MENU CLOSE

ネットの話題

祖母の遺品だった「パインアメ缶」、寄贈きっかけに約70年ぶり復刻

今年3月に当時の缶が「里帰り」したことがきっかけでした。

復刻されたパインアメ缶
復刻されたパインアメ缶 出典: パイン株式会社提供

目次

 パインアメで知られるパイン株式会社(大阪市)が、約70年前のパインアメ缶を復刻して限定販売します。復刻のきっかけとなったのは、今年3月に当時の缶が「里帰り」したことでした。

左が寄贈されたパインアメ缶、右が復刻版
左が寄贈されたパインアメ缶、右が復刻版 出典: パイン株式会社提供

パインアメとは


 1951年に発売を開始した「パインアメ」。

 当時はパイナップルの缶詰は高級品で、現在のようにいつでも食べることはできませんでした。

 もっと気軽にパイナップル缶のおいしさを楽しめたら、という思いから生み出されたそうです。

 甘酸っぱくてジューシーで、輪切りのパイナップルを模したリング形に、レトロなパッケージ。

 70年を超えた今も、幅広い年齢層から愛されています。

 ちなみに8月8日は「パインアメの日」となっており、なんばHatchで4年ぶりとなる集客イベントが予定されています。

パインアメ
パインアメ 出典: パイン株式会社提供

遺品を整理していたら…


 そんなパインアメの会社に3月16日、一通のメールが届きました。

 ホームページの問い合わせフォームから寄せられたもので、こんな内容が書かれていたそうです。

 「昨年他界した祖母の遺品を整理していたら、パインアメの缶が出てきた」

 どれくらい古いものなのか調べようと孫がネット検索したところ、パインアメ公式のツイートで類似の缶を発見。

 ネットオークションで入手したものとあり、祖母の遺品とよく似たデザインでした。

 「このまま捨てるよりもパイン株式会社に送った方がいいかな」

 そんな思いでメールを送ってくれたそうです。

1週間後に現物が届いて

送られてきたパインアメ缶
送られてきたパインアメ缶 出典: パイン株式会社提供


 ぜひ送ってくださいと広報担当者が返信すると、1週間後に現物が届きました。

 何重にもまかれた緩衝材をゆっくり外すと、中にはキラキラした缶が。

 保存状態が良く、表面のドット模様もはっきりと確認できたそうです。

 手芸のボタン入れとして使っていたものらしく、大事に扱われていたことが伝わってきたといいいます。

 そして側面には「業平製菓」の文字がありました。

 パイン株式会社のかつての社名で、時期は昭和26年から昭和30年までの4年間。

 年代が確認できただけでなく、当時の社名が記された貴重な資料でもあったのです。

担当者に聞きました

復刻パインアメ缶
復刻パインアメ缶 出典: パイン株式会社提供


 「今回のこのご縁をぜひ形として残したいと考え、社名など一部のデザインは現在のものにバージョンアップした上で復刻いたしました」

 そう話すのは開発部広報室の井守真紀さんです。

 復刻パインアメ缶は、阪神梅田本店で16日から開催される「パインなおやつ」にて3000個限定で販売予定。180g入りで税込み1650円です。

 当時の缶のデザインを忠実に再現していますが、「業平製菓」の部分が「パイン株式会社」に、「PAIN AME」は「PINE AME」に直されています。

 寄贈された缶がボタン入れとして使われていたことにちなんで、アメを個包装している袋に遊び心も。

 通常はパインアメが描かれている部分が「ボタン柄」になったものがランダムで出現するといいます。

 「ボタンを入れて大切に使ってくださったことへのリスペクトです」と井守さん。

 寄贈してくれた人に、復刻することやボタン柄について伝えたところ、とても喜んでくれたそうです。

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます