MENU CLOSE

ネットの話題

184242

「縦読み」で自分を褒めてる! カップ焼きそば、ふりかけ小袋が話題

最近話題の「縦読み」。今度はカップ焼きそばの小袋です。

縦読みが仕込まれているのは赤い小袋です
縦読みが仕込まれているのは赤い小袋です

目次

 芸能人のSNSやハンバーガー店の垂れ幕で話題になった「縦読み」。今度はカップ焼きそばに添付されている「ふりかけの小袋」がネット上で注目を集めました。販売元の担当者に話を聞きました。

左端の一文字ずつを縦に読んでいくと、「エースコックマックスガンバリマシタ」となります
左端の一文字ずつを縦に読んでいくと、「エースコックマックスガンバリマシタ」となります

エースコックの商品です


 エースコックが昨年3月に発売した「スーパーカップMAX大盛り 太麺濃い旨スパイシー焼そば」。

 スーパーカップの焼きそば史上、最太麺と最大量のソースを使用していて、添付されている「MAXふりかけ」には100種類の素材が使われています。

 100種類の中には肉や魚介、野菜やハーブなどが含まれており、複雑でスパイシーな味わいに仕上がっているそうです。

縦読みが話題になっている「スーパーカップMAX大盛り 太麺濃い旨スパイシー焼そば」です
縦読みが話題になっている「スーパーカップMAX大盛り 太麺濃い旨スパイシー焼そば」です 出典: エースコック提供

MAXふりかけの小袋


 そのMAXふりかけの小袋には、横書きでエビ、チキン、ポーク、ホタテ、アサリ……といった具合に素材100種類が書かれています。

 単なる素材の表記のようですが、左端の一文字ずつを縦に読んでいくと「エースコックマックスガンバリマシタ」といったメッセージが現れます。

 先月中旬ごろ、これに気づいた人がツイッターで紹介すると「縦読みにかける情熱がすごい」「やるじゃんエースコック」といったコメントが寄せられ話題になりました。

 テレビ番組でも紹介されたこの縦読み。実は発売直後の昨年4月にも話題になっていました。

100種類の素材が使われている「MAXふりかけ」
100種類の素材が使われている「MAXふりかけ」

担当者に聞きました


 縦読みの狙いについて、エースコックの担当者はこう説明します。

 「ちょっとした仕掛けをすることで、気付いた人が少しでも『おもしろい!』『楽しい!』と思ってくれれば、という思いで作りました。再びネット上で話題となっているということで、弊社としましては喜ばしく思っております」

 実はこの商品、今月2日にリニューアルを予定です。ふりかけの縦読みのメッセージも変更になるそうで、「ぜひお召し上がりください」とのことでした。

こちらがリニューアル後のパッケージ
こちらがリニューアル後のパッケージ 出典: エースコック提供

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます