MENU CLOSE

エンタメ

MAXのLINA、実はサウナ歴40年 変化した「自分へのご褒美」

サバンナ高橋さんの別荘へ…サウナドーム体験

28周年を迎えたMAX。右からLINAさん、MINAさん、REINAさん、NANAさん=LINAさん提供
28周年を迎えたMAX。右からLINAさん、MINAさん、REINAさん、NANAさん=LINAさん提供

目次

10代に「スーパー・モンキーズ」でデビューした沖縄出身のダンスボーカルグループMAXは、28周年も第一線で走り続けます。仕事や自分自身の活動をつづってきた「MAXコラム」は今回で最終回となりました。「コラムを通して、私たちの人柄を知ってもらい、より親近感を持ってもらえていたら嬉しい」と振り返るのは、アンカーを務めるLINAさんです。なんとサウナ歴「40年以上」というLINAさんが、“自分へのご褒美”についての変化を語ります。

サウナ歴は、実は40年以上!

いよいよ本格的な夏がやってきましたね!

仕事帰りの一杯、お風呂上がりの一杯、皆さんがキンキンに冷えたビールを美味(おい)しそうに飲む姿が目に浮かびます。

私は、お酒は好きですがビールが苦手なので、氷をたっぷり入れた白ワインを飲むのが定番です(笑)。

今年も厳しい暑さが続く毎日になりそうですが、こんな暑い時だからこそ、温かいものを食べたり、湯船に入ったりするのも気持ちいいですよね。

最近では、「サウナー」と呼ばれるサウナ愛好家が増えて、サウナのブームが続いていますよね。

実は私、サウナ歴40年以上なんです。

母がサウナ好きだったこともあり、小さい頃からよく母に連れられて銭湯に行き、その中にあったサウナに入っていました。でも、当時はサウナの良さがわからない年齢だったので、入っても10秒で退散してしまっていたのですが……

それでも、家のお風呂とは違って、テーマパークのように広い大浴場で過ごす時間がとっても楽しかった記憶があります。

風呂上がりには牛乳、ではなく、オロナミンCにレモンを絞った飲み物を母に飲まされるのがお決まりでした!

初めての土地で、途方に暮れていた時…

そんな母の影響を受け、今ではサウナは私の趣味の一部になり、その魅力にどっぷりとハマっています。

暑いサウナ室の中で、早く水風呂に入りたい気持ちをグッとこらえながら、汗を大量放出!その熱(ほて)った身体で、水風呂へダイブ!!

これがたまらなく快感なんです!

これを何度も繰り返しているうちに、血流が良くなり、身体に溜まったものが出ていくような感じがして、心身ともに爽快感を得られるんです。肌質も滑らかになったような気がします。本当にオススメです!

MAXのLINAさん=本人提供
MAXのLINAさん=本人提供

実は、地方へ出張や旅行に行った時、各地のお風呂を検索してこっそり出かけることも多いんですよ。

4年ほど前にも、長崎にあるお風呂へ出かけたんですが……。

帰りになかなかタクシーが見つからず、30分以上待ちぼうけに。それを見かねた受付のお姉さんが、「あと10分ほどで仕事が終わるのでホテルまで送っていきますよ」と言ってくれたんです!

見知らぬ土地で、途方に暮れていた見ず知らずの私に、救いの手を差し伸べてくださったこと。それは今でも忘れられない思い出であり、このご恩は忘れません。

自分へのご褒美は、「モノ」より「癒し」

最近では、サウナも進化してアウトドアのサウナも流行っていますよね。

私も、SNSなどで情報を知り、一度体験してみたいなと思っていたんですが、昨年YouTubeの撮影でサバンナ高橋さんの別荘へ招待してもらったんです。

高橋さんは芸能界屈指のサウナ愛好家で、なんとエストニアから本格的な木製のサウナドームを取り寄せたとのこと。ドームは大人が5人以上入れるほどの大きさでした。

この場所の一番の魅力は、自然に囲まれた別荘のそばに川が流れていて、サウナで熱った身体を天然の水風呂が冷やしてくれるところです!

サウナを満喫した後も、森林の香りに癒されながら外気浴できるので、心にまで栄養が届き、最高のリフレッシュタイムとなりました。

YouTubeの撮影でサバンナ高橋さんの別荘へ行ったLINAさん。右から、MAXのNANAさん、LINAさん、てつみちさん、サバンナ高橋さん、椿鬼奴さん=LINAさん提供
YouTubeの撮影でサバンナ高橋さんの別荘へ行ったLINAさん。右から、MAXのNANAさん、LINAさん、てつみちさん、サバンナ高橋さん、椿鬼奴さん=LINAさん提供

年齢を重ねる中で思うようになってきたんですが、ホントに“癒し”って大事ですよね。

休日の過ごし方も変化していき、自分へのご褒美として、何かを買うことよりも、心身を労ってあげることの方が好きになっていきました。

物欲は、手に入れた時の喜びが最高潮で、その後徐々にクールダウンしていくことが多いですが、美味しい物を食べた時や、美しい景色を見た時は、心が喜んでいると感じます。それが忘れられない思い出として残っていきます。

いくつになっても、人生頑張れることはまだまだたくさんあると思うし、それを楽しむにはやはり健康が一番だと感じます。

適度な運動と規則正しい食生活。簡単そうにみえて、ついつい食べ過ぎちゃうこともあります(笑)。でも、いつまでも、笑顔でいられるようにお互い健康でいましょうね。

周りから「MAXは本当に仲が良いですね」とよく言われるそう=本人提供
周りから「MAXは本当に仲が良いですね」とよく言われるそう=本人提供

今月のコラムをもちまして、2年半にわたってMAXのメンバー4人で書き続けた連載が終了となります。

長い間、私たちのコラムを読んでいただきありがとうございました!

コラムを通して、私たちの人柄を知ってもらい、より親近感を持ってもらっていたら嬉しいです。

また、どこかでお会い出来る日を楽しみにしています。

                       ◇

〈MAX〉NANA/LINA/MINA/REINAの沖縄県出身4人組ダンスボーカルグループ。1995年にデビュー。翌年発売のサードシングル『TORA TORA TORA』でブレーク。1997年に『Give me a Shake』でオリコン初登場1位を獲得。その後も『Ride on time』など数々のヒット曲を発表し、紅白歌合戦に5年連続5回出場。近年は音楽活動の他に、個人でのバラエティー、ドラマ、舞台出演など活動の幅を広げている。2021年に “Do Shot”と“Viva la Mambo”収録の37枚目シングル『Do Shot』をリリース。2022年に、寅年を記念して全6曲すべて『TORA TORA TORA』を収録したミニアルバム『寅 寅 寅』を配信。2023年、12月23日(土)東京・Stellar Ballにて「MAX LIVE CONTACT 2023 ~FANTASIA~」の開催が決定。4人が出演する日清食品『カップヌードルシンガポール風ラクサ』のCMが放送中。

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます