MENU CLOSE

グルメ

5850

3分→1分に時短! 「やきそば弁当」と北海道新幹線の関係を聞く

北海道で多くの支持を集めている「やきそば弁当」。北海道新幹線開業に合わせて「進化」していたことが、ネット上で話題になっています。

「やきそば弁当 エクスプレス」のパッケージ
「やきそば弁当 エクスプレス」のパッケージ

目次

 北海道で多くの支持を集めているカップ入り即席麺「やきそば弁当」。そんな人気商品が3月の北海道新幹線開業に合わせて「進化」していたことが、ネット上で話題になりました。従来品のお湯でもどす時間が3分なのに対し、1分に大幅短縮。商品名も「エクスプレス」となり、パッケージも北海道新幹線をイメージさせる仕上がりです。販売元である「マルちゃん」こと東洋水産に、商品の狙いを聞きました。

「やきそば弁当 エクスプレス」のパッケージ。1分でできることがアピールされている
「やきそば弁当 エクスプレス」のパッケージ。1分でできることがアピールされている

やきそば弁当とは


 カップ焼きそばといえば、関東では「ペヤング」、関西は「U.F.O.」、そして北海道では「やきそば弁当」の人気が高いとされています。

 やきそば弁当が発売されたのは1975年。もともとは本州向けでしたが、翌年に北海道向けに麺やソースを若干変更して中華スープを付けて販売したところ好評に。現在では北海道限定の商品として販売されています。

 最大の特徴は、この中華スープです。カップ焼きそばは、お湯で麺をもどした後に「湯切り」をする必要があります。この捨てるお湯を使ってスープをつくるという一石二鳥な仕組みです。

 ちなみに中華スープをつけた理由は「寒さの厳しい北海道で需要が落ちないように」との思いからだったそうです。

できあがった中華スープ
できあがった中華スープ

やっぱり新幹線を意識?


 そんなやきそば弁当の新商品が「やきそば弁当 エクスプレス」です。北海道新幹線の開業に先だって2月1日に発売。従来品のお湯で戻す時間が3分のところを1分に短縮。パッケージには北海道新幹線の車両をイメージさせる色や、列車のシルエットが描かれています。

 開業翌日、ツイッターにこの商品に関するつぶやきが投稿されると、「加速度的に高速化してゆく焼きそば弁当」「これ特急で食べないとすぐ伸びる?」などと話題になりました。

 やっぱり新幹線を意識した商品なのか? 販売元である東洋水産の広報担当者に話を聞きました。

「やきそば弁当 エクスプレス」のパッケージ。H5系をイメージさせるカラーリング
「やきそば弁当 エクスプレス」のパッケージ。H5系をイメージさせるカラーリング

東洋水産に聞きました


 ――1分にした狙いは

 「今年は北海道新幹線が開業する年であり、それをお祝いするような商品で北海道民のみなさんとこのイベントを盛り上げていきたいとの思いから、麺の戻し時間を新幹線の速さにかけ、1分戻しをコンセプトとする商品をつくりました」

 ――新幹線や北海道らしさを意識した点は

 「新幹線の速さとかけて戻し時間1分の麺を採用した点だけでなく、味付けでも函館をイメージし、イカの旨味を利かせた味わいに仕上げました」

 ――1分にするため技術的に工夫した点は

 「やきそば弁当と比較して細めの麺を採用するだけでなく、素材の配合、製造条件なども通常品とは異なります。それでも、食べたときに『やきそば弁当』らしさを感じるよう、工夫しました」

 ――発売から2カ月ほど経ちますが、お客さんからの反応は

 「インターネットなどでも『1分戻し』→『早い』→『エクスプレス(新幹線)』のイメージで話題になっています。お客さまからの反応もよく、計画を上回る売れ行きのため、製造を増やして対応しています」

 ――今後の展開は

 「これからも安心・安全は当然のことですが、北海道の皆様に楽しんでいただける商品をつくっていきたいと考えていますので、よろしくお願いします」

CLOSE

Q 取材リクエストする

取材にご協力頂ける場合はメールアドレスをご記入ください
編集部からご連絡させていただくことがございます