閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2015年01月29日

118番、99%は間違い電話だった 海保への苦情・激励・歌い出す

  • 3943

ほとんど間違い電話だった「118番」。海上保安庁はポスターなどでPRに力を入れている=海上保安庁提供

ほとんど間違い電話だった「118番」。海上保安庁はポスターなどでPRに力を入れている=海上保安庁提供



緊急通報といえば警察の110番や消防の119番が有名ですが、海で事件や事故が起きたときに使う「118番」を知っていますか? 2000年に導入されたこの番号、実は通報の99%が本来の目的とは違う電話なのです。

99.18%が間違い

運用開始から昨年末までの通報の内訳

運用開始から昨年末までの通報の内訳

出典:海上保安庁のホームページ


118番は、海上での事件・事故の緊急通報用電話番号として2000年5月1日から運用が始まりました。具体的には次のような場合に使います。

・海難人身事故に遭遇した、または目撃した
・油の排出等を発見した
・不審船を発見した
・密航・密輸事犯等の情報を得た

出典:海上保安庁のホームページ

昨年末までに寄せられた通報件数は943万8320件。その内訳は以下の通りです。

船舶海難関係通報  2万1988件(0.23%)
人身事故関係通報  1万4383件(0.15%)
海難関係以外の通報 4万1315件(0.44%)
間違い電話等   936万634件(99.18%)

驚くべきは「間違い電話等」の割合です。全体の99%以上が本来とは関係ない通報ということになります。具体例を紹介します。

・無言電話
・かかってすぐに切れる
・一方的に歌を歌い続ける
・電話番号案内としてかかってくる
・報道などで海保が取り上げられたことに関する激励や苦情

なかには試しにかけてきて、つながった瞬間に「本当にかかるんだ!」と言って切ってしまうケースもあるそうです。

一方、データ集計中の昨年を除いた直近10年間に、118番の通報をきっかけに救助された船は7104隻、救助された人は2万2053人にのぼります。海難に遭った船のほぼ半数、救助を必要とした人の3人に1人にあたるそうで、118番が役立っていることも確かなのです。

1月18日は「118番の日」

118番を知ってもらおうと、リーフレットを配る青森海洋少年団のメンバーら=青森市の県営浅虫水族館

118番を知ってもらおうと、リーフレットを配る青森海洋少年団のメンバーら=青森市の県営浅虫水族館

出典:朝日新聞デジタル


関係のない電話を少しでも減らそうと、海保では毎年1月18日を「118番の日」として周知活動を行っています。今年も全国各地で啓発イベントを開催し、パンフレットやグッズの配布などをしました。

政策評価広報室の財部耕次・報道係長は「118番は人の命を繋ぐほか、海上での犯罪検挙などのために大切な電話になっておりますので、広く知っていただき、適切な使用をお願いしたいと考えております」と話しています。


Adsby Google
Adsby Google

あわせて読みたい

思わず読む! 八王子の客引き禁止ポスター 求人広告風にした訳は?
思わず読む! 八王子の客引き禁止ポスター 求人広告風にした訳は?
いつか熟柿を食べる日が…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く祖母と孫
いつか熟柿を食べる日が…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く祖母と孫
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
地味にすごい飯テロ、土井善晴先生の「塩む...
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
『この世界の片隅に』のんさんが語る「日常の感動」大好きな場面は…
PR
スケオタ熱狂「ユーリ!!! on ICE」の魅力 久保ミツロウ×無良崇人
スケオタ熱狂「ユーリ!!! on ICE」の魅力 久保ミツロウ×無良崇人
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
30周年「ねるねるねるね」 最大の危機救った決死の「イメチェン」
これだからイマドキの若者は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く保活
これだからイマドキの若者は…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く保活
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
「春にはきっと笑顔で改札を…」 駅員から受...
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
今どきの選挙、ネットよりドブ板? トランプ・自民圧勝の次世代対策
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
ボブ・ディランの何がノーベル賞なのか? 中川五郎×萩原健太対談
PR
妻のへそくりで新車購入、愛と笑いの『誓約書』 素敵すぎて鼻血が…
妻のへそくりで新車購入、愛と笑いの『誓約書』 素敵すぎて鼻血が…
「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方
「医師でもウソ発信」 ネットの医療情報、現役医師が教える見抜き方

人気

もっと見る