MENU CLOSE

話題

31797

ケンタッキーが「例のシロップ」をボトル販売中 デブ活まったなし?

KFCでビスケットを注文すると付いてくる「ハニーメイプル」。これがボトルになって販売され、話題になっています。

ボトルで販売中のハニーメイプル
ボトルで販売中のハニーメイプル 出典: 日本KFCホールディングス提供

目次

 ケンタッキーフライドチキン(KFC)で人気のサイドメニュー「ビスケット」。注文すると付いてくるのが、メープルシロップとはちみつを合わせた「ハニーメイプル」です。そんなシロップが「ボトルになって販売中」と話題になっています。ネット上では「待ってた」「デブ活まったなし」といった声が上がっています。販売に至った経緯を日本KFCホールディングスに聞きました。

ケンタッキーといえばカーネル・サンダース
ケンタッキーといえばカーネル・サンダース 出典: 日本KFCホールディングス提供

230ml入って税込み500円


 今月12日、ツイッターに「ケンタッキーが例のシロップだけ売り始めた」という文言とともに、店頭に設置された紹介用ポップの画像が投稿されると多くの人が反応しました。

 「待ってた」
 「デブ活まったなし」
 「シロップかけ放題じゃん」
 「こんなん麻薬やん」
 「マジかよ飲む」

 ボトルに230ml入って、価格は税込み500円。一部の店舗で販売しています。

230ml入って税込み500円
230ml入って税込み500円 出典: 日本KFCホールディングス提供

広報担当者に聞きました


 なぜシロップ単体で販売することになったのか? 日本KFCホールディングスの広報担当者に話を聞きました。

 ――ハニーメイプルを発売したきっかけや狙いを教えてください

 「2015年、2016年の元旦に発売した『福袋トート』に入っていた商品の一つで、お客様から『単品で販売してほしい』とのご要望を頂いたのをきっかけに、店舗限定で販売開始しました」

 ――人気だったんですね

 「ビスケットのソースとしてはもちろん、『ビスケットが食べ終わってもハニーメイプルだけ残ったら、全部最後まで食べてます!』とのお声もいただいていました。非常に人気の商品です」

 ――いつから単品で売り始めたんですか

 「2015年1月から、約50店舗で単品販売を開始しました。2016年6月末時点では、総店舗数1148店のうち約500店舗で、数量限定で販売しています」

2016年の元旦に発売した「福袋トート」。中にはボトル入りのハニーメイプルや、チキン引換券などが入っていた
2016年の元旦に発売した「福袋トート」。中にはボトル入りのハニーメイプルや、チキン引換券などが入っていた 出典: 日本KFCホールディングス提供

オススメの使い方は


 ――さらに販売店舗を増やす予定は

 「今後の拡大に関しては未定です」

 ――ハニーメイプルの特徴は?

 「メープルシロップとはちみつを合わせた、KFCオリジナルの商品です。通常はビスケットをお買い求めの際に、専用ソースとして1つ付いてくるものです。ビスケットとの食べ合わせはもちろん、ご自宅でもヨーグルトやトースト、アイスクリーム、グラノーラなどにかけてお召し上がりいただいても、美味しいです」

 ――お客さんからの反応は

 「『ボトルで買えるのは嬉しい』『好きなだけ使えて嬉しい』『常備したい』といったお声をいただいています」

 ――買ってみたいという人に向けてメッセージを

 「ビスケットに付いているハニーメイプルがボトルになって、好きな量を好きなメニューにお使いいただけます。アイスやパンケーキなどにも相性抜群です。ぜひ使ってみてください」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます