close

閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年12月22日

「おひとりさま宣言」したら、世界が広がった アラサー編集者の1年


  • 16765

昨年に続き編集を担当したKADOKAWAの中村茉依さん

昨年に続き編集を担当したKADOKAWAの中村茉依さん

最新ニュースを受け取る

 日本中のぼっちが幸せでありますように――。そう願いを込めて今月発売されたのが「おひとりさま専用Walker2019」(KADOKAWA)です。手がけたのは昨年と同じアラサー女性編集者。「本をきっかけにおひとりさまを公言するようになったら、日常の見方が変わりました」。一人客に向けたサービスが充実している店の多さに気づいたり、本の反響で多くのおひとりさまに出会ったりして、世界が広がったと言います。そうして得た気づきも盛り込み、「一人だからこそ得する、役立つ情報」を全国から集めた今回の一冊。発売から3日後には重版がかかり、好評だった昨年を上回る売れ行きを見せています。

前作ヒットでも「今年も自分から」

 「上司から『売れたから第2弾も』と言われたわけではなく、今年も自分から企画を出しました」

 こう話すのは、東京ウォーカーの編集部に所属する中村茉依さん(30)。中村さんは昨年12月、編集部としては初めて「ひとり」をメインコンセプトに打ち出した「おひとりさま専用Walker」の出版を手がけました。

 当初、編集部には慎重論もあったおひとりさま専用Walkerですが、発売後はSNSやメディアに取り上げられ話題になり、今年9月には4刷まで重版。ムック本としては異例の売れ行きを見せています。

 ラーメンWalkerなど、反響が大きかった企画は翌年以降も続く流れがあるそうですが、「『おひとりさま』にはそういう雰囲気がなかった」と振り返る中村さん。それでも、「夏前ぐらいから今年も作りたいと思っていた」と自ら手を挙げました。

今年も中村さんが企画した「おひとりさま専用Walker2019」

今年も中村さんが企画した「おひとりさま専用Walker2019」

公言して得た二つの気づき

 そう思ったのは、昨年の出版を機におひとりさまを公言して、中村さんに二つの気づきがあったからです。

 一つは、「世の中は割と、一人のお客さんを歓迎しているんだな」ということ。昨年は一人でも入れる飲食店や商業施設を「探る」スタンスでリサーチしていましたが、今年は、中村さん自身が普通の焼き肉店にも一人で入るようになるなど、「前のめりなおひとりさま」になったことで、店側も一人客への対応を考えていることを知る機会が増えたそうです。

 「東京ウォーカーの取材の時に『おひとりさま専用Walkerも作っているんですよ』と話すと、『カウンター席が埋まらなくて困っているんだよね。一人のお客さんも来てほしいんだけど』と話してくれた飲食店の方がいました。他にも、おひとりさま向けのサービスを展開している店の情報が寄せられ、『自分はどんどん前に出ていっていいんだな』というのを改めて確認した1年でした」

 もう一つは、「おひとりさま編集者」としてテレビやラジオ、イベントなどへ出演し、多くのおひとりさまと出会ったことで得た気づきでした。

 「一人でいることにネガティブなイメージを持っている人、ひとり焼き肉やひとり居酒屋を経験し『今度はひとりビュッフェに行きたい』と前のめりな人……。印象的だったのは、結婚しているけど『自分のために使う一人の時間がほしい』と話していた人です。おひとりさまにも色々な形があることに気がつきました」

「一人で行きたい」「行きやすい」お店を〝ひとり率〟を用いて紹介している「ひとりメシ」特集

「一人で行きたい」「行きやすい」お店を〝ひとり率〟を用いて紹介している「ひとりメシ」特集

ディズニーの「ソロベンチ」もリサーチ

 ネガティブなイメージを持っている人とは、一冊目を作っていた去年の自分が重なったという中村さん。「だからこそ、一人だから得をする情報をいっぱい入れたいなと思って。二人ではできない、一人だからこそ享受できるお得な体験やサービスを盛り込みました」

 ソロ活・ひとりメシ・おひとりさま専用グッズ……、と「一人だからこそ得をする」にとことんこだわった今回の一冊。飲食店とコラボし、「おひとりさまです」と伝えるとドリンクのサービスなどが受けられる「ソロアワー」は、目玉企画の一つです。「ひとりディズニー」では、東京ディズニーランドのスプラッシュ・マウンテンで「シングルライダー」を自ら体験。待ち時間が大幅に減ったことを身をもって伝えています。

 「ひとりディズニーでは、ランドとシーを一日中歩いて、一人で座れる「ソロベンチ」も探しました。本で紹介したのは10カ所ですが、全体のベンチの1~2割はおひとりさま向けのベンチでした」

 「企画の前に、ひとりディズニーのプロであるホフディランの小宮山雄飛さんから話を聞いたら『ベンチに座ってディズニーランドの景色と一体化することが醍醐味だ』と話していたんです。確かにパークと一体になれた気がします。あとは『あのカップル、ケンカしているな』というように周りの人間関係がよく見えるんですよ。だから、最高の人間観察スポットかもしれませんね」

東京ディズニーランドのソロベンチに座る中村さん=撮影/最上梨沙(C)Disney

東京ディズニーランドのソロベンチに座る中村さん=撮影/最上梨沙(C)Disney

おひとりさま、特別じゃない

 さらに今回は、東京だけでなく全国の情報が掲載され、ページ数も増えました。「おひとりさまって特別なことではなくて、普段過ごしている毎日からちょっと足を踏み出せば得する世界がたくさんある。それって東京だけではなくて、北海道から沖縄まで誰にでも言えることだから、全国の情報を集めました」と話す中村さん。

 「読者のみなさんに本当に役立つ、得する一冊になったらうれしいです」


おひとりさま専用Walker2019(KADOKAWA)

ディズニーにあった「ソロベンチ」 おひとりさま編集者がリサーチ
前へ
東京ディズニーランドにある「ソロベンチ」=撮影/最上梨沙(C)Disney
次へ
1/6
前へ
次へ


コメント

あわせて読みたい

「母という生き物」になったんだ… 息子を抱く実母を見て思ったこと
「母という生き物」になったんだ… 息子を抱く実母を見て思ったこと
「幸せに病める世界を」メンヘラテクノロジ...
「幸せに病める世界を」メンヘラテクノロジ...
「せんせいだいすき、チュー」少女が問いかける在宅医療という選択
「せんせいだいすき、チュー」少女が問いかける在宅医療という選択
「やりたくない勉強はしなくてもいい」の断言から考える学校の役割
「やりたくない勉強はしなくてもいい」の断言から考える学校の役割
手のひらがラピュタのロボット兵に! 歩いて踊る「指遊び」が話題に
手のひらがラピュタのロボット兵に! 歩いて踊る「指遊び」が話題に
横田基地「友好祭」、テーマパーク級の盛況 これも在日米軍の風景
横田基地「友好祭」、テーマパーク級の盛況 これも在日米軍の風景
見た目問題、「感動ポルノ」と言われても報じる理由 長男への思い
見た目問題、「感動ポルノ」と言われても報じる理由 長男への思い
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
大阪駅地下通路に映画「ライオン・キング」巨大モザイクアート出現!
PR
外国人労働者の「日本愛」と「絶望」ベトナ...
外国人労働者の「日本愛」と「絶望」ベトナ...
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きたいし働ける障害者はいる」
体の自由を失ってわかる仕事の価値「働きたいし働ける障害者はいる」
仏壇彫刻の技が「kiboriブローチ」に! 山...
仏壇彫刻の技が「kiboriブローチ」に! 山...
V6・井ノ原快彦さん、クラス全員に無視された経験がつくった「今」
V6・井ノ原快彦さん、クラス全員に無視された経験がつくった「今」

人気

もっと見る