MENU CLOSE

お金と仕事

1954

就職活動を「挫折」と答えた私 歌手の夢破れ…社会人バンドが光に

東京大学発の社会人バンド「Penthouse」。大島真帆さんはツインボーカルの一人としてバンドを引っ張る存在だ=Penthouse提供
東京大学発の社会人バンド「Penthouse」。大島真帆さんはツインボーカルの一人としてバンドを引っ張る存在だ=Penthouse提供

目次

結成25周年を迎えたV6がリリースしたシングルのカップリング曲「ただこのまま」を、東京大学発の社会人バンド「Penthouse」が提供しました。大学卒業後、それぞれ社会や大学院などに身を置きながら、サークルのOB合宿を機に2018年に結成。YouTubeを始め、SNSでオリジナル曲やカバー曲などを積極的に配信しています。ツインボーカルの一人、大島真帆さんは幼いころから夢見た歌手を諦め就職。しかし、Penthouseと出会い再び音楽が生活に彩りを与えています。どのような心境の変化があったのか、大島さんがコラムをつづりました。

【Penthouse】東京大学発6人組「シティソウル」バンド。洗練されたカバーやオリジナル楽曲をYouTubeにおよそ週1回のペースで投稿。パワフルな男女ツインボーカルを軸に、「日常をおしゃれに彩る音楽」を探求している。メンバーは、浪岡真太郎(Vo.&Gt.),大島真帆(Vo.),矢野慎太郎(Gt.),大原拓真(Ba.),Cateen(Pf.),平井辰典(Dr.)。

例外なく驚いた面接官

「人生で一番の挫折は何ですか?」

そう聞かれたら皆さんは何と答えますか?

就職活動をしているとき、よく聞かれた質問です。私の答えはこうでした。

「就職活動をして、今ここにいることです」

この答えを聞いた面接官は、例外なくキョトンとしていたことを今も覚えています。

歌手を目指した学生時代

大学3年生の夏まで、私は就職する気など全くありませんでした。物心ついたときから人前で歌って踊ること、スピーチすることが大好き。何かと言ってはイベントごとで前に立ち、いつも主役やセンターでいたい目立ちたがり屋だったと思います。

もちろん将来の夢は歌手。DREAMS COME TRUEの吉田美和さんの歌を初めて聞いた時に心が震え、自分がやりたいことはこれだと確信しました。

そんな私はいま、働きながらPenthouseというバンドでVo.をやっています。当時は考えもしなかったことです。会社員をしながらバンド活動をして、たくさんの方に応援頂いている今の状態など。ましてやツインボーカルなんて!

全体練習をするPenthouse=吉田貴司撮影
全体練習をするPenthouse=吉田貴司撮影

覚悟がなかった

学生時代の私は「歌手になりたい」という夢を語ることで自分に自信をつけていたのだと思います。勉強だって憧れだった青山学院に行くためだと思えば全く苦ではなかったし、厳しいダンスレッスンだって将来のためを思えば、一分一秒無駄にしたくありませんでした。(それ故にダンス教室では同世代のライバルたちとは仲良くなれませんでしたが…)

それでも私は就職活動をしました。なぜなら、歌手になれなかったからです。理由は色々ありますが、一番は音楽だけで生きていく覚悟がなかったから。

高校時代から色んな人がチャンスをくれました。文化祭でのライブを見に来ていた芸能事務所に声をかけていただき、プロデビューをかけたオーディションに参加したり、大学時代にはラジオ番組のメインパーソナリティを務めたりしました。

どれも真剣でしたが、プロとして進むチャンスをつかめませんでした。いま振り返ると、「今じゃない。自分のベストタイミングは今じゃない」とどこか逃げ道を作っていた気もします。そんな覚悟でデビューできるほど、当然この世界は甘くなく。気がついたら大学3年生の夏を迎えていました。

就職してからも歌うことは続けていましたが、プロになるなんてまた夢の夢。仕事もハードで思うように練習もできず、どんどん歌う時間は減っていきました。「出会えてよかった」と思ってもらえる仕事がしたいと人材業界に入りましたが、日頃から喉を使うので、声帯に疲労がたまり、声も思うように出なくなっていました。

ライバルからの誘い

そんな時、Penthouse発起人の浪岡(真太郎)に声をかけてもらいました。私は東京大学のインカレ音楽サークル出身で、浪岡はサークルの同期。同じボーカルということもあり、入部当時からものすごく意識していた存在でした。(生意気で先輩にも遠慮なくタメ語を使うスタイルが苦手だったので、あまり関わらないようにしていたのは、今となっては笑い話です)

「自分とツインボーカルでバンドをやってほしい」。浪岡からそう言われて、二つ返事で引き受けました。断る理由などありませんでした。仕事は好きでしたが、音楽の色が薄い日常はどこか味気なく、無味乾燥でした。

バンド活動は真剣にやってきましたが、どれも「自分たちがやりたい音楽を楽しくやっている」という感覚に近く、たくさんの方に聞いてもらうためにどうするか? ということはあまり考えていませんでした。

その点Penthouseは、自分たちの音楽を大切にしながらも、どうしたら多くの方に楽しんでもらえるか? 知ってもらえるか? そしてPenthouseの曲を聴いてもらえるか? を常に考えながら活動しています。

仕事をしながらでも妥協せず、プライドを持って作品を作り上げていくメンバーの姿は、同じバンドメンバーながらも尊敬している所です。

お互い刺激し合える存在となっているPenthouse=吉田貴司撮影
お互い刺激し合える存在となっているPenthouse=吉田貴司撮影

Penthouseが人生の彩りに

これまでは、自分が興味のある分野以外にはあまりアンテナを張っていませんでした。Penthouseの一員になったことで、世の中でどんなコンテンツが流行っているか、どんな動画が見られているのかといったことを情報収集し、それをいかに咀嚼、発信していくかを考えるようになりました。

同じようにSNSなどで発信されている歌い手の方々と知り合い、一緒に動画を作ったり歌ったりする機会も増えました。それはPenthouseというバンドが、たくさんの方に興味を持って頂いたからこその機会だと思いますし、このバンドをやっていて良かったと感じる瞬間でもあります。

何より自分の歌が、声が、さらにはキャラを好きだと言ってくださる方々に出会えたことは、何物にも代え難い幸せです。

Penthouseの活動が始まってからは、働きながらバンド活動をするライフスタイルが私の人生に彩りを加えてくれました。自分の歌が届いていることを実感するたびに胸が高鳴ります。

仕事でたくさんの人と出会い、様々な価値観に触れることができるのも財産となっています。今は転職エージェントとして月30~40人との新たな出会いがあります。思いがけないうれしい出会いもあれば、人を信じられなくなりそうな時もありました。でもそういった一つひとつの出会いが私の音楽に深みを与え、歌に説得力を足していってくれていると感じます。

「人生で一番の挫折」はまだ

私の特技は人を覚えることなので、YouTubeやSNSにコメントをよく下さる方たちはバンドでは一番把握しているつもりです。ファンの方が親身に応援してくださっていて、存在を身近に感じるとともに、日々の生きがいに繋がっています。平日であれば仕事のモチベーションに直結しています。

これからも音楽を通して、もっと多くの方々と出会っていきたい。作品作りをする仲間はもちろん、まだ我々を知らない未来のファンの方々にも。

きっと、私の「人生で一番の挫折」はまだまだこれからだと思います。挫折と感じるくらい、歌手をひたむきに目指していた学生の頃くらい、本気で目指せるもの。それを私はPenthouseのVo.として6人で探していけたらと思います。そしてただ音楽をやるだけでは見られなかった景色や人、新たな自分に出会えることに期待を抱きながら、これからも働き、歌い続けたいと思うのです。

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます