MENU CLOSE

話題

11625

疲れた夜に現れる「満月珈琲店」 空色ソーダ、三日月クロワッサン…

疲れた人だけが行けるというコーヒースタンド「満月珈琲店」とは?

満月珈琲店のフードメニュー「星空のバターサンド」
満月珈琲店のフードメニュー「星空のバターサンド」 出典: 桜田千尋さん提供

目次

 疲れた人だけが行けるというコーヒースタンド「満月珈琲店」。今夜もきっと世界のどこかで頑張った人を応援しています――。そんな触れ込みで投稿される「星屑ブレンド」や「満月バターのホットケーキ」といった架空メニューのイラストが、ツイッター上で注目を集めています。作者に話を聞きました。

疲れた人だけが行けるというコーヒースタンド「満月珈琲店」
疲れた人だけが行けるというコーヒースタンド「満月珈琲店」 出典: 桜田千尋さん提供
月光ブレンドのアフォガード
月光ブレンドのアフォガード 出典: 桜田千尋さん提供

深海の水出しコーヒー


 先月14日にツイッター投稿された「深海の水出しコーヒー」。コーヒーのイラストに、こんな説明が添えられています。

 「海の奥深く、深海の水で抽出したコーヒーです。ゆっくり時間をかけたコクの深い味わいをおたのしみください 深海の水出しコーヒー ……430円」

 「#満月珈琲店」が付けられたこのツイートに対して、「素敵で飲んでみたい」「飲んだらきっと深海魚の夢でも見れそう」といったコメントが寄せられ、いいねは4千を超えています。


作者に聞きました


 「昨年投稿した『空色ソーダ』から続いていて、現在公開したメニューは30ほどです」と話すのは作者の桜田千尋さんです。

 会社員として働きながらイラストを描き、ツイッターやインスタグラムなどで公開しています。

 空色ソーダについては当初、「清涼飲料水」というタイトルで投稿しましたが、ほとんど反応がなく、しばらくしてから同じイラストを「空色ソーダ」としてツイートしたところ、いいねは8千を超えました。



 「イラストだけでなく、タイトルの重要性も知りました。これを機に意識するようにしています」と桜田さん。

 以前から発表していた、海に浮かぶコーヒースタンドのシリーズと結びつけて、「満月珈琲店で空色ソーダを販売しよう」となり、メニューが続々と追加されて現在に至ります。

お気に入りは「満月バターのホットケーキ」


 コーヒーの「星屑ブレンド」「月光ブレンド」、「空色ビール」といったドリンクから始まって、「満月バターのホットケーキ」「三日月のクロワッサン」といったフードも展開。

 以前からモチーフとしてよく描いていた天体だけでなく、「雲のソフトクリーム」「積乱雲のカップケーキ」といった気象を組み合わせたものもあります。

三日月のクロワッサン
三日月のクロワッサン 出典: 桜田千尋さん提供
積乱雲のカップケーキ
積乱雲のカップケーキ 出典: 桜田千尋さん提供


 「メモったアイデアをもとに、資料を集めて描きます。タイトルが先に浮かんで描くこともあれば、『ケーキが描きたい』と思って描き始めることもあります」

 2時間ほどで描き上げることもあれば、1カ月かけて何度も直すことも。描く際は、線を描いたり、色を付けたりする段階でサイズを小さくして確認しているそうです。

 「スマホで見る方がほとんどなので、それに最適化した形で描いています。描き込みすぎても伝わらないともったいないので」

 そんな桜田さんのお気に入りは「満月バターのホットケーキ」。

 ドリンクメニューから始まった満月珈琲店初のフードメニューということと、自身がホットケーキが好きというのが理由です。


ミュージシャンになるつもりが


 大阪芸術大学の音楽学科を卒業している桜田さん。

 ミュージシャンになるつもりでしたが、在学中にイラストを描く方が楽しくなり方針転換。就職活動はせずに、アルバイトをしながら描き続けました。

 同人即売会などで作品を販売し続けるうちに評判となりますが、アルバイト先から「正社員として働かないか」と声をかけられます。

夏の大三角のアイスキャンディー
夏の大三角のアイスキャンディー 出典: 桜田千尋さん提供


 正社員となって週5日働き、平日夜や週末にイラストを描く生活が数年続きましたが、今月からは願い出て契約社員に。

 出勤を半分ほどに減らし、満月珈琲店などのイラストを描く時間を増やすためでした。

 東京ドームシティにある宇宙ミュージアム「TeNQ」では、5周年記念のメインビジュアルを担当。「ベテルギウスのプリン」や「満月のドームケーキ」など、満月珈琲店のメニューが描かれています。



 また8月2~4日には、高校生たちが旗揚げした劇団Cheminee(シュミネ)による満月珈琲店の舞台公演もあります。

これからについて


 どんどん広がりを見せる満月珈琲店。桜田さん自身はあえて細かな設定などは考えていないそうです。

 「『疲れた人だけが行ける』『日没ごろにオープンする』『大きな猫のマスターがいる』といったことぐらいです。イラストを見た方から『きっと味はこうだ』『こんな設定になっているのでは』と楽しんでいただけていますし、私もそれを読むのが楽しいですから」

 今後についてはこう話します。

 「まだまだ満月珈琲店シリーズは描き続きたいと思っています。さらなる広がりも準備しているので、これからの展開にもご期待ください」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます