MENU CLOSE

話題

7147

何やってもうまくいかない「平成元年生まれ」を救ったシンプルな答え

夜遊びで荒れていた2016年夏ごろ、都内の路上で寝そべる上野鷹秋さん=上野さん提供
夜遊びで荒れていた2016年夏ごろ、都内の路上で寝そべる上野鷹秋さん=上野さん提供

目次

 引きこもりから始まり、若はげ、ブラック職場、風俗狂い、借金、夜逃げまで。人生における六つの試練を、20代でコンプリートした平成元年生まれの男性がいます。自暴自棄になってもおかしくない中、助け舟となったのは好きなアニメ制作への情熱でした。新元号の時代が近づく今、彼は訴えます。「不器用にあがいていくしかないのです」(朝日新聞記者・高野真吾)

【関連リンク】引きこもり、若はげ、風俗、借金…全部やった「平成元年生まれ」の今

借金返しながらアニメ制作

 六つの試練をコンプリートしたのは、アニメーターの上野鷹秋さん(29)。

 高校で引きこもりを経験。同時に若はげに悩みはじめ、初めての職場は「ブラック職場」でした。失恋をきっかけに風俗通いとなり借金まみれに。先輩宅に夜逃げをします。

 上野さんは今、働いて借金を返しながらアニメ制作をしています。
 

PCに向かい真剣な表情でアニメ制作をする上野鷹秋さん=東京都狛江市、高野真吾撮影
PCに向かい真剣な表情でアニメ制作をする上野鷹秋さん=東京都狛江市、高野真吾撮影

20日に自身が主人公のアニメ発表

 不器用な男と宇宙人が一緒に暮らすアニメ作品「ダムダムボーイズ」のほか、自分自身を主人公としたドキュメンタリーアニメも制作の最終段階です。
 
 悩みもがいてきた平成の29年間を「キャッチーでポップ」に描くことを目指しています。
 
 まもなく完成の作品は、10月20、21日に東京・品川で開かれるドキュメンタリーの祭典「ドキュ・メメント」で上映予定です。上野さん自身が20日午後5時から登壇し、作品を発表し、思いを語ります。詳細はフェイスブックページ(https://www.facebook.com/bugdocument/?ref=bookmarks)。
 
 
 
上野さんが発表準備中のドキュメンタリーアニメのキャラクター。真ん中の白いシャツを着ている生き物が、上野さんのキャラになる=本人のフェイスブックより
上野さんが発表準備中のドキュメンタリーアニメのキャラクター。真ん中の白いシャツを着ている生き物が、上野さんのキャラになる=本人のフェイスブックより

先輩「人の良さが生きる弱点に」

 職場になじめず、公私ともに苦労している上野さんの姿をずっと見てきた人がいます。

 借金まみれの上野さんが、転がりこんだ大学時代の先輩の金子怜史さん(30)です。

 「普通は大人になると他人とは割り切って付き合い、妥協しますよね。ところが、上野はずっといい顔ばかりするから、時に足元を見られてしまう。人の良さは魅力なのですが、生きるのに弱点になっています」(金子さん)

大学時代の上野さん(左)と居候先になっている金子さん=上野さん提供
大学時代の上野さん(左)と居候先になっている金子さん=上野さん提供

「自分をだまし見失った」

 そんな上野さんに「生きづらさを抱えて生きる」ことについて聞きました。

 ――上野さんが生きづらいと感じる要因は何なのでしょうか?

 「僕は仕事がしたくないのでなく、何かの役に立ちたいという思いはあります。仕事でつまずくことが多いのは、人との問題なのかな。合う人とは合うのですけど、合わない人に何かを言われると、すごくストレスを感じます。本音で話をできないし、抱え込んでしまう。職場の人には愚痴も言えません」

 ――人間関係以外の要因はありますか?

 「自分にウソをつく、ため込むと生きづらいです。例えばワンマン社長に『黙れ!』と言いたいけど言えない。やりたくない仕事をしないといけない。自分の本心と違うことをし続けると苦しくなります」

 「自分をだましていると自分が分からなくなるのです。僕は自分をだまし、生活費をかせぐために20代の前半はアルバイトばかりしました。その結果、自分を見失うことになってしましました」

老人ホームで働いていたころの上野さん=本人提供(画像の一部を加工しています)
老人ホームで働いていたころの上野さん=本人提供(画像の一部を加工しています)

「内面探り、行動して」

 ――生きづらさから救ってくれたのは、好きなアニメ制作だったのでしょうか。

 「そうです。アニメ制作は大学生の時に楽しかったし、絶対にあの経験はウソじゃないと思えました。迷っていたからこそ、好きなことをする原点に戻りました。あと、金子さんのような自分に寄り添ってくれる先輩、友人がいたのは大きいです」

 ――好きなことと友人がいれば、だいぶ生きやすくなるということですか。

 「不安な時はありますが、よりどころがあると乗り切れます。生きづらいと思っている人は、自分に対してそれだけ真面目なのです。だから悲しく思わないで欲しい。求めれば助けてくれる人はいるはずです」

 ――上野さんも回り道をしながらも、少しずつ進んできました。

 「前向きになれる考え方や行動の仕方を探し続けることです。自分の好きだったことはなんだろうと、内面を探るのです。糸口が見つかったら、行動してみて下さい。不器用にあがいていくしかないのです」

関連記事

新着記事

PR記事

コメント
CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます