閉

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2014年08月24日

女性向けAVの撮影現場を取材。男目線だけの「エロ」終了のお知らせ

  • 627606

女性の「官能」の世界、なにが違う?

女性の「官能」の世界、なにが違う?

出典: シルクラボ「Girl's Pleasure」

女性向け「官能元年」

 男性に比べほとんど語られて来なかった女性の「官能」の世界。しかし最近は女性をターゲットに様々なコンテンツが生み出されています。雑誌an・anのSEX特集も手伝い、女性向けアダルトビデオ(AV)も少しずつ普及。2013年には出版社が女性向けの官能小説ラインを創設したり、アダルトグッズメーカー内の女性社員が女性向けグッズを開発したりと、「官能元年」とも言える変化がありました。
 
 しかし、そもそもなぜ今なのか、男性向けと何が違うのか、取材してみました。

まずはAV鑑賞してみた

女性向けAVではコミュニケーションも大事

女性向けAVではコミュニケーションも大事

出典: シルクラボ「Girl's Pleasure」より

 まずは何事も経験。女性向け官能コンテンツを見てみました。
 AVでも小説でも、男性用と大きく違うと感じたのは、そこに至るまでのストーリーです。男性向けならカットされがちな、「出会いのエピソード」や「互いの戸惑い」も描写されています。

 SEXにおける二人のコミュニケーションも重要な要素。女性が戸惑っている時には褒めて安心させたり、無理強いせず「大丈夫?」と確認したり。とにかく男性が女性を大切に思っていることが丁寧に描かれます。

女性向けAVではストーリーも大切

女性向けAVではストーリーも大切

出典: シルクラボ「Girl's Pleasure」

女性向けAVでは男女半々で男性の姿も映る

女性向けAVでは男女半々で男性の姿も映る

出典: シルクラボ「Girl's Pleasure」

そして、男性のルックスは大切。小説では、周囲の女性も憧れる容姿として描かれることが多いようです。AVでも、人気なのは、黒光りするゴツゴツの「ザ・肉食系」ではなく、さらっとした細身に、かわいい顔。女性向けAVの人気男優で「エロメン」と呼ばれる、一徹さんと月野帯人さんを見ても・・・普通にイケメンです。

一徹さん

一徹さん

出典: シルクラボ提供

月野帯人さん

月野帯人さん

出典: シルクラボ提供

 また男女のSEX技術も「熟練感」はなくソフトな印象。男性向けAVの場合、女性が「あなたの○○が欲しい」と言うような過度な積極性や、男女の「技術」に引くこともあります。しかし女性向けは、恋人同士ならあり得る会話や場面設定におさまり、ある程度のリアリティを持って楽しめます。

 一方、女性向けの官能小説の場合は、男性のセリフが「少女漫画方向」へ進化。生身の人間が言ったら鼻で笑ってしまうようなセリフ、例えば「今日は隅々まで視診したい」(「Dr.高間の発情診察」 フルール文庫)「私は○○以外の女などいらない」なんていうのも許されちゃいます。

撮影現場に行ってみた

では、つくり手側はどんなことを意識しているのでしょうか?女性向けAVの撮影現場にお邪魔してみました。

 うかがったのは、監督もADさんも女性が務め、女性向けAVを専門で制作している会社「SILKLABO(シルクラボ)」の現場。シルクラボはAVメーカー大手ソフト・オン・デマンドのグループです。

女性向けAV撮影の現場。普通のマンションの一室といった感じ

女性向けAV撮影の現場。普通のマンションの一室といった感じ

 現れた俳優2人は、表参道あたりにいそうな、おしゃれでかわいい雰囲気の美男美女で、こういうところも男性向けとは違います。男優は新人ながら堂々のセリフ回し。聞くと、女性ユーザーはAVでも男優のルックスや清潔感、そして演技力を気にするそうで、この男優さんも演技経験がある人を口説いたそう。

 撮影で印象に残ったのが、男優がコンドームをつけようとした際にせき払いしたところ、カメラマンがストップ。「それちょっと感じが悪いから」と撮り直しになったこと。女性から見て、ちょっとでも嫌な印象を残すものにしないよう配慮されていました。

この日スタッフに配られた台本。会話などが詳細に書きこまれている

この日スタッフに配られた台本。会話などが詳細に書きこまれている

 シルクラボによると、つくり手側にも女性が入り、女性に害がないストーリー展開を心がけているそう。暴力がないことはもちろんのこと、避妊は必ずし、不倫などもあまり扱いません。モザイクに抵抗感を持つ女性もいるため、できるだけモザイクが必要ない撮り方にしているそうです。

 顧客層は30~40代中心で主婦が多く、ひとつのファンタジーとしてAVを楽しんでいるようです。性的なものを敬遠していたような人も、一度見るきっかけを得ると、アイドルを追うような感覚で「エロメン」のイベントに参加したり、業界自体に興味を持ったりする人も多いといいます。インターネットの普及で周りの目を気にせず作品を楽しめ、他のファンとつながれるというのもブームを後押ししているようです。

イベントで盛り上がる「エロメン」たち

出版界を動かした大ヒット作

 一方の出版業界。2013年の「官能元年」の道を拓いたのは、前年に翻訳出版された小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」でした。イギリスの女性が書いたエロティックな描写を含んだ作品で、主婦を中心に全世界で大ヒット。女性向け官能コンテンツへの潜在的ニーズを見せつけました。同じ頃に日本ではタレントの壇蜜さんが人気に。女性からも支持される壇蜜さんがテレビで性について語ることで、一般社会でも受け入れられやすくなったといいます。

おしゃれも仕事もエロスも 広がる女性向け官能の世界

男女から支持され、性を語ることへのハードルを下げたという壇蜜さん

男女から支持され、性を語ることへのハードルを下げたという壇蜜さん

 KADOKAWAメディアファクトリーも2013年、女性向けの官能小説「フルール文庫」をスタート。編集長の波多野公美さんは「そもそも今は女性も社会進出しているのに、性は男性に教えてもらうか、男性の要望に応えるだけという状況がおかしかった」。女性も仕事で疲れた日などに元気になるサプリメントの一つとして官能コンテンツを提供したいといいます。

 「サプリメント」として、いい読後感を残すため、小説でもやはり不倫などはなく相思相愛が基本。ただ設定にはリアリティを出すことを心がけているそうです。例えば男性は貴族や石油王などではなく、獣医やデザイナーなど「高スペックすぎない人」。女性も社会人として自立し、限られた時間の中で恋をし、上司や同僚との関係も描かれます。「ただ男性は弱音を吐いたりはしない。リアリティはあってもリアルじゃない。疲れて読んでいるのに、本の中で愚痴られたら、うっとうしいので(笑)」。

フルール文庫の男女ものを扱う「ルージュライン」

フルール文庫の男女ものを扱う「ルージュライン」

 波多野さんによれば、ストーリーを重視するのは、女性の場合、一人の本当に好きな人と結ばれたいという思いが強いから。「男性が自分の身を投じられる人間像かが描かれていないと、そもそもしたいと思えない」

 SEXの最中のコミュニケーションも大切にしているそうです。フルール文庫では女性も男性にして欲しいことや、その時の気持ちを正直に伝え、互いにより居心地のいい関係を築いていく。「こういうコミュニケーションが生まれれば、普段は仲がいいのにセックスレスという夫婦も減るはず。男性も読めばこれまで気付かなかった女性の視点が見えてくるのでは」といいます。

ボーイズラブ(BL)を扱うブルーライン。実は日本のBLは30年以上の歴史があるそう

ボーイズラブ(BL)を扱うブルーライン。実は日本のBLは30年以上の歴史があるそう

 取材を通じて感じたのは、女性向け官能コンテンツは、興奮するかよりも、幸せ感を得られるかが大切ということ。性的な描写は多いものの、それは主人公が愛を感じるためのコミュニケーションの一つという印象です。つまりそれだけ、女性の官能は、相手との信頼関係や自分の仕事も含めた、心の安定とつながっているということなんだと思います。

WEB小説マガジン「フルール」

女性のための官能小説は「脱いでもきれい」。フルール文庫はカバーをとると、女性下着のような装丁が表れます

女性のための官能小説は「脱いでもきれい」。フルール文庫はカバーをとると、女性下着のような装丁が表れます

 もちろん、官能に求めるものは女性でも人それぞれ。現状の女性向けコンテンツでは物足りない人もいるかと思います。歴史の長い男性向けコンテンツが、設定や撮り方でもあれだけ細分化していることを考えると、女性向けもこれから「進化」するのかもしれません。

 企業側は女性のニーズを分析し、女性側もその中で自分の好みを探り、それをリアルな相手とのコミュニケーションにも生かしていく……といういい流れができるのかも。性においても女性が発言力を持つ時代へ、今後の女性向けコンテンツ文化の発展に期待です。

あわせて読みたい

詐欺バスターって何?
詐欺バスターって何?
Q&A
樹木希林「窮屈な常識はいらない」 百貨店...
樹木希林「窮屈な常識はいらない」 百貨店...
モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販売元「二つの理由が…」
モンプチ『ネコの輪郭にミシン目』の謎 販売元「二つの理由が…」
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永谷園のお茶づけ『名画カード』復活 19年...
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
永遠の名脇役、笹野高史が“主役”になった日 「杏ちゃんと恋愛…」
PR
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
伝統芸なのにインパクトありすぎ! 名古屋...
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
『私の普通とあなたの普通は違う』 愛知県の人権啓発ポスターが秀逸
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
CGダンスの動き、ここまでリアルに…東映アニメ「ポッピンQ」の実力
PR
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
福島地震、中国のネット有名人も反応 心ない発言、たしなめる場面も
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「ADはゴキブリ」と言われ… 28歳女性が語る過酷なテレビ業界
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで
AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…
AV業界「ファン感謝祭」熱気むんむん 強要問題への取り組みは…

人気

もっと見る