MENU CLOSE

ネットの話題

81439

「配慮の過剰なお笑い」マンガ「面白さ」の後にやってくる「恐怖感」

誰もが安心して楽しむためには…

「配慮の過剰なお笑い」とは
「配慮の過剰なお笑い」とは 出典: 255さんのツイートより

目次

「バカ野郎」と言って相手の頭をはたく。お笑い漫才でおなじみの「ツッコミ」に、過剰とも言える配慮の注釈を入れたイラストが話題です。はたく行為や「バカ野郎」という言葉に相手を傷つける意図がないこと、ボケとツッコミの2人の信頼関係をこれでもかという長文で伝え、「安心してお楽しみください」で締めくくられています。ツイッターでは「面白い」という声とともに、「近未来予想のような恐怖感もある」と話題です。作者に聞きました。

「配慮の過剰なお笑い」とは

ツイートを投稿したのは漫画家の255さん(@nikokosan)。「配慮の過剰なお笑い」という文言とともにツイートしたのが、漫才をする2人と以下の長文のテロップが入ったイラストです。
これはあくまでお笑いにおける「ツッコミ」であり、暴力を助長する意図は含まれておりません。2人はプライベートでも仲が良く、幼稚園生の頃から家族ぐるみでの付き合いもあるとか。
「バカ野郎」と叩いてはいますが、ツッコミの田中さんは学生時代、ボケの高橋さんによく勉強を教わっており、本人のいないところでは「あいつは凄ぇよ。天才だ」と褒めていたそうです。
深い信頼関係のある2人です。安心してお楽しみください。
255さんのツイート

一言のツッコミに対し、200字近い説明がなされています。

近年、より多くの人が安心して楽しめるように、これまでのお笑いのスタイルが議論されるシーンも目立つようになりました。バラエティ番組でもさまざまな注釈がつけらているのも目にします。

そんな現状を重ねてか、ツイートには「面白いけど、近未来予想のような恐怖感」「割と笑えない話」という反応がある一方、漫才の様子だけでは見られない2人の関係性から「これはこれでほっこりする」「これをベースに漫才にしてほしい」という声も。

投稿は1.3万回以上リツイートされており、5万件以上のいいねが集まっています。イラストを投稿した255さんに話を聞きました。

「息苦しさをゆるい笑いに」

――「バカ野郎」というツッコミから、詳しく説明されているところがユニークです。どうしてこのようなイラストを描こうと思われたのでしょうか。

最近は色々な界隈で規制が厳しく息苦しいイメージがあるので、逆にそのあたりをゆるい笑いに変えられればと。

 
――今回のイラストを描く際に、気をつけた点や工夫した点はありますか。

過度に皮肉っぽくなったり、攻撃的であったりしないように気をつけました。あくまで気軽に面白がってもらうことを目的としています。

 
――2人が信頼し合っているのがわかり、ほっこりします。2人の関係はどのように考えられたのでしょうか。

ぱっと見では分からない信頼関係を書きたかったので、年季の入った付き合いということにしました。

なので家族単位での付き合いや学生時代のエピソードなどを入れてあります。
出典:255さんのツイートより

「切り分け」の意識が余裕を生む

――今回の投稿は、「多くの人が安心して楽しむ」難しさや時代の変化をポップに表現されていると感じますが、255さんにとって、これからお笑いはどうあってほしいと感じていますか。

お笑いに限らず、とにかくエンターテイナー・クリエイターが自由に物づくりに取り組める環境を望んでいます。

フィクションと現実の切り分け、作者と作品の切り分けといった意識が浸透すれば創作者・視聴者双方に気持ちの余裕が生まれるのではないかと思います。
――今回投稿が話題となったことについてはいかがでしょうか。

ふと確認したら50000いいねを超えていました。多くの方に見てもらえて嬉しいです。ただ、ことさらに風刺として描いたわけではなかったので反響の大きさに驚いています。

絵はほぼ毎日Twitterにアップしているので、興味をもっていただけたらフォローなどよろしくお願いします。(255さんのTwitterは@nikokosan

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます