閉

これフカボリしてほしい

リクエストする

閉

2018年02月16日

裏切り・倒産…精根尽きても笑ってくれた親父 夜廻り猫が描く励まし

  • 63261

夜廻り猫が描く「励まし」

夜廻り猫が描く「励まし」

 「これからは首輪のない犬。なくなったのは、首輪だけだ」。父から継いだ会社を大きくしたつもりが、社員に裏切られてつぶしてしまった。それでも笑ってくれた父ーー。「ハガネの女」「カンナさーん!」などで知られ、ツイッターで「夜廻り猫」を発表してきた漫画家の深谷かほるさんが「父の言葉」を描きました。

信頼していた社員に裏切られ 精根尽き果て

 「泣く子はいねが~。むっ。涙の匂い…!」

 涙の匂いをかぎつける猫の遠藤平蔵は、きょうも夜廻り中、遠くを見つめる男性に声をかけます。

 「そこなおまいさん泣いておるな? 心で」

 男性は、ぽつぽつと語り始めます。

 昔、父の小さな工務店を継いだこと。バブルにのって上り調子だったとき、信頼していた社員に裏切られたこと。損害は億を超え、会社はつぶれてしまったこと。

 父に手を突いて謝ると、父は笑いながら「面白かったな」と言ってくれました。

 その思い出が、男性の心の中にずっと残っています。「心の中で ありがとうって言ったんだ」

 いま、海の向こうに着工しているマンション。男性は照れながら「うちが建ててんの」と言ってほほえむのでした。

つらくても失わない気力 無限の励まし与えられる人に

 誰しも、生きていれば浮き沈みはあり、自分の力では解決出来ない苦境もあるかもしれません。

 でも、作者の深谷かほるさんは「つらいときにも、気力を失わない人もいるんですよね」と話します。

 そんな「気力や救いが生まれる時」を、描きとめたいと漫画にしたそうです。

 「形はないものですが、無限の励ましを誰かに与えられることもあります。人が人に与えうるものは、無限に大きいんだなと感じます」

【マンガ「夜廻り猫」】
 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人や動物たちの匂いをキャッチし、話を聞くマンガ「夜廻(まわ)り猫」。
 泣いているひとたちは、病気を抱えていたり、離婚したばかりだったり、新しい家族にどう溶け込んでいいか分からなかったり、幸せを分けてあげられないと悩んでいたり…。
 そんな悩みに、遠藤たちはそっと寄り添います。
 遠藤とともに夜廻りするのは、片目の子猫「重郎」。姑獲鳥(こかくちょう)に襲われ、けがをしていたところを遠藤たちが助けました。
 ツイッター上では、「遠藤、自分のところにも来てほしい」といった声が寄せられ、人気が広がっています。

     ◇

深谷かほる(ふかや・かおる) 漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年10月から、ツイッター(@fukaya91)で漫画「夜廻り猫」を発表し始めた。単行本1~3巻(講談社)が発売中。第21回手塚治虫文化賞・短編賞を受けた。黒猫のマリとともに暮らす。

夜廻り猫が描く父の言葉
前へ
次へ
1/27
前へ
次へ

もっと見る


あわせて読みたい

鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
鳥山明さんに「漫画家になれますか?」「学校へ行けない僕」のその後
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
猫と警備員の攻防、まだ続いてた! 美術館の投稿に思わずほっこり…
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
掲載ミス? 違います! Hondaが送ったメッセージとは
PR
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
スマホ充電コード、これでスッキリ! 話題のガチャは新入社員が企画
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
人気が出たら生産中止! 「ドッキリ蛇口」が話題、大阪の会社に聞く
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
「触れるVR」×「SDGs」=「?」 高校生たちの意外な回答とは
PR
ママチャリ、なぜ定番に?
ママチャリ、なぜ定番に?
Q&A
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
多すぎて選べず…「ビジネス書」は教養重視に 具体的にこれ読んで!
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
「くつろぐソファ」の意味が違う! カメラマンの勘違いで撮れた傑作
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?イラストで解説!
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
日本の「帰国子女」、ステレオタイプ先行でモヤモヤする。
Q&A
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール
鼻に芋、長面…幕末の偉人も人だった!大名の「あだ名」実はシュール

人気

もっと見る