MENU CLOSE

ネットの話題

「ロート、ロート、ロート♪」も再現 夜空を彩ったドローン300機

企画したロート製薬を取材しました

往年の名CMを再現した場面
往年の名CMを再現した場面 出典: ロート製薬提供

目次

 10月10日の「目の愛護デー」に合わせて大阪で実施されたドローンショー。動く目玉やブロッコリー、往年の名CMなどを夜空に描き、SNSでも話題になりました。企画したロート製薬を取材しました。

【PR】デフリンピックへ向け「おもてなし」のコミュニケーション学ぶ
ドローンで描かれた文字
ドローンで描かれた文字 出典: ロート製薬提供
ドローンで描かれた文字
ドローンで描かれた文字 出典: ロート製薬提供

地上100mの夜空を舞台に


 10日夜に、大阪市中央区天満橋付近で実施された「ロート製薬・目の愛護ショー」。

 地上100mの夜空を舞台に、ドローン300機で文字や絵柄を描きました。

 まずは「10/10 目の愛護デーなので ロート 目の愛護ショー ※無料です」の文字からスタート。

 大きな目玉を描いて黒目部分を上下左右に動かしたり、目によいとされるブロッコリーを表現したり。

 視力検査でおなじみのCマーク「ランドルト環」が浮かび出て、夜空で視力検査ができたり。

大きな目玉
大きな目玉 出典: ロート製薬提供
ブロッコリー
ブロッコリー 出典: ロート製薬提供


 「残業おつかれさまです」の文字や目薬を描いた後は、ロート製薬の往年のCMを再現。

 社屋の周りをハトが飛んでいく「ロート、ロート、ロート♪」のCMです。

 さすがにハトの姿かたちは難しかったのか、「ハト」という文字で代用。

 それでもハトの文字が点滅したり、動いたりすることで動きが表現されていました。

 SNS上では「いきなり空にブロッコリーはシュールすぎる」「ハトはどう見ても笑いを取りにきている」などと話題になりました。

往年の名CMを再現した場面
往年の名CMを再現した場面 出典: ロート製薬提供

ロート製薬に聞きました


 「目に優しい生活を習慣化していただくきっかけとして『遠くのドローンを見て目を休めてほしい』という思いから実現に至りました」

 そう話すのは、マーケティング&コミュニケーション部の西原麻衣さんです。

 2020年から毎年「目の愛護デー」に合わせて、目の健康や愛護につながる取り組みを行ってきたロート製薬。

 仕事などで目を酷使している人に目の健康を考える機会を提供できればと、ドローンショーを企画したそうです。

 「目の健康に役立つメッセージを茶目っ気あるかたちでお伝えしたいと思い、演出を考えました」と西原さん。

 企画決定から実施までの時間が限られていたため、各種申請やドローンのプログラムなどを大急ぎで進めたといいます。

最後はこちら
最後はこちら 出典: ロート製薬提供


 当日はスマホ片手に観賞する人が多く、要所要所で歓声や笑い声も聞こえてきたといいます。

 「仕事の合間にオフィスビルから眺めてくださっている方や、はしゃいでいるお子様など、老若男女いろんな世代の方が楽しんでくださっていた様子が見受けられました」

 話題になったことについてはこう話します。

 「温かいツッコミを入れてくださった方や、懐かしい記憶をたどってくださった方など、みなさまの温かい反応に感謝しています」

 当初は13日にも実施予定でしたが、急きょ中止に。

 予想以上の反響によって多くの人の来場が見込まれたため、安全性の観点から断念したそうです。

関連記事

PICKUP PR

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます