MENU CLOSE

連載

#63 コミチ漫画コラボ

できないまんまのことがあってもいい 部活が教えてくれた道しるべ

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として、「#わたしのターニングポイント」をテーマにマンガを募集しました。

マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として、「#わたしのターニングポイント」をテーマにマンガを募集しました。マンガ原稿の持ち込み先で出会った編集者の一言や仕事でのとっさの対応を描いたマンガなど、大賞・入賞に決まった3作品を、寸評と共にご紹介します。
【PR】俳優 北川景子さん~映画『ファーストラヴ』公開記念インタビュー

【大賞】初持ち込みで出会った編集者さんのお話(小柳かおり著)

夢へと突き進む姿は、かっこいい。子ども/若者の夢を砕く多くは大人かもしれませんが、背中を押すのも大人です。

漫画家を目指して1ヶ月。作者の小柳かおりさんは、初めて出版社に原稿を持ち込んだときの様子を描きました。

線はガタガタ。ベタ塗りは甘く、物語の構成もまだまだだったのかもしれません。しかし対応した編集者は、マンガの中身よりもなぜ漫画家になりたいのか、どんな作品を描きたいのか、じっくり話を聞いてくれました。そして、帰り際にはある一言を投げかけます。

夢を叶えようと一生懸命走っている人へ、言葉をかける方も無責任なことは言えません。編集者の意図はわかりませんが、その一言は小柳さんを勇気づけ、創作活動の後押しをしました。一期一会の素敵な出会いに胸が熱くなりました。

【入賞】ケセラセラ~♪なるようになる~♪(chiku著)

「なるようになる」。いい言葉ですね。

遊園地のアトラクションの企画運営に携わっていたとき、作者のchikuさんは、外周列車のガイド「ロバート」の代役を務めることになりました。残された時間は6分。乗客は満員。足りないのはガイドだけです。

ピンチのときに機転を利かせられるか。chikuさんのとっさのパフォーマンスは評判になり、その後数年間ガイドを担当したそうです。

何が起こるかわからない人生。考えすぎて何もできないよりは、「なるようになる」と考えたほうが肩の力を抜いて楽しめるのではないでしょうか。

【入賞】できないまんまのことがあってもいい(ひとり著)

好きなことと結果が出ることは別物。興味がなくてもやってみたら結果が出て、好きになるかもしれません。

作者のひとりさんは高校生のころ、「ヘタクソ」でも好きなサッカーと、「興味のない」陸上の選択から「できないまんまのことがあってもいい」と気づきました。

陸上部の生徒に誘われて入部し、どんどんタイムを縮めます。サッカーへの未練はいつの間にか消え、「走ることはサッカーより好きなこと」になっていました。

これは仕事にも通じます。好きなことを仕事にしても、適性がある、結果を残せるとは限りません。その判断をどこでできるか。考えさせられました。

    ◇

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のお題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

 

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイト(https://comici.jp/stories/?id=402)でご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!


 
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます