MENU CLOSE

ネットの話題

マリトッツォならぬ「マツモットォ」? マツモト謹製の流行スイーツ

日本でも人気の「マリトッツォ」。そんな商品を「マツモットォ」として売り出しているお店があります。

「マツモットォ」の店頭ポップ
「マツモットォ」の店頭ポップ 出典: マツモト提供

目次

 ローマ名物で、現在日本でも人気の「マリトッツォ」。ブリオッシュ生地などのパンに、生クリームをたっぷり挟んだお菓子です。そんな商品を「マツモットォ」として売り出しているお店があります。

これが「マツモットォ」
これが「マツモットォ」 出典: マツモト提供

マツモトで売っています


 京都府内を中心に20店舗以上を展開するスーパーマーケット「マツモト」。

 その店舗で、1個214円(税込み)で販売されているのが「マツモットォ」です。

 店頭のポップには、こんな説明が書かれています。


 今話題の、あのスイーツをマツモトが手作りしたらこうなりました~!

 その名も「マツモットォ」

 たっぷりのクリームとパンの相性は抜群です!!
「マツモットォ」の店頭ポップ
「マツモットォ」の店頭ポップ 出典: マツモト提供

反響を受けて全店取り扱いに


 6月中旬ごろから販売しているというマツモットォ。

 もちろん「今話題の、あのスイーツ」はマリトッツォを指しており、マツモトが作るマリトッツォということで、商品名が決まったそうです。

 ツイッターなどで紹介されると、「こういう発想大好きです」「中古ピアノの買い取りCMみたい」といったコメントが寄せられて話題に。

 当初、取扱店は半分ほどでしたが、反響を受けて全店に拡大したそうです。

マツモトは京都府内を中心に展開しているスーパーマーケットです
マツモトは京都府内を中心に展開しているスーパーマーケットです 出典: マツモト提供

デリカ担当者に聞きました


 「お総菜にしても、珍しいものは売っていません。普段から気軽に召し上がっていただけるものを取りそろえていますから」

 そう話すのは、本社デリカ部門の担当者です。

 マツモットォについても、こだわりすぎると購入層が狭まってしまうとの考え方から、シンプルな構成に。

 オレンジピールなどは入れず、その分、クリームの量を増やしたといいます。

 「パン生地も特別なこだわりはありません。切れ目を斜め45度にすることでクリームを見やすくしたことぐらいですね」

 話題になったことについては、こう話します。

 「あまりの反響の大きさにビックリしています。もっと、もっと、お客様のニーズにお応えすべく、がんばって参ります」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます