MENU CLOSE

連載

14619

#51 コミチ漫画コラボ

「串カツは2度づけできるんやで!」信じてもらえない話、漫画で描く

「自分でも信じられない」不思議なエピソードも…

コミチ×withnewsコラボ企画「#わたしの信じてもらえない話」
コミチ×withnewsコラボ企画「#わたしの信じてもらえない話」 出典: コミチ
あれを見たのは私だけ? あのルールは地元だけ? 共通認識だと思っていたのに、周囲からの賛同を得られない場面ってありますよね。 マンガのSNSを運営する「コミチ」とのコラボ企画として、「#わたしの信じてもらえない話」をテーマにマンガを募集しました。自分だけに起こった不思議な出来事や、今ではなかなか見られない懐かしい記憶など、たくさんの漫画が集まりました。大賞・入賞に決まった4作品を、withnews編集部の寸評と共にご紹介します。

【大賞】「人情商店街」筑濱カズコ著

冬、空き缶を集めるホームレスの「おじさん」は、春に地べたで「人生相談」を始め、夏には服装も新たに占いに転向、秋には「卒業」していった……。短いストーリーながらも、1年を通して変化していく「おじさん」のたくましさと、おじさんを見守る街の人たちのつながりに心あたたまります。

自分の持てる知識や技術で生活を続けていくという、人間が積み重ねてきた「生きる術」。社会のレールから外れてしまったときに、それをゼロから組み立てるのはどれほど大変なことでしょうか。主人公の「人生相談すればよかった」という言葉に、さまざまな思いを重ねてしまいます。

※大賞の筑濱カズコさんのインタビューは、23日(木)にwithnewsにて配信する予定です。

【入賞】「テロリストとニアミスした話」るかぽん著

駅の券売機で、困っている男性。どうやら海外からの渡航者で、切符の買い方がわからないようです。他の人が見て見ぬふりをする中で、作中の主人公が声をかけて手伝うと、去り際にこんなことを言われました。「あなたは親切だから特別に教えてあげる」「今年のクリスマスの日には、絶対に東京にいないでください」。不審に思っていると……。

違和感を持ちながら読み進めると、まさかの展開が待っています。まさに自分の身に起こっても信じられないような、不思議なエピソードです。

【入賞】「串カツは2度づけできるんやで!」筑濱カズコ著

大阪名物・串カツのルールと言えば、ソースの「二度づけ禁止」。しかし、マンガでは「裏技あんねんで!」と紹介します。なんと、付け合わせとして出てくるキャベツを、スプーン代わりにソースをすくって串カツにかけるのです。そんな方法があったとは……!


キャベツの活用法に目からウロコが落ちました。作中ではこの「裏技」は疑いの目で見られていますが、お店によっても「ルール」は違うかもしれませんね。おいしそうな串カツが描かれていて、食べたくなってきました!

【入賞】「チャリ×キャリー」此方著

スーツケースを持って移動するのって大変ですよね。徒歩だから時間かかるし、キャスターで転がすだけでも意外と体力を使います。だからってこんなことをしてはいけません……。主人公が見たのは、自転車に乗りながら、片手でスーツケースを転がす男性です。「ガラガラ」と大きな音を立てて近づいてくるのは、ある種の恐怖でしょう……。

意外すぎる組み合わせに、あっけにとられてしまった主人公が「あのまま羽田行くんかな…」とつぶやくのがシュールでした。

    ◇

withnewsは2018年10月から、マンガのSNSを運営する「コミチ」とコラボ企画を始めました。毎月のお題に沿って、身近な出来事や思い出をストーリーにした作品を募集しています。

今回ご紹介できなかった応募作品は、コミチのサイトでご覧ください。ご応募いただき、ありがとうございました!

連載 コミチ漫画コラボ

その他の連載コンテンツ その他の連載コンテンツ

全連載一覧から探す。 全連載一覧から探す。

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます