MENU CLOSE

ネットの話題

便乗したら「いいね」が倍以上に フエキ「どうぶつのり」の注入動画

半年前にも同じ動画を投稿していますが、今回は「いいね」が倍以上になったそうです

のりを注入する工程
のりを注入する工程 出典: 不易糊工業のツイッター

目次

 ロングセラー「どうぶつのり」で知られる不易糊工業(大阪府八尾市)。その製造工程を撮影した動画が注目を集めています。実は半年前にも同じ動画を投稿していますが、今回はトレンドに上がっていたハッシュタグを使ったことで「いいね」が倍以上になったそうです。担当者に話を聞きました。

どうぶつのりとは


 明治19年に創業した不易糊工業の代表的な商品「どうぶつのり」。

 容器は黄色いキャラクターの頭部になっていて、帽子を外すと中にのりが入っています。

 主原料はとうもろこしでんぷん100%で、安心安全にもこだわったロングセラーです。

 同社のツイッターアカウントでは、あの黄色いキャラクター「フエキくん」が実はイヌであることや、裏側に貯金箱にするための切り取り箇所が設けてあることなどを紹介。

 社員は知っていてもお客さんは知らないであろう情報を、定期的に発信しています。

「どうぶつのり」の容器、実はイヌなんです
「どうぶつのり」の容器、実はイヌなんです 出典: 不易糊工業提供

前回の倍以上のいいねが


 4月18日には「製造業がトレンド入り!! 大阪府八尾市ででんぷんのり等の製造をしております #製造業 #フエキ糊 #フエキ」とツイート。

 添付された動画に映っているのは、フエキくんの容器にのりを注入する様子です。

 次々と容器が流れてきて、リズム良くでんぷんのりが注入される様子が収められています。

 この動画に対して、「ずっと見てられます」「懐かしくて小学校の図画工作を思い出した」といったコメントが寄せられ、いいねは5万を超えています。

のりを注入する工程
のりを注入する工程 出典: 不易糊工業提供

担当者に聞きました


 「ツイッターのトレンドに『製造業』が上がっていて、他のメーカーさんも自社製品について投稿されていたので便乗しました」

 そう話すのは、ツイッターを担当している企画開発室の吉岡美咲さんです。

 何を投稿しようかと考えてまっさきに思い浮かんだのが、どうぶつのりの注入動画。

 半年前の昨年10月に投稿して、2万を超えるいいねがついていたからです。

 「今回は2回目なので、いいねは100~200ぐらいかなと思っていたのでビックリしました」

 やはり、社員にとって当然のことでもお客さんにとっては新鮮で、何度でも投稿する意味があるんだなと実感したそうです。

 「投稿をきっかけにフエキくんを思い出したという反応もいただきました。これを機に思い出した方々にも楽しんでもらえる投稿を続けていきたいと思います」

関連記事

PR記事

新着記事

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます