MENU CLOSE

ネットの話題

「傷やあざも隠せる素足みたいなタイツ」ができるまで タビオに聞く

素肌のように履けるフェイクスキンタイツについて取材しました

フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」
フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」 出典: タビオ提供

目次

 「個人的に一番届いてほしいのは、足に傷やアザや白斑などがあり、足を出す事に躊躇してしまってる方なので、そういった方に届いてほしい」。靴下専門店を展開するタビオ(大阪市浪速区)のそんなツイートが注目を集めました。素肌のように履けるフェイクスキンタイツについて取材しました。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」
フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」 出典: タビオ提供

生地の密度が高くて透けにくい


 昨年10月に発売されたフェイクスキンタイツ「NUDEY54d」。

 ベージュ、エクリュベージュ、カメオベージュ、ダルピンクの4色で展開。

 オンライン限定ですが、ブラックもラインナップされています。

 極細の繊維を束ね合わせた54デニールの糸を使用し、編み機はストッキング用のものを使用。

 そのため、生地の密度が高くて透けにくく、肌なじみが良い仕上がりになっています。

フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」
フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」 出典: タビオ提供

当初は想定していなかった


 開発のきっかけは、一昨年の「肌色タイツと靴下を組み合わせて防寒しながら肌見せする」というトレンド。

 靴下をはいても厚ぼったくならず、寒くないものを目指したそうです。

 当初求めていたのは「防寒のためのナチュラルさ」。

 この時は「傷やあざを隠す」という使い方は想定していなかったといいます。

 「トレンドになっている時に『これで傷が隠せる!』という声を聞き、プロモーションにおいてその点を強調してもらうように依頼しました」

 そう話すのは、タビオのX(ツイッター)アカウントを担当している「1号」さんです。

フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」
フェイクスキンタイツ「NUDEY54d」 出典: タビオ提供

Xの担当者に聞きました


 病気の手術で頭部に大きな傷痕があるという1号さん。

 隠すべきか隠さずにおくべきか悩んだといいますが、「まぁいいや!」と言う思いで隠さない選択をしているそうです。

 「私は隠さないという選択をしました。傷は必ずしも『隠さないといけないもの』ではありません。しかし、誰もが同じ選択をするわけではないと思います」

 できれば隠したい、と思う人に選択肢を提示できる商品になるのではないか。

 そんな思いでNUDEY54dのプロモーションすることに。

 店舗やウェブでは「美しく防寒」と言う切り口で、SNSでは「傷やあざを隠す」を主軸にしました。

 男性である1号さんが実際に着用して、肌の荒れや毛、けがなどをケアできるとアピールしたこともあります。

引用して紹介


 今月5日には、一般ユーザーの昨年の投稿を引用して、こうポストしました。

 「NUDEY54d 個人的に一番届いてほしいのは、足に傷やアザや白斑などがあり、足を出す事に躊躇してしまってる方なので、そういった方に届いてほしい」

 この投稿に対して「絶対買う」「こういうのは本当にありがたい」といったコメントが寄せられ、いいねは3500を超えています。

 話題になったことについて、1号さんはこう話します。

 「傷に関しての悩みは公言しづらい話題ではあるのですが、SNSでの『困ってる誰かに知ってほしい』と言う助け合いとは相性が良いので、拡散いただいた皆様にも大変感謝いたしております」

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます