閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年05月09日

自販機のラベル、よく見たら全部手描きだ! きっかけは東日本大震災

  • 120344

この自販機のラベル、ぜんぶ手描きです

この自販機のラベル、ぜんぶ手描きです

 一見すると何の変哲もない自動販売機。しかし、見本品のラベルをよく見ると、すべて手描きだった――。そんな自販機が、ネット上で注目を集めています。設置されているのは茨城県北茨城市の旅館です。仕事の合間にスタッフが手描きで作っているこのラベル。きっかけは2011年の東日本大震災でした。

一見すると普通の自販機です

一見すると普通の自販機です

すべて手描きでした


 今月5日にツイッター投稿された画像。写っているのは普通の自販機のように見えますが、よく見ると見本品のラベルがすべて手描きなのがわかります。

 「ポカリスエット」の水色は本物よりも淡い色合いに。「スーパードライ」は書かれている英語のメッセージ部分が人の名前になっています。しかし、どれもパッと見ただけではわかりません。

 この投稿に対して、「クオリティー高っ」「見本もらえるはずだけど、なぜわざわざ?」といったコメントが寄せられ、リツイートは5万、いいねは18万を超えています。

「ポカリスエット」の水色は本物よりも淡い色合いに

「ポカリスエット」の水色は本物よりも淡い色合いに

「スーパードライ」は書かれている英語のメッセージ部分が人の名前になっています

「スーパードライ」は書かれている英語のメッセージ部分が人の名前になっています

北茨城市の旅館です


 この自販機が設置されているのは、茨城県北茨城市にある「あんこうの宿 まるみつ旅館」です。

 旅館の名物は「あんこう鍋」。昨年12月に開催された、全国のご当地鍋の人気を競う「鍋-1グランプリ」でも優勝しています。

 「手描きのラベルにして6年ほどになりますが、こんなに話題になったのは初めてです」

 そう話すのは常務取締役の小野智さん(38)です。

これまでに作ったラベル

これまでに作ったラベル

きっかけは震災


 手描きするようになったきっかけは、2011年3月の東日本大震災。

 沿岸部にある旅館ですが、やや高台だったため、津波の被害は免れました。

 しかし、建物には大きな亀裂が入り、縦に割れたような状態に。改修・補強が終わるまでの間、休業を余儀なくされました。

 震災が起こって客足も減り、旅館スタッフたちも手持ちぶさたに。こんな時だからこそ何かやろう、と考えたのが「手作り感のある旅館づくり」でした。

 「パッとわからなくてもいい。気づいた方が喜んで、他にも何かないかな?と楽しんでいただけるような、ちょっとした仕掛けをやろうと考えました」と小野さん。

 自販機だけでなく、館内のあちこちに黒板を設置。メッセージやイラストを手描きし、定期的に変えています。

描いているのは2代目スタッフ

描いているのが、スタッフの佐藤美和さん

描いているのが、スタッフの佐藤美和さん


 現在これらを描いているのが、スタッフの佐藤美和さん。2年ほど前、前任者が退職したのを受けて2代目に任命されました。

 「フロントに立ちながら、手が空いた時にこつこつ描いています。自販機に新商品を入れる際や、ラベルデザインが変更になるたび、コピー用紙を取り出して描くんです」

 実物を横に置きながら、軽く鉛筆で下書きして色をつけているという佐藤さん。一番のお気に入りと、苦労したラベルを尋ねると、こんな答えが返ってきました。

 「お気に入りはサントリーの烏龍茶です。理由は私が好きな飲み物だから。苦労したのは缶コーヒーのBOSS。あの男性の顔がなかなかうまく描けなくて」

佐藤さんのお気に入りは「烏龍茶」

佐藤さんのお気に入りは「烏龍茶」

一番苦労したのはBOSS

一番苦労したのはBOSS

地味にこっそりと……


 スーパードライに書かれている数々の名前は誰なのか?

 「あれは当時の旅館スタッフの名前です。前任者が描いたもので『遊び心でやってみた』と言ってました」

英字部分は当時の旅館スタッフの名前になっています

英字部分は当時の旅館スタッフの名前になっています


 ネット上で話題になっていることを知らなかったという佐藤さん。

 「取材の連絡を受けて、19歳の息子に検索してもらったら、『ママ、すごいことになってるよ』と言われてビックリしました。地味にこっそり続けていきたいと思います」

 長年の取り組みが評価されたことについて、小野さんはこう話します。

 「ちょっとした仕掛けのつもりが、こんなに話題になって驚いています。何かの縁でこちらの宿にいらっしゃった際は、他にも何かないか探していただけるとうれしいです」

自販機のラベル、よく見たら全部手描きだ!
前へ
一見すると何の変哲もない自動販売機。しかし、見本品のラベルをよく見ると、すべて手描きです
次へ
1/33
前へ
次へ

あわせて読みたい

「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
「僕は今、社会の最底辺にいる」生活保護を申請した男性の告白
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
裏表紙にサプライズも、描き下ろしカバー『スラムダンク』新装再編版
PR
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
「子供ができて知ったこと」、最後の1コマに涙腺崩壊 2児の母に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
毛むくじゃらで話題のナナちゃん、いったい何者? 名鉄百貨店に聞く
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
アイス「替え玉」できます! 1回200円で回数制限なし 熊本の専門店
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
「学校の軍事利用」反対しない日本 高校生...
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
ネットでは悪い話ばかりが広がるから… 電車のホッコリ体験が話題に
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
守ってくれなかった先生「俺、信頼してたのに」夜廻り猫が描く噓
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
縁ギザギザの「ギザ10」…1枚8万円? なぜ生まれた、価値に迫る
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
「ハッピーターン」が作られた深い理由…「幸福の日」って?
PR
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
開けば驚く「だまし絵」ノート! 作者は19歳 完成までの経緯を聞く
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた
ある日、イオンが消える……「残された」住民の思いを聞いてみた

人気

もっと見る