具体例を挙げた後に持論を述べます。

 誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。

 大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。

 言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。

 中学・高校時代。君らに時間を制御する自由はなかった。遅刻・欠席は学校という名の下で管理された。又、それは保護者の下で管理されていた。諸君は管理されていたのだ。

 大学を出て、就職したとしても、その構図は変わりない。無断欠席など、会社で許されるはずがない。高校時代も、又会社に勤めても時間を管理するのは、自分ではなく他者なのだ。それは、家庭を持っても変わらない。愛する人を持っても、それは変わらない。愛する人は、愛している人の時間を管理する。

 大学という青春の時間は、時間を自分が管理できる煌めきの時なのだ。

出典: 立教新座中学・高校のホームページ

 そして、具体的な行動として「海を見よ」と訴えます。

 時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。

 悲惨な現実を前に、孤独を直視して大海原に漕ぎ出して行けというメッセージ。事前に文章の原型を書き上げていましたが、震災発生を受けて、より現実に即した形で再構成したといいます。掲載すると瞬く間にツイッターを中心に拡散しました。

(全文)卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ

「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ」と題したメッセージ

「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ」と題したメッセージ

出典: 立教新座中学・高校のホームページ

(全文)卒業式を中止した立教新座高校 3 年生諸君へ

遊郭研究の第一人者


 渡辺さんは1944年、北海道生まれ。教育者としての道を歩き始めたのは大学院修士課程のとき。生計を立てるために定時制高校の教師になり、中高一貫の進学校や短大講師などを経て、母校である立教大教授に。65歳で大学を定年退職し、立教新座中学・高校の校長を5年務めました。校長を引き受けた理由については「この年になっても自分が中途半端だからです。時間通り起きれなかったり、遅刻したり。まだまだ働かなきゃと思ったんです」と笑う。

 近世文学が専門で、遊郭研究の第一人者としても知られています。タモリさんが街の歴史に迫るNHK番組「ブラタモリ」に出演した際は「あのメッセージを書いた人とは思えない」といった声も聞かれたそうです。

 今年3月、渡辺さんにとって最後の高校卒業式。変わらぬ思いとして4年前のメッセージを引用しつつ語りました。式の数日前に福島を訪ねて海を見たときのことを、こう述べています。

 駅から、海までは300メートルほどである。しかし、海が見えない。砂浜にも、埋立地にも、ぎっしりと黒いビニール袋の山が積み重ねられている。除染された土の山である。海の前の黒い壁だ。波の音にも私は耳を澄ますことが出来なかった。重い思いで私は帰宅した。

(中略)

 忘れてはならない。まだ行き場を持てないでいる未来のあることを。黒い壁の海のあることを。しかし、未定は絶望ではない。黒い壁の向こうには青い海があるのだ。青い海への道を切り開くのは、苦難である。その苦しみを乗り越えるのは若さでしかない。

(中略)

 希望は苦難を直視することから生まれる。苦難に目をそらさないで欲しい。苦しみが生み出すのは、希望である。

出典: 立教新座中学・高校のホームページ

新生活を始める人へ贈る言葉

3月末で退任する立教新座中学・高校の渡辺憲司校長

3月末で退任する立教新座中学・高校の渡辺憲司校長


 これから新生活を始める人たちに向けて贈る言葉とは? 渡辺さんに二つを挙げてもらいました。

「拠り所がない自由などあり得ない。凧は糸とつながることで初めて自由を得る」

 自分を縛るものを大切にしてほしい。恋人だったり仕事だったり、人生そのときどきで違うと思う。自分の命を投げ出しても守りたいもの、それこそが自分を自由にしてくれる

「恋愛は偶然にも出会うもの。しかし友情は違う。その出会いに偶然性はない」

 恋人と友人は違う。恋愛は「性」が媒介する理性を超えた関係だ。結婚は喜びや悲しみ、貧しさをも共有しなければならない関係だ。一方で、友人は互いに孤独の時間を共有できる、理性と理性で付き合っていく関係だ。価値観が同じ仲間が集まったからといって、それは友人ではない。友情を築くとは、自分にないものを求める知的な作業。自らが選び取っていってほしい

 ◇ ◇ ◇

 渡辺さんは校長退任後、幼稚園から大学部までの少人数制一貫教育校「自由学園」で大学部の最高学部長に就任し、再び現場で授業を受け持つ予定です。

立教新座中学・高校のホームページ


Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

「純粋な日本人」って何? 「ハーフ」でア...
「純粋な日本人」って何? 「ハーフ」でア...
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
メルセデス・ベンツの特製ラーメン 六本木...
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」
えっ、これどこ? 世界的インスタグラマーが撮った「不思議な日本」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
DeNA、人気サイト「MERY」の記事も大量削除「無断転用した可能性」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた
高さ1メートルの津波の怖さ ネットで動画注目、実験施設に聞いた

人気

もっと見る