MENU CLOSE

ネットの話題

和菓子「干支に入れなかった猫」 十二支シリーズの追加ラインナップ

企画した狙いについて札幌の日糧製パンを取材しました

これが和菓子「干支に入れなかった猫」
これが和菓子「干支に入れなかった猫」 出典: 日糧製パン提供

目次

 十二支の中に存在しない「猫」をモチーフにした和生菓子が注目を集めています。その名も「干支に入れなかった猫」です。企画した狙いについて札幌の日糧製パンを取材しました。

#受験生のモヤモヤ 学ぶ楽しさの見つけ方(PR)
今年の干支である「寅」の和菓子
今年の干支である「寅」の和菓子 出典: 日糧製パン提供

2018年12月発売


 話題になっている「干支に入れなかった猫」が発売されたのは2018年12月。

 その3年前から販売していた十二支シリーズの和菓子に追加する形で登場しました。

 「猫好きがいるというわけではなく、猫はネズミにだまされて干支に入れなかったという話があるので、年末年始にそのことを思い出していただけたらと企画しました」

 そう説明するのは、日糧製パンのマーケティング部の担当者です。

 干支にネコが入っていない理由については、神のもとに駆けつけた順番で干支を決める際に、ネズミにだまされて間に合わなかったという説があります。

 商品名を決めるにあたっても、ネットで検索してもらうことを想定して、あえてストレートなネーミングにしたそうです。

姉妹品の「シマエナガ」
姉妹品の「シマエナガ」 出典: 日糧製パン提供

一番人気はやはり……


 2018年以降、毎年販売しているそうですが、残念ながら売り上げトップになった年はないとのこと。

 「やはり一番人気はその年の干支ですね。今年もやっぱり寅の方が上回っています」

 それでもネットで話題になった年は、猫を買い求める人が増える傾向にあるといいます。

 「話題になるころには商品が売り切れになっている場合もあります。来年も猫は販売予定ですのでぜひ覚えておいてください」と担当者。

 十二支シリーズ以外にも、疫病退散を願った「アマビエ」や、北海道にちなんだ「シマエナガ」の和菓子も販売中だそうです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます