MENU CLOSE

話題

13431

犬、猫、タヌキ… 全部ティーバッグです! ヴィレバン通販にも登場

タヌキの形をした可愛いティーバッグが先日、ヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで発売されました。

一番人気「ぽんぽこだぬきのティーバッグ」
一番人気「ぽんぽこだぬきのティーバッグ」 出典: 大翔水産提供

目次

 タヌキの形をした可愛いティーバッグが、ヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで発売されました。埼玉県の水産会社が手づくりしているティーバッグで、ネット上でたびたび話題になる商品です。イヌやネコからイルカやマンボウまで約80種類を手がける社長に話を聞きました。

クラゲのティーバッグ
クラゲのティーバッグ 出典: 大翔水産提供

タヌキの中身はほうじ茶


 ヴィレヴァンのオンラインストアで3月下旬から予約注文が始まった「ぽんぽこだぬきのティーバッグ」。

 ひと目でタヌキとわかるシルエットの中に入っているのは「ほうじ茶」で、お湯を注ぐとタヌキ色に変化します。

 ヒモの持ち手部分を葉っぱのようにするなど、細かい部分までこだわっていて、価格は4パック入りで税込み1820円です。

一番人気「ぽんぽこだぬきのティーバッグ」
一番人気「ぽんぽこだぬきのティーバッグ」 出典: 大翔水産提供

水産会社で手づくり


 昨秋にもツイッターで「すごく欲しい」「使うのがもったいない」と話題になったタヌキのティーバッグ。

 作っているのは、カニの輸出入などを手がける大翔水産(埼玉県戸田市)です。

 なぜ、水産会社がティーバッグを作っているのか? 理由について、代表取締役の高橋翔太さんはこう説明します。

 「水産関連の会社として設立しましたが、ホームページ制作やデザインなども手がけています。依頼を受けてお茶屋さんのホームページを制作する中で、ティーバッグを作ることになったんです」

こちらは海の生き物たち
こちらは海の生き物たち 出典: 大翔水産提供

作ったきっかけは


 ホームページを制作中、お茶屋さんに「せっかくなので看板になる商品を作りませんか」と提案。すると「イルカのティーバッグを作ってみたかった」と言われました。

 製造を委託できるところを探しましたが、「そんなの売れないよ」と断られたそうです。「それなら自分で作ってやろうと考えたんです」と高橋さん。

 まずは第1作目のイルカをお茶屋さんで販売。好評だったため、シリーズ化して自社サイトでの販売を始めました。

第1作目のイルカでした
第1作目のイルカでした 出典: 大翔水産提供

これからも手作りで


 これまでに、ラッコ、ジンベエザメ、マンボウ、シーラカンスといった海の生き物から、ネコ、ハリネズミ、フェネック、チベットスナギツネなどの陸の生き物まで約80種類を制作。

 工場で大量生産しているわけではなく、社内で手作りしています。

 「昨年は5人ほどで作っていましたが、最近は私も含めて10人で作っています。以前より数が作れるようになったので、ヴィレッジヴァンガードさんでタヌキを売っていただくことになりました」

 ティーバッグのデザインをベースに、中身を入れ替えてポプリとして売るなど、ヨコ展開も始まっています。

こちらはネコ
こちらはネコ 出典: 大翔水産提供


 今後について、高橋さんはこう話します。

 「これまで、あえて複雑でマニアックなモチーフを選んできましたが、その方向性は維持していきたいです。工場で大量生産するのではなく、手作りでマニアの方にも長く愛される商品を作り続けたいです」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます