MENU CLOSE

ネットの話題

本当に「みにくいアヒルの子」だわ… トートバッグの販売元に聞いた

販売元に話を聞きました

「見にくいアヒルの子」のトートバッグ
「見にくいアヒルの子」のトートバッグ 出典: ekot提供

目次

 イメージしてたものとは違うけど、確かに間違ってない……。そんな「みにくいアヒルの子」のトートバッグが注目を集めています。販売元に話を聞きました。

「カッコいい年のとり方」を考えたら、見えにくいモノが見えてきた(PR)
「見にくいアヒルの子」のパーカー
「見にくいアヒルの子」のパーカー 出典: ekot提供

アンデルセンの童話じゃありません


 「みにくいアヒルの子」といえば、ほとんどの人が思い浮かべるのがアンデルセンの童話。

 一緒に育ったアヒルたちになじめなかったヒナが、成長して自分は白鳥だったことに気づくという物語です。

 この場合の「みにくい」は、姿かたちがよくないという意味の「醜い」です。

 それに対し、今回話題になっているのは、アヒルのイラストが描かれたトートバッグ。

 アヒルの輪郭が、ぼかし処理がかかったようにぼんやりしています。

 そして、イラストの上には「見にくいアヒルの子」の文字が。

 どうやら、「みにくい」=「見にくい」という意味のようです。

 ネット上で紹介されると「老眼がきてしまったか?」「なにこれ欲しい」といったコメントが寄せられています。

「見にくいアヒルの子」のトートバッグ
「見にくいアヒルの子」のトートバッグ 出典: ekot提供

販売元に聞きました


 手がけたのは、東京都内にあるTシャツ工房「ekot(イコ)」です。

 デザインからプリントまで自分たちで手がけて、インターネットで販売。

 新型コロナウイルスのワクチン接種に関連した「注射こわいTシャツ」などでも話題になった工房です。

 「見にくいアヒルの子についても、深夜の思いつきを勢いそのままにプリントしました」

 そう話すのは、店長の里一磨さんです。

注射こわいTシャツ
注射こわいTシャツ 出典: ekot提供

パーカーやTシャツも


 「見にくいアヒルの子」シリーズは、トートバッグ以外にもパーカーやTシャツなど全5種類を展開。

 2020年11月に発売してから定期的に話題になり、売れ行き好調だといいます。

 今回話題になったことで、さらに注文が殺到しているそうです。

 「2000枚ほどご注文をいただいています。今回のことで知ってくださった方から、他のTシャツのご注文もたくさんいただき、ありがたいです。頑張って作ります」

 アヒルのイラストを手がけたのはタカ(@usagitonekosuke)さんで、ekotのTシャツのほとんどを描いています。

 「良いお客さんはもちろんですが、良いスタッフやイラストレーターさんに囲まれて、僕はとても運が良いと思います」と里さん。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます