MENU CLOSE

ネットの話題

奈良に「とまれ!」なポスター 観光客の宿泊が少ない現状を変えたい

観光客は来てくれるけれど、宿泊が少ない現状を変えたい。

奈良市での宿泊を呼びかけるポスター
奈良市での宿泊を呼びかけるポスター 出典: 奈良市観光協会提供

目次

 観光客は来てくれるけれど、宿泊が少ない現状を変えたい――。そんな思いで作られた奈良市観光協会のポスターが、ネット上で注目を集めています。5年前に制作してからたびたび話題になっている1枚について取材しました。

#受験生のモヤモヤ 学ぶ楽しさの見つけ方(PR)
なつの鹿寄せ
なつの鹿寄せ 出典: 奈良市観光協会提供

2016年度に制作


 話題になっているのは、奈良市観光協会が2016年度に制作したポスターです。

 3頭のシカが写っていて、まるでビートルズの「アビイ・ロード」のジャケット写真のように横断歩道を渡っています。

 道路には停止線があり、そこに書かれているのは「止まれ」ではなく「泊まれ」の文字。

 ダジャレを使った命令口調で、奈良での宿泊を呼びかけています。

 今月に入ってツイッターで紹介されると、「ド直球」「泊まらないと鹿に叱られる」といったコメントが寄せられ話題に。

 「奈良の魅力を書くよりも、ストレートに『泊まってください』というメッセージを打ち出した方がいいのではないかということで、あのようなポスターになりました」

 そう話すのは、奈良市観光協会広報企画課の係長・胎中謙吾さんです。

 注目を集めたのは今回が初めてではなく、2019年にもツイッター上で拡散。

 「1回で終わりかと思っていたので、またバズるのかとビックリしました」と話します。

奈良市での宿泊を呼びかけるポスター
奈良市での宿泊を呼びかけるポスター 出典: 奈良市観光協会提供

「奈良の夜は静かです」


 市が公開している調査報告書によると、コロナの影響がなかった2019年の観光入込客数は約1702万人。

 そのうち約1529万人が日帰りだったため、宿泊客は全体の1割ほどにとどまりました。

 残念ながらポスターを作って以降、宿泊客数が上向いたということはないようですが、話題になったことで認知度がアップ。

 テレビや雑誌の取材も入り、「このポスターはどこで見ることができますか」「うちにも貼りたい」といった問い合わせが増えて、増刷したそうです。

 コロナ禍を経て再び話題になったことについては、こう話します。

 「奈良の夜は静かで、ゆっくり過ごすには最適です。お店の混雑状況がわかるシステムを導入するなど、安心して来ていただけるように取り組んでいますので、ぜひ奈良市内に泊まってください」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます