MENU CLOSE

連載

#3 #コミュ力社会がしんどい

店員の声かけに「あっばっ!」コミュ障漫画家が抱いた将来への不安

「些細な会話」を続けることの大切さ

訪れたお店のスタッフから、思わぬ形で声をかけられた漫画家・ゆめのさん。将来が不安になったという、コミュニケーションにまつわる体験談について、描いてもらいました
訪れたお店のスタッフから、思わぬ形で声をかけられた漫画家・ゆめのさん。将来が不安になったという、コミュニケーションにまつわる体験談について、描いてもらいました 出典: ゆめのさん提供

目次

漫画家のゆめのさん(ツイッター・@yumenonohibi)は、コミュニケーションが苦手です。買い物の際、セルフレジがあったら、迷わずそちらを選んでしまうほど。しかし、ある日訪れた店で、接客を受けたときの体験が、ゆめのさんの価値観を強く揺さぶります。「コミュ障」な自分と向き合う日々の一幕について、描いてもらいました。
#アルビノ女子日記

洋菓子店スタッフの思わぬ反応

ゆめのさんにとって、お店のスタッフとの関わり方は、悩みの種の一つです。最近街中に増えつつある、セルフレジを見かけたら、対面型レジよりも優先的に使っています。

そうしたシステムがない場合でも、スタッフとの接触頻度が低いお店を選んだり、買い物に通販サイトを利用したりしてきました。

ある日、洋菓子屋を訪れたゆめのさん。スイーツがおいしいという評判を知り、足を運んだのです。「いちごのパウンドケーキください」。レジの担当スタッフに、商品を注文したときのことでした。

「このケーキ、新作なんですよ~!」
「いちごお好きですか? 新鮮ないちごを使った自信作ですよ~!」

「あっばっ!」。思わぬ反応に、ゆめのさんは妙な声を上げてしまいます。あまりのフレンドリーさに驚きつつ、急いでパウンドケーキを買い、店を後にしました。

出典: ゆめのさん提供

アルバイトで自然に話せていた理由

帰宅後、ケーキの味に舌鼓を打ちつつ、ゆめのさんは先ほどの出来事を思い出します。

あっばっ、あっばっ……。頭の中で巡る、自分の声にうんざりするうち、段々と不安感が高まってきました。

「まずい! このままいくと、将来もっと酷いコミュ障になってしまう」

実はゆめのさんには、接客業のアルバイトに就いていた時期があります。お客さんや同僚はもちろん、納品業者などとも毎日話し、自然にやり取りできていました。

ところが今は、進んで誰かと言葉を交わす機会が、ほとんどありません。その分、小さなすれ違いを、必要以上に重く捉えるように。結果的に、他人との交流が一層おっくうになってしまうのです。

コミュニケーションを面倒くさがらず、些細(ささい)な会話を積み重ねることも、大切なのでは……。ゆめのさんは、自分の振る舞いを反省します。そして、こうも思うのでした。

「あの店にまた行ったら 『おいしかったです』って言おう」

出典: ゆめのさん提供

「話さずに済む」状況への疑問

「漫画家になりたいと思ったのも、人と関わらないで暮らしたかったかもしれません」。ゆめのさんは、そう語ります。

一方で日々、コミュニケーションが不得意になっている感覚を抱き、焦ってしまう場面もたびたびあるそうです。今回描いた体験談は、このことを象徴する内容でした。洋菓子店での一件については、次のように振り返ります。

「言葉が出てこず、ちょっとしたことなのに、うまく対応できませんでした。『ああ、もっといい具合の返答をしたかった』。気にし過ぎだと分かっているけれど、悶々と考えてしまいました」

その後、脳裏によみがえった、元アルバイト先での思い出。店に出入りする業者のおじさんと談笑したことが、意外と楽しかった。記憶をたどる中で、「話さずに済む」状況に対して、疑念を持つようになりました。

「セルフレジの登場などで、世の中はどんどん便利になっています。でも、その代わりに、何げない会話が減っている。その結果、コミュニケーションに慣れられず、私のように思い悩む人は多いのではないでしょうか」

だからこそ、過度なストレスにならない範囲で、色々な人と交わることが必要なのかもしれない――。ゆめのさんは、そのように考えています。


 

 


ゆめの:
マンガ家。著書に『心を病んだ父、神さまを信じる母』(イースト・ブレス)。好きなことは寝ること。

【連載・#コミュ力社会がしんどい】
生きていれば、他人と関わることが怖いと思うことは、誰しもあるのではないでしょうか。クラスメートと会うだけで疲れる。アルバイト先になじめず、同僚から距離を置かれてしまう……。人付き合いは苦手だけれど、何とかうまく交わりたい。こじれた気持ちをほどくため、もがいてきた日々について、漫画家・ゆめのさんが描きます。毎月最終火曜日更新。(連載記事一覧はこちら
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます