MENU CLOSE

連載

#78 夜廻り猫

「子どもはいない方がラク」母はそう言ったけど…マンガ夜廻り猫

結婚を決めたとき、母からは「子どもはいない方がラク」と言われましたが……
結婚を決めたとき、母からは「子どもはいない方がラク」と言われましたが…… 出典: 夜廻り猫

結婚を決めたとき、母から「できれば子どもはいない方がラク」と言われた女性。歳をとった母を介護して看取った今、思うことは――。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られる漫画家の深谷かほるさんが、ツイッターで発表してきた「夜廻り猫」。今回は、子どもにまつわるエピソードです。

◆人と人のコミュニケーションを考える 誰もが隔たりなく つながりあえる社会へ(PR)◆

子どものいる人生、いない人生、どっちが…

「できれば、子どもはいない方がラク」。結婚を決めたとき、母とお茶をしていてそう言われた女性。「子どもとしては複雑だけどね」と答えます。

事業に失敗した父が病気になり、人づきあいもなくなって、夫も娘も借金も背負った母。女性は「そう言うのも無理はないな」と感じました。

母の言葉に従う気はありませんでしたが、女性と夫は残念ながら子どもを授かりませんでした。

高齢で弱ってきた母と同居。「施設を探して、負担になりたくない」と言うのをなだめて介護しながら、10年後のいま、看取りました。

そんな女性が歩んできた道を聞いて、猫の遠藤平蔵は「子どもがいる人生と、いない人生、どちらがラクだと思いますか」と尋ねます。

女性は笑顔で「どっちも大変!」と答えます。

「でも、どっちも素晴らしい きっと」

子どもとお年寄りを支援しなければ…

作者の深谷かほるさんは、「出産・子育ては大変です。大変過ぎます」と指摘します。

子どもに障害があったら、病気になったら。いじめに遭ったら、いじめをしたら、ぐれてしまったら……。親へのプレッシャーは尽きません。

「もし子育てに必要なお金を稼げなかったらどうなるのでしょう。現状は『親がなんとかするしかない』状況ではないでしょうか」と話します。

若い世代に子どもを持つ余裕があるかどうかを考えると、深谷さんは「『ない』のが普通ですよね」と言います。

「自分の老後だけでなく、親の介護が必要になったらそれも負担する……視界が真っ暗になってしまう人も多いでしょう」

「子どもとお年寄りを支援しなければ、国はすぐに滅びます。防衛費ではなく、子どもやお年寄りのためにお金を使ってほしいです」

【マンガ「夜廻り猫」】
猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受賞、単行本9巻(講談社)を2022年11月22日に発売。講談社「コミックDAYS 編集部ブログ」で月・金曜夜に「夜廻り猫」を、講談社「コクリコ」で木曜に夜廻り猫スピンオフ「居酒屋ワカル」を連載中。
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます